『ベスト・キッド』『サウスポー』ほか!格闘技を描いた人気映画おすすめ50選!

『ベスト・キッド』『サウスポー』ほか!格闘技を描いた人気映画おすすめ50選!

格闘技ってアクションシーンの中でもかっこよくて演者の技量が試されますよね。そんな格闘技を描いた映画を紹介します。


目次

カンフーアクションといえば『新少林寺/SHAOLIN』

2010,香港、中国,ブロードメディア・スタジオ、カルチュア・パブリッシャーズ
© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved

中華民国初期の時代。辛亥革命をきっかけに全土で覇権を巡る争いが絶えない中、少林寺の僧侶たちは数え切れない死骸から救助活動に奔走していた。しかし、そこに粗暴で傲慢な将軍・候杰(アンディ・ラウ)が軍人たちを引き連れ土足で踏み込んできた。逃亡した敵の大将を追って来た彼は、その大将を惨殺した挙句、少林寺を愚弄して去っていく。ところが、候杰は部下の曹蛮(ニコラス・ツェー)に裏切られ、愛する娘も失ってしまう。お尋ね者となってしまった彼は、命からがらかつて自分が無礼を働いた少林寺に逃げ込む。そこで料理係(ジャッキー・チェン)にかくまわれ出家を決意。悟りを開いた候杰は、戦火から平民たちを守ろうとするのだが…。
文句なしのカンフーアクションに加え主人公の成長を描いたヒューマンドラマとしての魅力もある骨太映画です。

タイ映画を堪能!『チョコレート・ファイター』

2008,タイ,東北新社
© 2008 sahamongkolfilm international all rights reserved. designed by pun international

日本人の父とタイ人の母との間に生まれた美少女・ゼン(“ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナン)。母に引き取られたゼンは、成長するにつれアクションのビデオを見ただけで、その技を習得できるという並はずれた能力を備えていることが分かり、密かに技を磨いていた。そんなある日、母が癌に侵されていることが発覚。ゼンは母を救うため、母から全てを奪ったマフィアとの抗争に挑む。だが、そこには生き別れになっていた父・マサシ(阿部寛)との再会が待っていた…。『マッハ!』、『トム・ヤム・クン!』で知られるプラッチャヤー・ピンゲーオ監督によるアクション・ムービー。
女性が主人公の作品ですがカンフーアクションのクオリティが高く、自閉症を見事に演じきっていてとても面白い作品となっています。

美しいだけじゃない!『エージェント・マロリー』

2011,アメリカ,ファントム・フィルム
© 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved

類い希な戦闘能力に美貌と知性を兼ね備えたマロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)は、スパイ業界にその名を轟かせる有能なエージェント。民間軍事企業のトップで元恋人でもあるケネス(ユアン・マクレガー)からの依頼を受け、新たなパートナーであるポール(マイケル・ファスベンダー)とダブリンに旅立つ。しかし、そこでマロリーは殺人の濡れ衣を着せられ、国際的な指名手配犯に仕立てられてしまう。誰が、何のためにマロリーを裏切ったのか。壮絶なる孤独な闘いの果てに、彼女を待ち受ける驚愕の真実とは――。
アクションシーンは演出を抑え、よりリアルに作られています。派手ではありませんが現実感を楽しむことができます。

ジャッキー・チェンxジェイディン・スミス感動の名作『ベスト・キッド』

2010,アメリカ,SPE
© 2009 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICKLY PROHIBITED.

11歳のドレ(ジェイデン・スミス)は母親の転職で北京に引っ越してきたが、言葉や文化の違いからいじめに遭う毎日。そこで、ドレは武術の達人・ハン師匠(ジャッキー・チェン)に出会い、2人は猛特訓を始める。いじめられっ子から、飛びぬけた精神力によって武術の達人へと心身ともに成長していく――。空手を通して少年の成長を描いた大ヒットシリーズ『ベスト・キッド』のリメイク。
師匠と弟子の関係が素晴らしくて、成長していく主人公をみていると自分も頑張りたくなります。

市原隼人主役で話題に!『ボックス!』

日本,東宝
© 2010 BOX! Production Committee

舞台は高校アマチュア・ボクシング部。怠け者だが天才的なボクシングセンスを持つ体育科の少年と、彼の強さに憧れボクシングを始める進学科の少年。彼らは、自らと互いの“真の才能”に向き合い、拳をぶつけ合い、青春のキラ星を輝かせる。かつては天才と憧れたトリックスターである親友を、持ち前の生真面目さで愚直な鍛錬を重ね追い越そうとしていくかつての弱気な優等生。そのとき二人の友情は? 彼らと活動を共にする優しき部員たちの反応は? 見守る大人たちの思惑は――? 百田尚樹による同名青春小説を原作に、市原隼人が天才ボクサーを熱演する。
勝利に向かって進むサクセスストーリーというよりも負けてこそ強くなれるというメッセージのこもった作品です。

中年男の孤独を描く『レスラー』

2008,アメリカ,日活
© Niko Tavernese for all Wrestler photos

人気レスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながら、かろうじてプロレスを続けていたが、ある日長年のステロイド使用が祟り、心臓発作を起こしてしまう。病院のベッドで目覚めたランディは、医者にリングに立つことを禁じられる。妻とは離婚し、一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも疎遠で、ひとりになってしまったランディ。せめて娘との関係だけは修復しようとするが、冷たくあしらわれ、さらに好意をもっていた顔なじみのストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)にも振られてしまう…。ミッキー・ローク扮する中年の悲哀漂うプロレスラーの人生の光と影を見事に描いた人間ドラマ。第65回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。
熱と希望を持っているどこか寂しい男を演じるミッキーロークが作品の雰囲気をより引き出しています。

ボクシングを通して学ぶ人間関係『ザ・ファイター』

2010,アメリカ,ギャガ
© 2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

1985年にデビューし、2003年に引退するまで数々の名勝負を残した、アイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)。ミッキーの片親違いの兄も元ボクサーだった。彼は、犯罪に手を染め刑務所に服役した後、弟のトレーナーとなり、2人は兄弟でチャンピオンを目指すこととなる――。マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイルの2大スターが競演、ボストン南部の街を舞台にした、ふたりのボクサーの栄光と挫折を描く感動の実話。
ボクシングがメインですが人間ドラマがしっかり描かれていて誰でも楽しめる作品だと思います。

マイケル・B・ジョーダン身体当たりの演技『クリード チャンプを継ぐ男』

2015,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画
© 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

元ヘビー級王者アポロ・クリードの愛人の息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)は、生まれる前に死んだ父を知らずに育つ。だが、その血に流れる戦いへの情熱は抑えられず、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)を探し出し、トレーナーを依頼する。一度は断るロッキーだが、親友アポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、アドニスをチャンピオンにすると決意。果たして絶対的不利なアドニスと、かつての英雄ロッキーは奇跡を起こすことができるのか!?
ロッキーシリーズのオマージュが随所に散りばめられていてファンには嬉しい作品となっています。。長回しのファイトシーンなど新しい試みもしていて面白いです。

デートにおすすめなボクシング映画『サウスポー』

2015,アメリカ,ポニーキャニオン
© 2015 Check Hook LLC. All Rights Reserved.

リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ。怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の怒りは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず全てを失ってしまう。愛する娘までも…。そんなビリーは、アマチュアボクサーたちのトレーナーを務めるティックのもと訪れる。彼に教えを請い、自らの「怒り」を封印し、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く。
妻が死ぬシーンでは悲しい気持ちになりますが、その後の主人公ビリーの子供のための頑張りがとても感動的で暖かいエンディングです。

最後の最強ボクサー『ロッキー・ザ・ファイナル』

© 2006 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries Inc., and Revolution Studios Distribution Company, LLC

ボクシング界を退いて十数年、最愛の妻・エイドリアン(タリア・シャイア)を亡くし、息子とも疎遠になったロッキー(シルヴェスター・スタローン)は、フィラデルフィアで小さなレストランを営み、常連客を相手に過去の栄光を語る孤独な日々を送る。そんなある日、テレビ番組で現在のチャンピオンであるメイソン・ディクソン(アントニオ・ターバー)とロッキーとのバーチャル試合が放映され大反響となり、ロッキーは再びリングに上がることになる。手強い対戦相手、不運、そして何より、年老いた自分自身と戦いながら、ロッキーは命を賭けて自らの限界に挑むことに…。

誰もが知る、ボクサーが16年ぶりにリングに帰還。決して若くはないヒーローの最後の雄姿に感動必至です。

関連する投稿


U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画を50作品ピックアップ!どれも名作・傑作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからない方は、こちらのおすすめ記事をまずチェックしてみてくださいね♪


ジャッキー・チェン出演映画おすすめ15選!体当たりの本格カンフーアクション!

ジャッキー・チェン出演映画おすすめ15選!体当たりの本格カンフーアクション!

『ラッシュアワー』などで知られるアクションスター、ジャッキー・チェン。今回はジャッキーが主演を務める2007年以降の映画の中からおすすめの14作品をご紹介します。体当たりの本格カンフーアクション満載の作品が続々と登場します!


映画名作ランキング☆ベスト100!おすすめの絶対に見たい邦画・洋画

映画名作ランキング☆ベスト100!おすすめの絶対に見たい邦画・洋画

映画をどうせ観るなら名作を観たい!映画の名作をランキング形式で、あらすじとともに100作品ご紹介いたします!感動必至の名作傑作のみ集めましたので、要チェックです!


ヴァンサン・カッセル出演映画6選!モテ男の魅力にハマる!

ヴァンサン・カッセル出演映画6選!モテ男の魅力にハマる!

フランス出身モテ男、ヴァンサン・カッセルをご存知ですか?ダンディかつ演技派である彼の出演映画は多岐に渡ります。ここでは『ブラック・スワン』『美女と野獣』などのメジャー映画から母国フランス、イタリア映画などの中からヴァンサン・カッセル出演作6作品をピックアップして紹介していきます。ぜひご覧ください!


ロボットアニメおすすめ人気の30作品を紹介!

ロボットアニメおすすめ人気の30作品を紹介!

ロボアニメの好き集まれ!かっこいいロボットアニメのおすすめ人気作品を30選紹介します。観ていてハラハラドキドキしてしまう展開に釘付けになること間違いなし!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。