『プレデターズ』『パシフィック・リム』架空の生物を描いた映画おすすめまとめ

『プレデターズ』『パシフィック・リム』架空の生物を描いた映画おすすめまとめ

架空の生物を描いた映画って独特の世界観があって面白いですよね。想像上のものなので映画によって考えた人の色が出るものです。そんか架空の生物を描いた映画を紹介します。


『トロール・ハンター』

2010,ノルウェー,ツイン
© 2010 Filmkameratene AS Alle rettigheter forbeholdes. All rights reserved.

北欧の国々で信じられている妖精・トロール。その存在がノルウェーのボルダ大学の学生3人によって明らかとなった。3人は熊の密猟事件を追う中で、政府公認の“トロール・ハンター”であるハンスという男と出会い、彼を尾行した先で見つけたのがトロールだった。学生の熱意が伝わり、ハンスはトロールに関する情報を話し始めた…。トロールの謎の生態系とは? そして政府の陰謀とは? 偶然にも撮影に成功した、世界を揺るがすトロールの記録映像!
本当にトロールがいるのではないかと思ってしまうほどフェイクドキュメンタリーとしての完成度が高く臨場感があります。

『パンズラビリンス』

2006,メキシコ,スペイン,アメリカ,キュービカル・エンタテインメント
©2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ

1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア(イバナ・バケロ)。母は冷酷な独裁主義の大尉と再婚する。恐ろしい義父から逃れたいと願う彼女は、屋敷の近くで謎めいた迷宮を見つけ出し、足を踏み入れると、迷宮の守護神“パン”(ダグ・ジョーンズ)が現れる。パンは「あなたが探し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いありません」と明かし、その真偽を確かめるため、オフェリアに3つの危険な試練を与える。オフェリアはなんの準備もないままに、その試練に立ち向かうことに…。
壮絶で作り込まれたお伽話のような作品です。残虐な戦闘シーンが続き絶望的な状況が印象的ですがその中に差し込む光には強く訴えかけてくるものがあります。

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』

2008,アメリカ,東宝東和
© 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

葉巻と猫とチョコバーをこよなく愛する皮肉屋のスーパー・ヒーロー、ヘルボーイ(ロン・パールマン)。想いを寄せていたリズとの新生活を始めた彼だったが、新たな危機が到来する。今回の敵は魔界の王子。ヘルボーイは伝説のトップ集団「ゴールデン・アーミー」を再起させて、地球をけがした人類に対して宣戦布告する! マイク・ミニョーラの人気コミックを映画化したヒーロー・アクション『ヘルボーイ』第二弾。ヘルボーイ役を前作に続き、ロン・パールマンが務めている。
神話の世界の生き物たちがキャラクターとして現代社会で暴れまわる映像が斬新かつ爽快で面白いです。

『パシフィック・リム』

2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画
© 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

2013年、太平洋の深海から突如として現れた未知なる生命体によって、世界中の都市が次々と破壊され、人類は滅亡の危機に晒される。甚台な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦うため、英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。“イェーガー”は次々と出現する巨大生命体の来襲にたちうちできるのか――?
色彩や演出など細かなところまで監督の強いこだわりがみられてとても完成度が高いです。

『ミスト』

2007,アメリカ,ブロードメディア・スタジオ
© 2007 The Weinstein Company

7月19日夜、メイン州西部の全域が未曽有の激しい雷雨に見舞われた。住民たちは嵐に脅えるが、その後に襲ってくる正体不明の“霧”こそが、真の恐怖だった。霧は街を覆い尽くし、人々を閉じ込めていく…。デヴィッド(トーマス・ジェーン)とビリー(ネイサン・ギャンブル)の父子は、買い物に来たスーパーマーケットで霧に遭遇する。外へ出ようとした人々は、次々に霧に襲われていき、店内に残され、閉じ込められた人々の間には、次第に恐怖が蔓延していき、極限状態へと陥っていく。絶望的な状況の中、デヴィッドとビリーは決死の脱出を図るが…。『グリーンマイル』のヒットメーカーコンビ、スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督が贈るミステリー大作。
ずっしりと重く絶望的なラストに胸が締め付けられるような作品です。

『GODZILLA-ゴジラ-』

2014,アメリカ,東宝
© 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC

全世界待望のハリウッドゴジラ。この作品は、日本が誇る世界で最も著名なキャラクター「ゴジラ」をハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される超大作である。1954年の「ゴジラ」誕生から60年。想像を絶するスケールのゴジラがハリウッドの手によって生まれ変わる。
日本製作の特撮ゴジラの特徴をしっかり踏まえたうえでハリウッドによって表現されたゴジラは大迫力で人間サイドもしっかり描かれており面白いです。

『エイリアン:コヴェナント』

2017,アメリカ,20世紀フォックス映画
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号。聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には…。“宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!
エイリアンならではのダークトーンは今作も健在でストーリーはお約束なところが多いですが演出などプロメテウスを彷彿とさせる点が多く面白い作品です。

『プレデターズ』

2010,アメリカ,FOX
© 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

ロイス(エイドリアン・ブロディ)は、ある地球外生命体によって惑星に集結した戦闘の精鋭チームを嫌々率いることになるが、実は彼ら自身がその地球外生命体の獲物だったことに気づく。一人の医師を除く、傭兵、囚人、暗殺団の一員など、まさに全員が“最強の人類”と言える戦闘のエリートであり冷血な殺人鬼たち。彼らが新種のプレデターたちと人類史上最凶の壮絶バトルを繰り広げる!
色々な戦術を画策するところや圧巻の戦闘シーンがみどころです。

『タイタンの戦い』

2009,アメリカ,ワーナー・ブラザース
© 2009 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC AND LEGENDARY PICTURES

神々が世界に君臨していた時代。熾烈な権力闘争の末、人間と王たち、そして王たちと神々が戦う事態に陥る。だが、その戦いが神と神の戦いになれば、世界は破滅しかねない。神々の王・ゼウスの息子として生まれながら人間として育ったペルセウスはひとり、冥界の王ハデスを倒し、世界滅亡の危機を救うために立ち上がる。忌々しい悪魔や恐ろしい獣との戦いが待つ禁断の世界が、その壮絶な幕を開ける――。
神話をモチーフにした本格的な物語です。キャラクターが個性的でバケモノとの戦いのシーンには迫力がありハリウッド映画らしい面白い作品です。

まとめ

『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

架空の生物を描いた映画を紹介しましたが、いかがでしょうか。人型のものや獣型のもの、大きいものや小さいものなど多種多様で映画によって違うので面白いです。気になった作品があればぜひ観てください。

関連する投稿


中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

週間ヤングマガジンで大人気連載中のコミック「賭博黙示録カイジ」が『動物世界』と名を変え、まさかの中国で実写映画化!NETFLIXで配信を開始しました。過去には藤原竜也が主演で『カイジ 人生逆転ゲーム』として実写映画化された事もある本作。今回はそんな『動物世界』のあらすじ、キャスト、魅力を余すことなく紹介いたします!


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

2013年に公開されたSF映画『パシフィック・リム』は、日本を愛する日本オタクとしても知られるギレルモ・デル・トロが監督を務めた作品であり、芦田愛菜のハリウッドデビュー作品です。今回は日本のエッセンスが感じられる『パシフィック・リム』について紹介します!


『プレデターズ』が金曜ロードショーで9/21に放送!全作のおさらいと公開中のシリーズ最新作『ザ・プレデター』を紹介

『プレデターズ』が金曜ロードショーで9/21に放送!全作のおさらいと公開中のシリーズ最新作『ザ・プレデター』を紹介

最新作『ザ・プレデター』が公開中の「プレデター」シリーズ。その3作目『プレデターズ』は、狩り場に獲物を放って狩りをするプレデターたちと、殺人をいとわない「最強の人類」戦闘のエリートたちの戦いが描かれています。新しいスペックをもつプレデターたちと激闘を繰り広げる、サバイバルアクション映画です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。