西島秀俊出演映画おすすめ10選!40代になってもイケメン♡

西島秀俊出演映画おすすめ10選!40代になってもイケメン♡

イケメン俳優西島秀俊。『Dolls』『劇場版 MOZU』『サヨナライツカ』など、落ち着いた雰囲気としなやかなたたずまいが魅力の西島秀俊が出演している作品10選をご紹介します。


40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2129

経験と実力を兼ね備えた40代イケメン俳優たち。主役だけでなく脇役もこなせる彼らは、映画やドラマに引っ張りだこですよね。今回はそんな40代イケメン俳優の中から、とびきり渋くてかっこいい20人をご紹介!代表作や私生活の情報も合わせてお伝えしていきます。お気に入りのイケメン俳優は入っているのか?ぜひチェックしてみて!

西島秀俊の出演映画1『Dolls』

北野武監督作品。親の説得を受け、お金のために恋人を捨てた男(西島秀俊)。男に捨てられ絶望し、正気を失った女。二度と離れないようにお互いをロープで結び、巡る季節の中、どこまでも歩いていく2人...。

西島秀俊の出演映画2『真木栗ノ穴』

© 2007 株式会社ネオ/株式会社ライツマネジメント

鎌倉にある築40年の安アパートで暮らす、しがない作家・真木栗勉(西島秀俊)。官能小説を依頼されるも、案が浮かばずに悩む彼でしたが、ある日、部屋の壁に隣室を覗き見ることができる小さな穴を発見。西の部屋には若い男が住み、東の部屋は空き部屋でしたが、若い女が引越して来るのを期待。その妄想を小説に書き始める真木栗。そして期待通りに女が越して来た時、真木栗は毎日のように穴を覗き…。知的なイメージのある彼には小説家の役がよく似合いますね!

西島秀俊の出演映画3『東南角部屋二階の女』

© 2008 Transformer, Inc.

亡くなった父親の借金を返済するため、古アパートが建つ祖父の土地を売ろうとした野上(西島秀俊)。理不尽な仕事から逃れるため、会社を辞めてしまった後輩・三崎。フリーの仕事もままならず、結婚でその不安を解消しようとする野上の結婚相手・涼子。嫌なことから逃げて生きてきたあの頃…。取り壊しが決まったアパートを舞台に、2世代の男女が交流し、互いに影響をもたらしていく物語。西島秀俊の、困ったような微妙な笑顔がなんともいえず印象的です。

西島秀俊の出演映画4『サヨナライツカ』

© 2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.

航空会社に勤務するエリートビジネスマンの豊(西島秀俊)は結婚を間近に控え、赴任先のバンコクで多忙な日々を過ごしていたある日、自由奔放で情熱的な謎の美女・沓子と出会います。たちまち惹かれ合い、熱帯の夜に溺れていく二人。しかし、互いをむさぼるように求めあい、体を重ねながらも、決して口にできない「愛してる」の一言...。そして、別れの時が刻一刻と近づいて――。ただのサラリーマンではなく、「航空会社に勤務するエリートビジネスマン」というところが、まさに西島秀俊、といった感じですね。

西島秀俊の出演映画5『CUT』

© CUT LLC 2011

秀二(西島秀俊)は映画監督として3本の作品を撮ったものの、商業映画ではないため恵まれない日々を過ごしていました。ある日、金銭面で彼を援助してくれていた兄が、やくざへの借金を巡るトラブルで死んでしまい、秀二が借金を背負うことに。兄の死への責任を感じ、彼は殴られ屋をすることで金を返そうとしますが...。今までの役どころとは少し違い、かなり強烈な個性を持ったキャラクターを西島秀俊が熱演します。

西島秀俊の出演映画6『セイジ-陸の魚-』

© 2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd

いまから20年前、大学最後の夏休みに自転車で一人旅をしていた“僕”は、いまはもう寂れてしまった国道沿いにある一軒のドライブイン「HOUSE475」で、不器用ながら純粋に生きる男・セイジ(西島秀俊)に出会いました。「生きるって何だ」、「人生っていったい何だ」。そんなことを考えながらも気の置けない仲間たちと楽しく過ごしていたある日、町で凄惨な事件が起き...。西島秀俊演じる謎の男セイジが、森川未来演じる主人公にいくつもの大切なことを教えます。

西島秀俊の出演映画7『ハーメルン』

西島秀俊主演『ハーメルン』 -(C) ハーメルン製作委員会

福島県の昭和村にある廃校の元校長は、取り壊しが決定した校舎への愛着から、修繕を続ける日々を送っていました。ある日、遺跡出土品の調査のため学校を訪れる卒業生の野田。彼は、学校に苦い思いを抱えていましたが、校長や恩師の娘リツコらとの出会いを通じて、心がほぐされていき...。西島秀俊は学芸員として博物館で働く主人公の野田を演じました。

西島秀俊の出演映画8『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』

他人の記憶を“上書き”され、5日後に全ての記憶が消えるという不可解な状況に陥った天才科学者(西島秀俊)が事件の謎を解き明かすべく奔走する姿を描き出すミステリー映画。西島秀俊はアクションについて、「以前からずっとアクションをやりたかったのですが、なかなか機会がなく、ここ数年、海外の作品で身体的な表現が前面に出ている役をやらせて頂いて、今後、日本映画でもアクションをやってみたいと思っています」と語っており、本作でかなりの手応えを感じた様子。本人も自信を持っている大迫力のアクションシーンにご注目ください!

西島秀俊の出演映画9『劇場版 MOZU』

© 2015劇場版「MOZU」製作委員会 © 逢坂剛/集英社

妻子の死の謎を追う公安警察官 倉木(西島秀俊)は、仲間とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒しました。しかしそれは、謀略の氷山の一角に過ぎず...。あれから半年、灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵=ダルマとの死闘がついに幕を開け――。執念のみに駆られて動き続ける西島秀俊の姿は、もしかしたら悪役よりも恐ろしいかも知れません。

西島秀俊の出演映画10『クリーピー 偽りの隣人』

© 2016「クリーピー」製作委員会

関連する投稿


『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』は、TBSとWOWOWによって共同制作されたドラマ「MOZU」シリーズの劇場版作品です。原作は逢坂剛さんの小説作品であり、映画化にあたりメガホンを取ったのは羽住英一郎監督。主演は西島秀俊さんが務めています。今回は『劇場版 MOZU』について紹介します!


『人魚の眠る家』あらすじ・キャスト&東野圭吾情報 [ネタバレあり]

『人魚の眠る家』あらすじ・キャスト&東野圭吾情報 [ネタバレあり]

「娘を殺したのは、私でしょうか。」という衝撃のキャッチコピーで話題となった『人魚の眠る家』。人気作家・東野圭吾さんのベストセラー小説を原作にした作品です。今月公開の『マスカレード・ホテル』といい東野圭吾ミステリーはとにかく大人気ですね!今回はそんな東野ミステリーの一つである『人魚の眠る家』のあらすじやキャスト、東野圭吾情報などをお伝えしていきます。


石田ゆり子出演映画おすすめ6選!2019年公開の新作情報も!

石田ゆり子出演映画おすすめ6選!2019年公開の新作情報も!

1988年にドラマ「海の群星」に出演し女優としてデビューした石田ゆり子。以降、数々の映画やドラマに出演し、40代女性を中心に幅広い層に支持されてきました。そんな彼女の出演作の中からおすすめ6本をご紹介します。最後に2019年公開の最新作情報もお届けします。


北野武が俳優として出演している映画9選!『戦メリ』『ゴースト・イン・ザ・シェル』

北野武が俳優として出演している映画9選!『戦メリ』『ゴースト・イン・ザ・シェル』

いまや映画監督キタノとして世界中に名をはせている北野武。彼が監督ではなく、俳優としてその存在感を発揮している出演作をご紹介します。


『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト【二宮和也主演】

『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト【二宮和也主演】

伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一の小説デビュー作『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が「嵐」の二宮和也さん主演で実写映画化されることになりました!本作のあらすじとキャストをご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。