ジェームズ・マカヴォイらが続投!シリーズ最新作『X-MEN: Dark Phoenix』のキャスト&監督情報

ジェームズ・マカヴォイらが続投!シリーズ最新作『X-MEN: Dark Phoenix』のキャスト&監督情報

2018年に公開が予定されているX-MENシリーズの最新作『X-MEN: Dark Phoenix』。気になるキャストは前作からの続投がほとんど。『X-MEN アポカリプス』で契約が終了したと言われていたジェニファー・ローレンス、ジェームズ・マカヴォイらも出演します。そんなキャストを一挙紹介します。


『X-MEN: Dark Phoenix』が2018年11月に公開予定

『X-MEN:アポカリプス』本ポスター (C)2016 MARVEL & Subs. (C) 2016 Twentieth Century Fox

マーベル・コミックの人気シリーズ『X-MEN』の最新作『X-MEN: Dark Phoenix』が、2018年11月2日に全米公開される予定です。今作は、前作『X-MEN アポカリプス』の続編となり、コミックの「ダーク・フェニックス・サーガ」をベースにした内容とみられています。

今作はジーン・グレイに焦点を当てた物語

ソフィー・ターナー-(C)Getty Images

気になる今作の内容は、サイクロップスことスコット・サマーズとフェニックスことジーン・グレイを中心とした物語になりそうです。ベースとなる「ダーク・フェニックス・サーガ」のダーク・フェニックスは、ジーンの別人格のことを指します。ストーリーの詳細はまだ明かされていませんが、コミック通りならタイトルにもあるダーク・フェニックスのことやサイクロップスとの悲恋などジーンのことを深く掘り下げた内容になるのではないでしょうか。

おなじみのキャラが再集結

ジェニファー・ローレンス

ジェニファー・ローレンス(ミスティーク)/『X-MEN:フューチャー&パスト』 -(C)2014 Twentieth Century Fox.

サイクロップスとジーンが物語の中心となりますが、おなじみのキャラクターももちろん登場します。全身青い肌に変身能力を持つ、主要キャラの一人であるミスティークは、『X-MEN ファースト・ジェネレーション』から彼女を演じるジェニファー・ローレンスが続投します。

マイケル・ファスベンダー

マイケル・ファスベンダー-(C)Getty Images

ヘルメットが特徴的で磁力を操るマグニートー役のマイケル・ファスベンダー。前作で、プロフェッサーXと友という関係で分かれた彼が、今作ではどのように登場するのでしょうか。

ジェームズ・マカヴォイ

ジェームズ・マカヴォイ-(C) Getty Images

『X-MEN ファースト・ジェネレーション』から、ミュータント学園の創始者プロフェッサーXを演じるジェームズ・マカヴォイ。前作で髪の毛を失った理由が明かされましたが、今作ではまた何か謎が明かされるのでしょうか。

ニコラス・ホルト

ニコラス・ホルト-(C) Getty Images

全身を青い毛に覆われた野獣で、天才科学者のビーストを演じるニコラス・ホルトも続投します。ジーンが中心のストーリーにおなじみのメンバーがどのように絡んでくるのか、今から楽しみです。また、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイは契約終了と言われていただけに、ファンにとっては再びスクリーンで彼らの姿が見られるのは嬉しいのではないでしょうか。

若手俳優たちも続投

ソフィー・ターナー

ソフィー・ターナー -(C) Getty Images

『アポカリプス』で出演となった若手俳優たちも、そのまま続投が決まっています。主役のジーン・グレイを演じるのは、もちろん前作でも演じたソフィー・ターナー。別人格であるダーク・フェニックスをどう表現するのかも注目です。

タイ・シェリダン

タイ・シェリダン -(C) Getty Images

ジーンに次いで注目すべきキャラのサイクロップスを演じるのは、タイ・シェリダン。ジーンの相手役ということで、ソフィーとの共演シーンが多くなるはず。『アポカリプス』以来のタッグとなります。

アレクサンドラ・シップ

アレクサンドラ・シップ -(C) Getty Images

『アポカリプス』でストームを演じた、アレクサンドラ・シップ。前作ではヴィラン側として登場しましたが、今作ではどのような立ち回りを見せてくれるのでしょうか。

ジェシカ・チャスティンが悪役で出演?

ジェシカ・チャステイン-(C)Getty Images

今作の悪役であるリランドラ役にアカデミー賞にノミネート経験のあるジェシカ・チャスティンをキャスティングしているとの情報があります。現在、出演に向けて交渉中だとか。リランドラはシャイアと呼ばれるエイリアンの帝国を率いる人物です。実は、リランドラ役としてアンジェリーナ・ジョリーも候補に挙がっていました。

監督がサイモン・キンバーグに交代

ヒュー・ジャックマン&ピーター・ディンクレイジ/『X-MEN:フューチャー&パスト』 -(C)2014 Twentieth Century Fox.

今作の監督を務めるのは、長年同シリーズの脚本を手掛けてきたサイモン・キンバーグ。前作まで監督を務めていたブライアン・シンガーとは交代する形になります。監督を務めるのは初めてとなるサイモンですが、脚本を務めていた人物が自らメガホンを取る形になるので、より迫力のある映像になりそうですね。

今から公開が待ち遠しい!

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

日本での公開はまだ先になりますが、今からどんな作品になるのか待ち遠しいですね。ちなみに、2018年は『X-MEN ダーク・フェニックス』の他に、『ニュー・ミュータンツ』と『デッドプール2』の同シリーズ2作品が先に公開されます。X-MENファンとしてはこちらも見逃せません。

関連する投稿


『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンスがセクシーな女スパイに!

『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンスがセクシーな女スパイに!

全世界で空前のメガヒットを記録した人気シリーズ『ハンガー・ゲーム』のフランシス・ローレンス監督による、新作『レッド・スパロー』が2018年3月30日(金)に公開決定!オスカー女優のジェニファー・ローレンスが、ロシア政府の女スパイ「スパロー」になり極秘捜査をするスパイ作品です。予測不能なアクションを要チェック!


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


【今週末公開の映画】10/20~『ミックス。』『斉木楠雄のΨ難』など

【今週末公開の映画】10/20~『ミックス。』『斉木楠雄のΨ難』など

新垣結衣×瑛太W主演で贈る『ミックス。』や人気ギャグコメディの実写映画化『斉木楠雄のΨ難』など、公開前から話題になっている作品が続々公開されます!10月20日から公開となる作品をご紹介します。


彼女の死を胸に『デッドプール2』撮影中に事故死

彼女の死を胸に『デッドプール2』撮影中に事故死

マーベルの人気作品『デッドプール』の続編作撮影中に、スタントウーマン事故死...。突然の訃報にライアン・レイノルズが追悼を発表しました。


「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン1みどころ

「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン1みどころ

アメリカドラマ界で大ヒットを記録し、社会現象にまでなっている「ゲーム・オブ・スローンズ」一つの季節が不規則に数年間も続く大陸ウェスタロスと、海を隔てた東の大陸エッソスが主な舞台となっています。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。