6月24日公開『ありがとう、トニ・エルドマン』親子の愛を描いた感動作

6月24日公開『ありがとう、トニ・エルドマン』親子の愛を描いた感動作

今話題の一風変わった父子の愛情を描いた『ありがとう、トニ・エルドマン』がついに6月24日に公開されます。公開前にあらすじや魅力についておさらいしておきましょう。


全世界を魅了した『ありがとう、トニ・エルドマン』

『ありがとう、トニ・エルドマン』本ビジュアル (C)Komplizen Film

全世界で40以上を超える賞を受賞し、多くの映画誌で「2016年映画ベスト1」に選ばれた『ありがとう、トニ・エルドマン』。

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

ワールドプレミアとなったカンヌでは、本作の話題で持ちきりに。

「スクリーン・インターナショナル」の星取りでは歴代最高得点3.7(4.0満点)を獲得し、主要賞は逃したものの国際批評家連盟賞を受賞、「観客と批評家にとってのパルムドール」ともいわれました。

『ありがとう、トニ・エルドマン』あらすじ

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘・イネスとあまり上手くいっていません。
たまに会っても、仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない...そんな娘を心配したヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くブカレストを訪れることにします。

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

父の突然の訪問に驚くイネスですが、ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰っていきました。
ホッとしたのも束の間、今度は彼女のもとに、“トニ・エルドマン”という別人になった父が現れて...。

ハリウッド版リメイクが既に決定

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

アメリカ公開の際に本作を観てすっかり惚れ込んだジャック・ニコルソンが、ハリウッド・リメイクを熱望。

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

引退表明を撤回し、リメイク版で自ら父親役を演じると表明しました。
アカデミー賞の常連である大物俳優の心をも鷲づかみにした名作ということですね。

期待の女性監督が手掛ける感動作

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

自身の父親から発想を得て、脚本の執筆から、撮影、編集まで6年を費やして本作をつくり上げた監督、マーレン・アデは期待の女性監督です。

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

プライベートでは息子を持つ母であり、子どもの成長を見守る親の目線を、劇中の父・ヴィンフリートに投影させています。

リアルな親子の目を持った監督ならではの感性が光ります。

冷めきった父と娘の関係を修復したい方へ

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

互いに思い合っているにも関わらず、いまひとつ噛み合わない父と娘の普遍的な関係を、温かさと冷静な視点をあわせ持った絶妙なユーモアで描いた本作。

『ありがとう、トニ・エルドマン』 (C)Komplizen Film

ぜひ冷め切った親子関係を見つめる契機として、全世界を魅了した感動作を体感してください。

『ありがとう、トニ・エルドマン』は6月24日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

関連する投稿


エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

ミステリアスな演技派美人女優エヴァ・グリーン。『007 カジノ・ロワイヤル』での彼女の"挑戦的な女" と "弱い少女"の2面性でギャップ萌えしたファンも多いのではないでしょうか?ここでは、そんな魅惑的なボンドガールを演じた彼女のこれまでの出演映画を辿りながらその魅力に迫ります。是非ご覧くださいね。


ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

クリストファー・ノーラン監督作品2008年の『ダークナイト』で、バットマンの永遠の敵であるジョーカーを演じたヒース・レジャー。ジョーカー役を演じる俳優の中でも一際支持を得ている彼と、その衝撃の死因についてまとめました。


ドイツ映画おすすめ11選!2018年公開の最新映画も!

ドイツ映画おすすめ11選!2018年公開の最新映画も!

ドイツ映画はハリウッドのような華やかさは無く煌びやかな大スター達に溢れているわけでもありません。他国に比べても、地味で位テーマを扱っている印象があります。もちろん戦争映画・歴史映画・社会派ドラマという定番作品は沢山ありますが、最近のドイツ映画界ではコメディー・ラブストーリー・ドラマ・SFファンタジー...と、バラエティーに富んだジャンルが揃い、お国柄の真面目さもあって非常に良質な作品が製作され続けています。大きな宣伝や来日イベントも少ないので公開しても目立った話題にはなっていませんが、日本人の気質や感性には共通する雰囲気があるので観だしたら病みつきになってしまう魅力が満載です。そんなドイツ映画を11作品かを紹介していきます!


ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

豪勢な暮らしぶりや優雅で上品な立ち振る舞いが羨望の的となる豊かな財力をもつ人たち。今回はそんな、いわゆるお金持ちを描いた映画を紹介します。


2017年11月公開『IT』リメイク版と歴代スティーブン・キング作品!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

2017年11月公開『IT』リメイク版と歴代スティーブン・キング作品!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

1990年代にミニシリーズ化され、その恐ろしさに全米中を震え上がらせたスティーブン・キング原作の『IT』が、リメイク版として蘇ります。11月に公開を控えた『IT』のほか、スティーブン・キング原作の映画作品をご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。