アカデミー外国語映画賞受賞!『セールスマン』のあらすじ&キャストを紹介!

アカデミー外国語映画賞受賞!『セールスマン』のあらすじ&キャストを紹介!

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した『セールスマン』。監督と主演女優が授賞式をボイコットしたことでも知られる本作のあらすじとキャストをご紹介します。


アカデミー外国語映画賞を受賞!『セールスマン』ってどんな映画?

『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION?ASGHAR FARHADI PRODUCTION?ARTE FRANCE CINEMA 2016

第69回カンヌ国際映画祭にて脚本賞&主演男優賞をW受賞し、本年度アカデミー賞では外国語映画賞に輝いた『セールスマン』。

アスガー・ファルハディ監督/『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

イラン国内では60万人を動員する大ヒットとなり、全米でも1月27日にたった3館で限定公開されましたが、その週公開の作品でアベレージ1位となるヒットスタートを記録。緻密な脚本と繊細な演出、スリリングな心理描写で事件の真相を紡いでいく、サスペンスドラマの傑作として熱い視線を送られています。

『セールスマン』のあらすじ

『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さな劇団で妻とともに俳優をしていました。

『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に何者かに襲われ、暴行を受ける妻。事件を表沙汰にしたくないと、警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべく、ひそかに犯人捜しを続けます。

『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて事態は思わぬ展開に…。

監督と主演女優が授賞式をボイコット!

ドナルド・トランプ-(C)Getty Images

第69回カンヌ国際映画祭にて脚本賞&主演男優賞をW受賞し、本年度アカデミー賞では外国語映画賞に輝いた本作。しかし、ファルハディ監督と主演女優のタラネ・アリドゥスティは、トランプ政権の入国禁止措置に抗議し、授賞式へのボイコットを表明、連日大きくニュース報道もされました。その渦中にあって国境や信教を超えて作品が高く評価され、見事、外国語映画賞を受賞。

監督はイランの名匠、アスガー・ファルハディ!

アスガー・ファルハディ監督&タラネ・アリドゥスティ/『セールスマン』 (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

ファルハディ監督は、本作について「ひとつの映画で、7,000万人のそれぞれの信仰や生活がある多様な社会全体を描くことは、誰もできないことだと認識しています。しかし、ひとつの映画で、ひとつの社会の風景を描くことはできます。それが、たとえ、私の視点であったとしてもです。しかし、映画監督として、自分の才能を限定しない限りは、イランに開かれた窓を提供する機会を与えられていると思っています」と、映画制作に込めた思いを口にしました。

また、暴漢に襲われる妻・ラナ役を演じたタラネ・アリドゥスティについて、「この映画の概要を書いているときから、この夫婦役を誰が演じるか考えていました。それが、映画の世界に入っていくのに大変役に立つのです。撮影中、私はとても安心した状態でいられました。なぜなら、みんなが役柄のテイストを理解していたからです」とコメント。

主演女優が語る、アカデミー授賞式ボイコットの真意!

主演するイラン人女優のタラネ・アリドゥスティはボイコット騒動について「出演作がアカデミー賞を受賞するなんて、これほど光栄なことはない。ですから、本当は授賞式に参加したかったという気持ちもありますね。ただ、今回の一件で、世界中の映画人が(トランプ政権への)抗議の声をあげてくださったおかげで、特定の国に対する不公平な状況に、国際的な注目が集まったことは喜ばしいことだと思っています。そう考えると、やはり授賞式をボイコットしたことに意義があったと確信しています」と語ります。

さらに「確かにモヤモヤした気持ちが残るかもしれないですね。ただ、その分、見終わった後にさまざまな意見が交わされることが重要ですし、それを可能にするのが映画の力だと信じています。イランで女優をしている私が、こうして初めて日本の地を踏み、映画についてお話したり、ファンの皆さんと対面できる。そんな国境を超えた文化的交流が、政治の力によって、妨害されることは絶対にあってはいけないのです」と述懐。

『セールスマン』は国内で絶賛公開中!

本年度第89回アカデミー賞にて外国語映画賞を獲得したイランの名匠アスガー・ファルハディ監督作品『セールスマン』は、現在絶賛公開中です!

関連する投稿


『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

スピルバーグ監督による『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が2018年3月30日に日本公開されることが発表されました。スピルバーグ監督曰く、アメリカにとって今一番必要なものを描いたとのこと。俳優陣も豪華で今から楽しみな作品です。本年度のアカデミー賞有力候補とも目される作品だけに注目ですね。


伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

今年もアカデミー賞の時期が近付いてまいりました。映画ファンにとってはなんだかんだで気になりますね。今回はスピルバーグやキャスリン・ビグロー監督の作品が有力視されていましたが、意外な伏兵が賞レースの有力視されています。気になある存在『スリー・ビルボード』について紹介します!


『セールスマン』あらすじとキャスト

『セールスマン』あらすじとキャスト

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した、イランの名匠・アスガ―・ファルハディ監督作品『セールスマン』のあらすじとキャストをご紹介します。


知性のある美魔女!ジェシカ・チャステインの魅力

知性のある美魔女!ジェシカ・チャステインの魅力

40歳とは思えない美しさと、経験を積み重ねた気品が漂うジェシカ・チャステインの魅力とプロフィール、プライベートなどを紹介します。


『LION/ライオン ~25年目のただいま~』感動作のキャストとみどころ!

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』感動作のキャストとみどころ!

前評判の高さどおり、公開直後から高い評価を得ている感動の実話。 アカデミー賞、ゴールデングローブ賞だけでなく世界の映画賞でノミネートされ、世界中で議論を呼んでいます。 の見どころと主要キャストについてまとめてみました。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。