シャーリーズ・セロンまとめ!変わらない美しさに引き寄せられる!

シャーリーズ・セロンまとめ!変わらない美しさに引き寄せられる!

オスカー女優のシャーリーズ・セロン。40歳超えとは思えない美しさで世界を魅了をし続ける彼女の魅力に迫ります。


シャーリーズ・セロンとは?

シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images

1975年8月7日、南アフリカのハウティン州で生を受けたシャーリーズ・セロン。
フランス人の父親とドイツ人の母親の血を受け継ぎ、容姿端麗な少女に育ちます。
彼女が15歳の時、家庭内暴力を振るっていた父親を、母親が射殺するというショッキングな出来事を経験。
元々バレエダンサーを目指していた彼女は、母と共にニューヨークに移住しますが、足の怪我でダンサーの夢を諦めます。
その後ロサンゼルスに移住しますが、お金が無い暮らしを送っていたとか。
手元にあった小切手を現金化しようとしたところ、期限切れの為銀行員にあしらわれてしまいます。
口論になっているところに現在のマネージャーがスカウトし、女優になることを決意。

華麗なる映画出演経歴

シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images

1997年に映画『トゥー・デイズ』でデビューします。
スクリーンデビューから現在まで毎年何かしらの映画に出演し続けている彼女は、その美貌はもちろん、多彩な演技力が高く評価されています。

今年のオスカー授賞式でのキアヌ・リーヴスとシャーリーズ・セロン -Michael Yada/Matt Petit (C) A.M.P.A.S.

その後、キアヌ・リーヴス主演の『ディアボロス』で悪魔に冒される若く美しい妻を演じヒット。
キアヌとは2001年に『スウィート・ノベンバー』で恋人役で再度共演を果たします。
ユアン・マクレガーの妻を演じた『ノイズ』や、ダコタ・ファニングの母親で主演の『コール』など、彼女の出演している映画作品はいい成績を残していきます。

『モンスター』でアカデミー賞主演女優賞を受賞

シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images

2003年に公開された映画『モンスター』では実在した連続殺人犯を演じました。
役作りの為、毎日ドーナツを食べてダラダラと過ごし14kgもの増量をし、更に眉毛を全て抜き人相もガラッと変え撮影に挑戦。
美しい彼女の変わり様に飼い犬も逃げ出したそうです…。
しかしそんな役作りの甲斐あり、素晴らしい演技を披露した彼女はアカデミー主演女優賞を受賞。
一躍オスカー女優となります。

『スタンド・アップ』で力強い女性を演じ絶賛

『ハンコック』 シャーリーズ・セロン photo:Yoshio Kumagai

2005年に公開した『スタンド・アップ』では、鉱山という男性社会を必死に生き抜く女性を迫真の演技で熱演。
その演技の完成度の高さから、同作でもアカデミー主演女優賞にノミネートされます。
短いスパンで主演女優賞とは彼女の演技力とプロ精神の高さがよく分かりますね。

年に2回のノミネート!?

『あの日、欲望の大地で』 -(C) 2008 2929 Productions LLC, All rights reserved.

2008年には、ウィル・スミスと共演した映画『ハンコック』でサターン賞助演女優賞にノミネート。
また、若き日をジェニファー・ローレンスが演じた『あの日、欲望の大地で』でサターン賞主演女優賞にノミネートと、1年間に2度、名誉ある賞より評価を受けるという偉業を成し遂げました。

イタイ女もお手の物

『ヤング≒アダルト』 -(C) 2011 Paramount Pictures and Mercury Productions, LLC. All Rights Reserved.

2011年に公開された映画『ヤング≒アダルト』では、中年のイタイ女性を演じ、共感を得ることに大成功!
更には同作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるほか、数々の受賞候補に輝きます。
どんな役でも、プラスの評価に転向させると、さすがですね。

その後も快進撃は止まらず…

『スノーホワイト/氷の王国』(C)Universal Pictures

2012年には映画『スノーホワイト』で邪悪な女王、ラヴェンナを演じサターン賞助演女優賞にノミネートされます。
同年映画『プロメテウス』にも出演し高い評価を受ける彼女。
もう大女優というほか無い存在になります。

『ワイスピ』最新作にも出演!

『ワイルド・スピード ICE BREAK』 (C)Universal Pictures

日本でも大人気の映画『ワイルド・スピード』シリーズの最新作、『ワイルド・スピードICE BREAK』にも出演。
シャーリーズ、かっこよすぎます!

最新作公開の度、全世界で大ヒットを続けている同作。
アクションも楽しみながら、シャーリーズの美しさにも魅了されてしまいます。

ロマンスの噂も絶えないシャーリーズ

ショーン・ペン&シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images

これまで共演者とのロマンスがあったり、婚約したりとロマンスの噂も絶えない彼女ですが、記憶に新しのはショーン・ペンとの交際。
2013年から交際し、婚約にまで至りますが2015年に破局。
養子を二人迎え入れている彼女は、今後結婚はしないのか?と囁かれていますが、果たして新たなロマンスはどうなのか気になるところです。

今後の活躍にも期待が高まる!

歳を重ねるごとにその魅力も増している彼女。
大人の女性の妖艶さを持ちながら、少女の様な可憐さも持ち合わせる彼女は、今後のハリウッド界を代表する女優といっても過言では無いでしょう。
今後も奥の深い演技と、気になる私生活にも注目です。

関連する投稿


【今週末公開の映画】12/15〜『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など

【今週末公開の映画】12/15〜『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など

12/15、16に公開される映画を紹介します。感動の実話ラブストーリーからドキュメンタリー、そして全世界待望の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作まで!気になる作品をチェックしましょう!


DCヒーロー夢の共演!『ジャスティス・リーグ』あらすじ&みどころまとめ!DCシリーズのおさらいもこれを読めばバッチリ!

DCヒーロー夢の共演!『ジャスティス・リーグ』あらすじ&みどころまとめ!DCシリーズのおさらいもこれを読めばバッチリ!

2017年11月23日(木)公開の『ジャスティス・リーグ』のあらすじ&みどころに加え、これまでのDC作品のおさらいからキャスト情報までをぎっしり詰めました。バッチリ予習すれば、楽しさ倍増間違いなし!


ザ・ロック大暴れ!ついに日本上陸の最強バディアクション『セントラル・インテリジェンス』【ネタバレ注意】

ザ・ロック大暴れ!ついに日本上陸の最強バディアクション『セントラル・インテリジェンス』【ネタバレ注意】

今年も数多くの話題作に出演した最高にHOTな俳優”ロック様”ことドウェイン・ジョンソンと、「世界で最も稼いだコメディアン」2016年No.1のケヴィン・ハートによる、史上最強の凸凹バディアクション『セントラル・インテリジェンス』。キャスト・あらすじ・見どころを予習して、最高にゴキゲンな今作を120%楽しもう!


”ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンの出演作品まとめ!

”ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンの出演作品まとめ!

プロレスラーとしてだけでなく、俳優としても絶大な人気を誇るドウェイン・ジョンソン。2016年にアメリカのフォーブス誌が発表した”世界で最も稼いだ俳優”では見事一位を獲得。ハリウッドの殿堂入りも果たしたドウェイン・ジョンソンの出演作品をまとめました!


事件はこうして起こった!実話をベースの犯罪映画おすすめ50選

事件はこうして起こった!実話をベースの犯罪映画おすすめ50選

世の中には映画よりも残酷な事件がたくさん存在します。え?これって実際に起こった事件だったの?と驚きを呼ぶ、実話ベースの犯罪映画おすすめの50作をご紹介します。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。