ディズニーピクサー作品おすすめ15本!

ディズニーピクサー作品おすすめ15本!

子どもから大人まで、みんなが大好きなディズニーピクサーのおすすめ作品を15本ご紹介したいと思います!


『トイ・ストーリー』

1995年に公開された『トイ・ストーリー』のウッディ&バズ・ライトイヤー』-(C)2014 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

アンディはおもちゃが大好きな男の子。中でもお気に入りはカウボーイ人形の”ウッディ”。しかし、誕生日にプレゼントされた”バズ・ライトイヤー”が新たなお気に入りになります。お気に入りの座を奪われた形のウッディとバズが紆余曲折の果てに親友になる、そんなおもちゃの友情物語。

『トイ・ストーリー』はおもちゃ側の視点で物語が描かれていて、ぬいぐるみや車にも感情があるという設定。この作品にはアンディとシドという2人の男の子が出てくるのですが、おもちゃに対しての感情が全く違うのも見どころです。

『トイ・ストーリー2』

『トイ・ストーリー2』-(C) Disney/Pixar

大ヒット作『トイ・ストーリー』の続編。おもちゃのカウボーイ”ウッディ”には、女の子の”ジェシー”、馬の”ブルズアイ”、おじいさんの”プロスペクター”といった仲間がいました。アンディのお母さんが開いたヤードセールでウッディが誤って買われてしまい、それに気づいたおもちゃたちは、バズ・ライトイヤーを先頭にウッディを助けに行く冒険に出発。

『トイ・ストーリー2』では新しいおもちゃの仲間が登場。腕の糸がほつれて綿がはみ出てしまったウッディは、アンディとキャンプに行く予定でした。しかし、そんな状態では連れて行ってもらえず…。アンディが出かけている最中に、アンディのお母さんはヤードセールを開催。声の出ないペンギンのウィージーを売りに出してしまいます。それに気づいた正義感の強いウッディは、無事にウィージーの救出に成功!しかし、今度は自分が連れていかれてしまうというハプニング。相棒のバズはおもちゃの仲間を連れて助けに行くという大胆な行動に出ます。アンディの少し成長した姿も見どころです。

『モンスターズ・インク』

『モンスターズ・インク3D』-(C)2013 Disney/Pixar

人間の子どもの悲鳴をエネルギー源とするモンスターシティ。『モンスターズインク』はそんなモンスターシティでエネルギーを集めている会社です。大きくて青い毛が特徴の”サリー”、緑色で一つ目の”マイク”は最強の怖がらせ屋コンビ。2人の手によって悲鳴はどんどん貯まっていきます。ですが、怖がらせる側のモンスターたちは人間の子どもを恐れてもいました。ある日、いるはずのない人間の女の子が会社にまぎれこんでしまい…。

人間の子どもを恐れていたサリーとマイクでしたが、ブーという小さな女の子と出会い、一緒に過ごすうちにブーへの愛情が芽生えていきます。ブーを人間の世界に帰した後、会えなくするために人間の子ども部屋へ通じるドアを壊されてしまいますが、マイクがサリーのためにドアを修復。修復されたドアを開けると…。
ブーと再会を果たすシーンはやはり感動します。

『ファインディング・ニモ』

『ファインディング・ニモ』

元気で好奇心いっぱいのカクレクマノミの子ども”ニモ”。ある日、ニモは人間にさらわれてしまいます。そんなニモを助けるため、父親の”マーリー”とナンヨウハギの”ドリー”が大冒険に出発。

人間の世界へ連れて行かれたニモが水槽から脱出するなど孤軍奮闘する中、マーリーがサメと戦ったり、時には助けられたりしながら、ニモを探すために必死になる姿がとてもかっこいいです。

『Mr.インクレディブル』

『Mr.インクレディブル』

Mr.インクレディブルとイラスティガールは元スーパーヒーロー。ヒーローをやめてから2人は結婚し、3人の子をもつ親として生活していました。そんな中、悪者によって世界が危険にさらされようとしているとわかり、Mr.インクレディブルは再びスーパーヒーローの道へ。家族みんなが特殊能力をもっていて、子どもも大人顔負けの強さ。笑いが絶えない面白い作品です!

『カーズ』

『カーズ』メイン

ピストン・カップ史上初の新人チャンピオンを狙う主人公のライトニング・マックイーンは、錆だらけのレッカー車メーターと出会います。さまざまな仲間と出会い、何かが変わり始めるマック。優勝を目指して1人で走っていたマックが、いつしか仲間のために走るようになっていき…。
『カーズ』は絆を感じられる作品になっています。

『カーズ2』

『カーズ2』-(C)Disney/Pixar

マックとメーターの最強コンビが世界中を巡るワールド・グランプリに参戦。前作と違い、今作は相棒のメーターを中心に物語が進みます。日本・イタリア・イギリス・フランスなどの様々な国を舞台に、新たな仲間と繰り広げられるカーレース。
日本の描かれ方が、まさに”外国人目線の日本”といった感じに仕上がっていて面白く見られます。

『ファンディング・ドリー』

『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

前作のファインディング・ニモに登場していた忘れん坊の陽気なナンヨウハギのドリーが主人公。家族の思い出を探しに、人間の世界で再び大冒険。生まれ故郷で出会ったタコのハンク・ジンベイザメのデスティニー・白イルカのベイリーに助けてもらい、無事に両親と出会います。涙あり笑いありの1本です。

『アーロと少年』

提供:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

関連する投稿


『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ・キャスト紹介!スピルバーグ監督作品

『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ・キャスト紹介!スピルバーグ監督作品

『ブリッジ・オブ・スパイ』はスティーヴン・スピルバーグ監督×脚本コーエン兄弟×主演トム・ハンクスという、夢のような豪華スタッフとキャストで制作された映画作品です。今回はそんな本作のあらすじやキャストについて紹介します!


映画『いぬやしき』【ネタバレ】あらすじ・結末・キャストを紹介!

映画『いぬやしき』【ネタバレ】あらすじ・結末・キャストを紹介!

「GANTZ」の原作者として知られる奥浩哉による同名漫画の実写版『いぬやしき』。木梨憲武VS佐藤健が話題となった本作のあらすじ・結末・キャストをご紹介します。原作と映画の違いとは?ネタバレ注意でご覧ください。


『メリー・ポピンズ リターンズ』日本公開はいつ⁉バード役、吹き替えは誰?

『メリー・ポピンズ リターンズ』日本公開はいつ⁉バード役、吹き替えは誰?

かつてあのディズニーが実写化を熱望し、主人公を演じた女優が女優賞を獲得した『メリー・ポピンズ』その続編『メリー・ポピンズ リターンズ』が半世紀ぶりに公開されます!主演を演じるのは、『プラダを着た悪魔』での演技が注目されたエミリー・ブラント。彼女の魅力と前作からどのように続編が描かれているのか、気になる点をまとめました。


2013年公開のおすすめ映画14選!話題となった作品が続々登場!

2013年公開のおすすめ映画14選!話題となった作品が続々登場!

アメリカで2013年に公開した映画の中から選りすぐりの14本をご紹介します。最後に興行収入第1位となった作品も発表します!


11月3日公開『ステータス・アップデート』スマホで始まる全く新しい青春ファンタジー!

11月3日公開『ステータス・アップデート』スマホで始まる全く新しい青春ファンタジー!

11月3日に公開されたスマホ×青春×ミュージカル×ファンタジー『ステータス・アップデート』!自身のない少年は望みが全て叶うというソーシャルアプリ〈ユニバース〉で人生を変える...全てを手に入れた少年に突きつけられる人生最大の選択とは!?本記事ではそんな本作のあらすじ、キャスト、魅力を一挙に紹介!この冬、絶対に見逃せない最高の青春映画です!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。