沖縄が生んだ名作映画5選!『涙そうそう』『ハクソー・リッジ』

沖縄が生んだ名作映画5選!『涙そうそう』『ハクソー・リッジ』

『ソナチネ』や『シェル・コレクター』など、本島から竹富島などの離島まで、沖縄県を舞台にした心に訴えかける名作5選をご紹介します。


BEGINの名曲を映画化【涙そうそう】

主人公は、沖縄に生まれ育った血のつながっていない2人の兄妹。何を差し置いても妹を守ろうとする兄・洋太郎、「兄ィニィ」と兄を頼りながらも微妙な感情の変化に戸惑う妹・カオルを描く感動作。BEGINの作った曲に森山良子が詞をのせ誕生した同名曲もベースに製作された映画です。主題歌は同じく「涙そうそう」。沖縄県の石垣島には「うさぎや」という居酒屋があり、そこで毎日開かれる三線を用いたライブでは高い確率でこの「涙そうそう」が演奏されます。この映画を観た後に本場の演奏を聴き、想いをはせてみてはいかがでしょうか?

舞台は竹富島、母と娘をつなぐ手紙【ニライカナイからの手紙】

美しい沖縄の自然を背景に展開する、離れて暮らす母を思う娘(蒼井優)と、十数年にわたり彼女に手紙を送り続けた母(南果歩)の物語。娘の二十歳の誕生日に、長年会えなかった理由を告げると母は約束するのですが…。

この物語の舞台は竹富島。沖縄本島から離れた八重山諸島のひとつに数えられる島です。この島の特徴は、殆どの建物が真っ赤な色の屋根をしていること。景観を守るため、新しく家を建てる際には屋根を赤く塗ることが義務付けられているのです。屋根が赤くない建物もわずかながらありますが、それらはその決まりができる前につくられたもの。

石垣島を舞台に描かれる、生と死の物語【ソナチネ】

沖縄県の石垣島の美しい海、砂浜、古民家を舞台とした、不器用な男たちの生と死を描く物語。まっさらな風景と久石譲によるシンプルな音階の名曲が、より一層「終わり」の感覚を引き立てます。ハイビスカスや沖縄舞踊、三線など、いわゆる「沖縄県」のイメージを代表する要素が余すところなく登場。

穏やかなイメージでお茶の間に浸透しているものの、『発狂する唇』『蜜のあわれ』『エクステ』などでたびたび怪演ぶりを発揮する大物俳優・大杉漣はこの映画をはじめとした北野映画を通して頭角を現していきます。

沖縄の孤島を舞台にしたファンタジー映画【シェル・コレクター】

『シェル・コレクター』(C) 2016 Shell Collector LLC(USA)、「シェル・コレクター」製作委員会

沖縄の孤島で人知れず日々を送る物静かな盲目の貝類学者が物語の主人公。ある出会いと、それに対する彼のはたらきかけをきっかけに、目まぐるしく変化していく日常を描き出したファンタジー映画。

『シェル・コレクター』(C) 2016 Shell Collector LLC(USA)、「シェル・コレクター」製作委員会

アメリカ文学会の寵児アンソニー・ドーアの原作を映像化した本作の監督は、「盲目の貝類学者が自然の中に身を委ね、見えないからこそ自然の本質を感知し、手探りで一筋の光を探すような、寓話と現実の境界なき世界観を表現したいと思いました」と沖縄を舞台にした作品を説明。そして「盲目の学者の深層心理のような異世界を描けた」とアピール。寓話と現実が入り混じる世界観を表現するのに、沖縄は最適な地だったと確信をもって言えます。例えば『ソナチネ』でも、生と死が入り混じった世界観を表現することに対する最適解が沖縄の石垣島だったのではないでしょうか?

太平洋戦争時、激戦地と化した沖縄【ハクソー・リッジ】

『ハクソー・リッジ』 (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

武器を持たずに戦場へと向かい、75人もの負傷兵を救ったデズモンド・ドスの雄姿を描いた映画。アンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、本年度アカデミー賞作品賞、監督賞を含む6部門にノミネート、2部門を受賞しました。

『ハクソー・リッジ』メル・ギブソン監督  (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

タイトルにも登場した、デズモンド・ドスが赴いた「ハクソー・リッジ」とは、沖縄県浦添城址の南東に位置する前田高地の英名。太平洋戦争では激戦地と化しました。

青い海と白い砂浜、沖縄!

『シェル・コレクター』(C)2016 Shell Collector LLC(USA)、『シェル・コレクター』製作委員会

その美しい風景を舞台に、心揺さぶる作品が多くつくられる沖縄。そんな沖縄を舞台にしたこれらの映画、ぜひご覧になってみてください!

関連する投稿


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで人気を博した人気俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日ついに公開!『イット・フォローズ』の監督が描く全く新しいサスペンス映画となった本作。カルト的人気を博す事間違いないあらすじ、キャストをはじめカルトな魅力をご紹介!


『ペンギン・ハイウェイ』あらすじ・考察・まとめ!

『ペンギン・ハイウェイ』あらすじ・考察・まとめ!

森見登美彦の小説を原作とし、声優陣には「蒼井優」や「竹中直人」ら豪華なキャストがそろい踏み。また主題歌を担当するのは「宇多田ヒカル」と実力派で固められた本作品は公開前から注目を集めていました。様々な伏線が散りばめられ、最後の切ないラストに何度でも観たくなる珠玉の作品です。


20代の女優人気ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

20代の女優人気ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

綾瀬はるか、上戸彩、石原さとみ、蒼井優、宮崎あおい、沢尻エリカ、上野樹里、北川景子、長澤まさみ、榮倉奈々など、名前を聞くだけですごい女優さんばかりですが、1985年~1988年生まれの女優は女優黄金期と言われておりました。その下の世代の女優は谷間の世代なのでしょうか。そんな現在20代の女優をランキング形式で公開します。


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。


最新の投稿


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

いまもっとも注目されている若手女優、松岡茉優。ドラマや映画だけにとどまらず、その器用なトーク力でナレーションやバラエティ番組にまで活躍の場をひろげています。ここでは彼女の経歴に少しだけ触れながら、出演した作品を紹介したいと思います。彼女の名を世間に知らしめた「あまちゃん」から、カンヌ最高賞受賞の『万引き家族』まで。


【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

ダークな世界観と「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などとのクロスオーバーで人気を集めるヒーロー・ドラマ「ARROW/アロー」。ドラマをもっと楽しめるトリビアや、これまでのあらすじや登場人物などをおさらいできる基本情報を改めて整理してみました。※ネタバレ内容が含まれています


本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

実力派俳優のエディ・レッドメインが主演を務めた映画『リリーのすべて』。世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベについて描かれた作品となっています。今回は映画『リリーのすべて』のあらすじやキャストについて紹介します。


【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

ホラー映画史上No.1『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に続く大ヒットを記録した『クワイエット・プレイス』が9月28日から公開されています。 「音を立てたら、即死。」全米初登場No.1を記録した新体感サバイバルホラー!監督、キャスト、あらすじを紹介します!