北の大地『日本で一番悪い奴ら』『鉄道員 ぽっぽや』北海道を舞台にした映画7選!

北の大地『日本で一番悪い奴ら』『鉄道員 ぽっぽや』北海道を舞台にした映画7選!

『Love Letter』や『遥かなる山の呼び声』など、果てしなく広がる大地、北海道を舞台にした名作7選をご紹介します。


舞台は北海道東部の根釧平野【遥かなる山の呼び声】

『健さん』(C)2016 Team "KEN SAN”

1980年公開。主演、高倉健、『男はつらいよ』『武士の一分』の山田洋次監督作品。舞台は北海道東部の根釧原野。そこで牧場を営む風見民子と一人息子の武志のもとへ、素性不明の男があらわれて…。果てしなく広がる草原。空と大地の間で展開するヒューマンドラマです。

北海道県警の暗部【日本で一番悪い奴ら】

『日本で一番悪い奴ら』ティザービジュアル -(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

大学時代に馴らした柔道。その豪腕さを買われ、北海道警・刑事に就いた諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていました。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から叩き込まれた刑事の“イロハ”。それは「刑事は点数。点数稼ぐためには裏社会に入り込み、S(スパイ)をつくれ。」というものでした。「正義の味方、悪を絶つ」という信念の元、言われるままに“S”を率い、逸脱したヤバすぎる捜査を貫徹していく諸星ですが――。

『日本で一番悪い奴ら』(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

“日本警察史上の最大の不祥事”と言われる「稲葉事件」で、“黒い警部”という異名を残す実在した男をモデルにした北海道警察の警部が、逮捕されるまでの壮絶な26年間を描いた作品。監督は同じく実際にあった犯罪「上申書殺人事件」をモデルにした『凶悪』を製作した白石和彌です。物語の終盤、すっかり落ちぶれた主人公が非行少年の反撃をくらって雪の上に倒れ込むシーンが印象的。

北海道の農業高校を舞台にした酪農と青春【銀の匙 Silver Spoon】

映画『銀の匙 Silver Spoon』-(C) 2014年映画『銀の匙 Silver Spoon』製作委員会 (C) 荒川弘/小学館

北海道の農業高校を舞台に日々奮闘する高校生たちの酪農と青春を描いた、感動エンターテインメント。王道的な冒険物語やロマンティックなラブストーリーだけではなく、“朝4時起きの馬術部”“敷地一周20キロのマラソン”など、酪農に一生懸命な農業高校の濃厚な世界を描出。命の現場でもある酪農と対峙する高校生たちの姿が感動を誘いました。主人公を演じたのは、ジャニーズの人気ユニットSexy Zoneに属する中島健人。監督は『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔。北海道で青い空の下、酪農にはげむ日々…憧れますね。

真っ赤な車で北海道を走り回る【幸福の黄色いハンカチ】

高倉健・主演作『幸福の黄色いハンカチ』-(C) 1977 松竹株式会社

高倉健演じる刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いたロードムービー。第1回日本アカデミー賞受賞作品。武田鉄矢が初めて映画に出演した作品でもあります。高倉健が真っ赤な車を乗り回し、釧路や網走などを巡遊。他のロードムービーの例にもれず、当時の北海道の自然を堪能できます。

明治初期の北海道を再現【許されざる者】

© 2013 Warner Entertainment Japan Inc.

幕府崩壊後の明治時代初期、北海道。かつて徳川幕府の命の元に幾多の志士を斬りまくり、京都中で怖れられていた釜田十兵衛は、幕府の崩壊と共に転戦を重ね、五稜郭の激戦が終結した頃、いずこへか失踪。

渡辺謙&忽那汐里『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.

それから10年以上が過ぎ、十兵衛は己を変えた唯一の存在であった亡きアイヌ人の妻との間にもうけた子供たちと、人里離れた僻地で細々と暮らしていました。しかし、二度と刀を持たないと決めた男が、貧困の末、再び賞金稼ぎとして戦いに身を投じなければならず…。『悪人』や『怒り』の李相日が、明治時代初期の北海道を現代のスクリーンへ蘇らせました。

小樽に降る雪【Love Letter】

岩井俊二監督作品。主人公のもとに届くはずのない手紙が届いたことに端を欲するラブストーリー。作中の舞台になる場所は2つあるのですが、そのうち1つが北海道の小樽。雪が降りしきる小樽と繊細な恋心が一体になって、感受性に訴えかけます。

北海道のローカル線で駅長をつとめ続ける実直な男【鉄道員】

『あなたへ』 -(C) 2012「あなたへ」製作委員会

北海道のローカル線、幌舞駅の駅長をつとめる佐藤乙松を主人公とした物語。広末涼子、吉岡秀隆、志村けんらが出演。撮影に使用された車体キハ40 764は現在も北海道の根室本線幾寅駅前に保存してあります。

厳しくも美しい北海道!

北海道を舞台にした映画は、厳しくも美しい環境をそのまま内容に反映したものが多いですね。今回のまとめに挙げた作品を観て興味が出たら、是非とも北海道を訪れてみてください!

関連する投稿


ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥!恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』

ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥!恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』

2011年に公開された台湾の大人気映画作品『あの頃、君を追いかけた』のリメイクが決定。監督は長谷川康夫監督で、主演は山田裕貴さん、ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥さんです。2000年代の日本が舞台となっています。


『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎の小説が映画化!

『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎の小説が映画化!

既にいくつもの作品が映画化されている人気作家・伊坂幸太郎の小説が、またもや映画化! 今度、映画化される作品は2014年に発売された「アイネクライネナハトムジーク」です。さて、どんな映画になるのでしょう?


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。


【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

5/25(金)、5/26(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描いたストップ・モーションアニメ『犬ヶ島』や、名優ダニエル・デイ=ルイス引退作『ファントム・スレッド』など、期待作が続々公開されます。


【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

5/11(金)、5/12(土)に公開される映画を一挙ご紹介。実在の元スポーツ選手から違法ポーカールームの経営者として名を馳せる『モリーズ・ゲーム』や、役所広司、松坂桃李主演で描く警察小説×『仁義なき戦い』的ハードな作品『孤狼の血』など、期待作が続々公開されます。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。