『スター・ウォーズ』のヒロインで一躍有名に!ナタリー・ポートマン出演作品8選

『スター・ウォーズ』のヒロインで一躍有名に!ナタリー・ポートマン出演作品8選

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でヒロインに抜擢され一躍世界的に有名な女優への仲間入りを果たしたナタリー・ポートマン。そんな彼女が出演している名作8選をご紹介します。


子役として鮮烈なデビューを飾る【レオン】

33歳の誕生日を迎えた、ナタリー・ポートマン/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C) 2014Marvel

ニューヨークに住む殺し屋のレオンと、家族から虐待を受けている少女のマチルダ(ナタリー・ポートマン)が出会い…。リュック・ベッソン監督、ジャン・レノ主演作品。ナタリー・ポートマンはこの映画で子役として鮮烈なデビューを飾りました。

ヒロインのパドメを演じ、一躍大スターに【スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス】

世界中の人々を熱狂させてやまない『スター・ウォーズ』シリーズの4作目。母親想いの少年が闇の騎士ダース・ヴェイダーへ変貌を遂げるまでを描く新3部作のはじまりとなる作品に登場し、ヒロインのパドメ・アミダラ姫を演じたナタリー・ポートマン。3部作を通して若きジェダイ、アナキン・スカイウォーカーと報われることのない愛を展開します。

母親に複雑な感情を抱く娘【地上より何処かで】

ナタリー・ポートマン -(C) Getty Images

田舎での生活に嫌気がさして、無理やり娘(ナタリー・ポートマン)を連れてビバリーヒルズに引っ越した母親と、そんな母親に複雑な感情を抱く娘のアンの姿を描いた人間ドラマ。ナタリー・ポートマンはこの作品でゴールデングローブ賞、助演女優賞にノミネートされました。

美しいストリッパーに扮する【クローサー】

小説家志望のダン、ストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)、フォトグラファーのアンナ、医師のラリーの4人を主軸にした複雑な恋愛模様を描くラブストーリー。アン・ハサウェイはゴールデングローブ賞、助演女優賞を受賞し、さらにアカデミー助演女優賞にノミネートされました。

野心を燃やすバレリーナに【ブラック・スワン】

© 2010 Twentieth Century Fox.

ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、踊ることに全てを捧げるニナ(ナタリー・ポートマン)。ある日、芸術監督がプリマ・バレリーナのベスを新シーズンの「白鳥の湖」から降板させることを決定。このとき、ニナは後任のプリマの第一候補でしたが、新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)もまた有力な候補の一人。2人の若きバレリーナは敵対心から、ねじれた友情を発展させていき…。ナタリー・ポートマンがバレリーナに扮する、怖さと美しさが混在した作品。作中のあるラブシーンが大きな話題を呼びました。

才色兼備の宇宙物理学者【マイティ・ソー】

『マイティ・ソー』 -TM & (C) 2010 Marvel c2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.

神の世界で最強の戦士として君臨するも、横暴と傲慢さが仇となり、地球へ追放されたソーが、凶悪な宿敵と戦うさまが描かれる『マイティ・ソー』。ナタリーはソーと出会う才色兼備の宇宙物理学者・ジェーンという役どころで参加。ソーとただならぬ関係になる彼女は、続編である『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』にも出演しています。

彼女は今、愛のために銃をとる【ジェーン】

© 2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカ西部で夫、娘の家族3人で穏やかな生活を送っていたジェーン(ナタリー・ポートマン)。しかしある日、夫が撃たれ、逃げ帰って来たことでその平穏は奪われてしまいます。相手は悪名高きビショップ一家。運命に逆らい、戦うことを決意したジェーン。愛のために銃を取る…。『スター・ウォーズ』とは一転、悪役のユアン・マクレガーに対峙するナタリー・ポートマン。強く美しい女性というイメージが根強い彼女にもってこいの役柄ですね!

伝説の大統領夫人を再現【ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命】

© 2016 Jackie Productions Limited

1963年11月22日、夫であるジョン・F・ケネディ大統領が目の前で銃弾に倒れ、ジャッキーことジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)の人生は一変した。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間などありませんでした。夫の名が後世に残るかどうかは自分次第。そう気付いたジャッキーは、最後の使命に身を投じ…。

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』  (C)2016 Jackie Productions Limited

『スター・ウォーズ』で惑星の女王を演じた彼女が、今回は実在のファーストレディ、“ジャッキー”ことジャクリーン・ケネディに扮しました。かつて全国民が憧れた彼女のスタイルを完璧に演じきり、2016年度のアカデミー主演女優賞にノミネート。

9月公開の『プラネタリウム』にも出演する人気女優、ナタリー・ポートマン!

ナタリー・ポートマン&ベンジャミン・ミルピエ -(C) AP/AFLO

ナタリーとジョニー・デップの娘、リリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演する『プラネタリウム』は9月23日より公開!お見逃しなく!

関連する投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


『オリエント急行殺人事件』の予告編がついに公開!豪華すぎるキャストを一挙ご紹介!

『オリエント急行殺人事件』の予告編がついに公開!豪華すぎるキャストを一挙ご紹介!

すでに話題となっている『オリエント急行殺人事件』。予告編が解禁され作品への期待は膨らむばかり。超豪華キャスト出演で話題の本作。今回は、そんな豪華キャストを一挙にご紹介したいと思います。


『スターウォーズ / エピソード8 最後のジェダイ』全シリーズおさらい&トリビアも要チェック!

『スターウォーズ / エピソード8 最後のジェダイ』全シリーズおさらい&トリビアも要チェック!

『スターウォーズ / エピソード8 最後のジェダイ』が公開されました。新作をより楽しむため、今までに公開されたシリーズタイトルをおさらいしておきましょう!スピンオフ作品を除いたエピソード1~7を一挙に紹介!


最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー衣装デザイン賞」を受賞した作品をご紹介します。 作品の世界観に一役も二役も買っている、熟考された素晴らしいセンスと衣装の数々を楽しみましょう。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。