『ラ・ラ・ランド』サントラはアメリカン・エンタメの宝庫!

『ラ・ラ・ランド』サントラはアメリカン・エンタメの宝庫!

ミュージカル映画として久々の大ヒットとなった「ラ・ラ・ランド」。アカデミー賞「作曲賞」「主題歌賞」も受賞した素晴らしい音楽の数々。その魅力をギュッと一枚のアルバムに詰め込んだオリジナル・サウンドトラックは、映画を観た人にはファンタスティックで夢のようなシーンの数々を甦らせます。まだならきっと観たくなります!


天才チャゼル監督とハーウィッツの名コンビが贈る珠玉の名曲集!

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

「ラ・ラ・ランド」の音楽を担当し、アカデミー賞「作曲賞」に輝いたのはジャスティン・ハーウィッツ。彼は、デイミアン・チャゼル監督とハーバード大学時代のルームメイトでした。それぞれ既に映画をつくりたい、映画のスコアをつくりたいという夢を持っていた二人は意気投合。在学中に『Guy and Madeline on a Park Bench』、そしてジャズ・ドラマーの師弟関係を描いて話題となった『セッション』でコラボし、本作が3つ目となります。

ジャズへの造詣がとっても深い二人。ライアン・ゴズリング演ずるセバスチャンを通して古き佳き40~50年代のジャズの魅力を語る一方、現代の感性を見事なバランスで取り入れて新しい音楽を作り上げました。さらにミュージカルの往年の名作を思わせるエッセンスやR&Bまで散りばめられ、まさにアメリカン・エンタテインメントの魅力が詰まったサウンドトラックです。

往年の名作ミュージカルへのオマージュ

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

映画の冒頭、カリフォルニアの太陽のもとでのエネルギッシュなダンスはミュージカルらしい迫力あるシーンで一気に引き込まれます。チャゼル監督とハーウィッツは、さまざまなミュージカル映画からの着想も、現代感覚で鮮烈に描きました。「アナザー・デイ・オブ・サン」は『ロシュフォールの恋人たち』というフランスのミュージカル映画、「ア・ラブリー・ナイト」は『雨に唄えば』や、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの映画を彷彿とさせます。

ジャズを楽しむ

『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『LA LA LAND』(原題) Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

セバスチャンは、“ホーギー・カーマイケルが座っていた椅子”や“マイルス・デイビスが小便をした絨毯”などをコレクションしている筋金入りのジャズ愛好家。「ジャズは嫌い」と言っていたミアをライブハウスに連れていきジャズの魅力に引き込んでいきます。そんな二人の間に流れるオリジナルジャズナンバーの数々を聴けば、「ジャズってよくわからないな」と思っている方にも、素敵なきっかけとなるかもしれませんね。

「アナザー・デイ・オブ・サン」や「サムワン・イン・ザ・クラウド」のような明るいダンスナンバーから、「ハーマンズ・ハビット」や「サマー・モンタージュ」のようなクラシカルなジャズライブを思わせる曲までさまざまなジャズを楽しめます。

輝く星の街の夢追いびと「シティ・オブ・スターズ」

セバスチャンがピアノ弾き語りで歌い上げ、映画のなかで何度も登場する「シティ・オブ・スターズ」は、アカデミー主題歌賞を受賞しました!『ラ・ラ・ランド』の音楽は撮影と同時に録音されたものがベースになっていて、歌もピアノもリアル。ゴズリングは3カ月の特訓でピアノをマスターしたとのこと。すごいですね!

「シティ・オブ・スターズ」の作詞は、ベンジ・パセックとシャスティン・ポールという二人。夢を追う者たちの苦悩を綴っています。二人はこの曲の作詞家オーディションで発掘され、彼らの歌詞が監督や作曲家をインスパイアしたこともあって、そのまま全編の詞を担当したのだそうです。

R&B界のスター、ジョン・レジェンドもたっぷり聴いて!

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

一連の曲のなかで異色の存在となっているのが「スタート・ア・ファイア」。歌うのはグラミー賞シンガーで、『グローリー/明日への行進』の主題歌でアカデミー賞を受賞したこともあるジョン・レジェンドです。彼は映画のなかでは、古い友人であるセバスチャンを自らのバンド「ザ・メッセンジャー」に誘うキース役。このバンドでセバスチャンは興行的に成功しますが、彼が本当に愛するジャズよりもかなりポップな仕上がりになっていて、自身が「やりたい音楽とは何か」と葛藤することに。ミア(エマ・ストーン)との関係にも影を落とす重要な役割を果たす曲です。

クライマックス:感動の「オーディション」をじっくり聴きなおす

『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

多くのファンにとって強く印象に残るのは「オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)」。ミアが人生の岐路となったオーディションで歌った曲です。静かに語りかけるように、彼女の女優人生に大きな影響を与えた叔母について歌い出し、次第に夢に向かって歩む人たちへのメッセージに。エマ・ストーン渾身の熱唱が素晴らしすぎる!

Here’s to the ones who dream Foolish as they may seem
(どうか乾杯を 夢追い人に たとえ愚かに見えても)
Here’s to the hearts that ache Here’s to the mess we make.
(どうか乾杯を 心の痛みに どうか乾杯を 厄介な私たちに)

何度失敗しても、夢を叶えるため懸命に起き上がるミアのたくましさを表現し、透明感あふれる伸びやかな歌声が、私たちの心に響き渡ります。

『ラ・ラ・ランド』をライブ演奏で楽しむシネマ・コンサートも来日予定!

「ラ・ラ・ランド in コンサート」 La La Land /(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

なお、『ラ・ラ・ランド』の音楽と夢見るシーンが忘れられない人たちのために、シネマ・コンサートが予定されています。
「シネマ・コンサート」とは、映画のセリフや効果音はそのままに、巨大スクリーンで映画を上映し、劇中の音楽をフルオーケストラ+バンドが生演奏する迫力満点の大人のエンタメショー。
本作では、指揮に300公演を超えるシネマ・コンサートでタクトを振ってきたエリック・オクスナー、国内屈指の名門「東京フィルハーモニー交響楽団」、さらにジャズ・アンサンブルが加わる予定。詳しい日程は今後発表される予定なので、チェックしておきたいですね!

『ラ・ラ・ランド』オリジナル・サウンドトラックはこちら。

オリジナル・サウンドトラックは各オンラインストアで視聴・購入できます。
スコア盤はさらに映画のエッセンスをたっぷり楽しめる大充実の30曲収録!
そのほか、ピアノミニアルバム、ピアノ&ボーカルの楽譜なども発売されており、今年のクリスマスまでずっと楽しめるのではないでしょうか!

『ラ・ラ・ランド オリジナル・サウンドトラック』収録曲
1. アナザー・デイ・オブ・サン
2. サムワン・イン・ザ・クラウド
3. ミアとセバスチャンのテーマ
4. ア・ラヴリー・ナイト
5. ハーマンズ・ハビット
6. シティ・オブ・スターズ
7. プラネタリウム
8. サマー・モンタージュ/マデリン
9. シティ・オブ・スターズ
10. スタート・ア・ファイア
11. エンゲージメント・パーティー
12. オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)
13. エピローグ
14. ジ・エンド
15. シティ・オブ・スターズ (ハミング)

いかがでしたか?

いくつかの曲は、きっと後々も歌い継がれるであろうと思われます。映画に感動した人も、これから観ようかな、と思っている方も、ぜひ一度サントラを聴いてみてくださいね!

関連する投稿


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!


実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

昔から、監督と主演を兼任する人物は多くいます。日本では北野武さんが有名てすし、さかのぼればチャップリンなど、上げるとキリがありません。しかし最近ではもともと俳優として活動していた人が、監督として作品をだすパターンも増えてきました。ここではすっかり監督業も板についた人から、最近監督デビューを果たした人までをピックアップ!


癒し系笑顔が魅力!レイチェル・マクアダムスの歴代彼氏や出演映画の特集!

癒し系笑顔が魅力!レイチェル・マクアダムスの歴代彼氏や出演映画の特集!

可愛すぎる笑顔が魅力的な女優レイチェル・マクアダムス。子供の頃から活発でスポーツ万能、演技に目覚めて女優としてデビューしてからもキュートさが際立つ彼女にはどんどん出演作が巡ってきてコンスタントに映画に出演。プライベートでも、その可愛さで出演映画の共演俳優たちを思い切り虜にして恋の噂も途切れません。交際した俳優たちもイケメン実力派揃いで、華やかなエピソードの連続です。容姿のせいもありキュートな役や美しいヒロインを多くこなしていますが、キャリアを積むに伴ってシリアスな役も与えられて2015年には実話に基づく映画『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミーの女優助演賞のノミネートされるまでに!そんな彼女の魅力に迫ります!


『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!トリビアを紹介【ネタバレあり】

『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!トリビアを紹介【ネタバレあり】

スパイダーマンの宿敵として知られるダークヒーロー『ヴェノム』。その禍々しい姿と謎に満ちたキャラクターとして人気を誇る彼を主役に描いたマーベル映画が公開されます。破壊的な守護者という複雑な特性を持つヴェノムの、新たなるストーリーが刻まれます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


最新の投稿


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!


映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

地域観光の活性化の為に、観光庁や市町村が取り組む、外国人観光客を取り込むためのスクリーンツーリズムなどがあります。この『天使のいる図書館』も地域観光の活性化の為に作られた映画ですので、魅力的なロケーションが数多く見られます。そんな『天使のいる図書館』のあらすじやキャスト、見どころを紹介していきたいと思います。


デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせて紹介します。