河瀬直美監督×永瀬正敏タッグ再び!『光』公開

河瀬直美監督×永瀬正敏タッグ再び!『光』公開

河瀬監督の最新作『光』が2017年5月27日に公開が決定!2015年『あん』以来、河瀬監督と永瀬正敏の再タッグが今から注目を浴びています!


河瀬直美監督の最新作『光』5月27日公開!

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

弱視のカメラマンを題材にした映画『光』が永瀬正敏主演で5月27日から全国にて公開されました。

河瀬直美『光』/photo:Naoki Kurozu

メガホンを取ったのは河瀬直美監督。1997年映画『萌の朱雀』で、カンヌ国際映画祭カメラド-ル(新人監督賞)を史上最年少受賞!2015年映画『あん』制作時に、映画の音声ガイドの存在を初めて知り、映画として描くことを決めたそうです。「私たち晴眼者(視覚に障害のない者)より、視覚障碍者は見えないからこそ、ものすごく想像力を働かせている。であるなら、彼らの方が深く映画に入り込んでると言えるんじゃないか?と、この映画を作っている最中に思いました」と語ってくれました。

カンヌ国際映画祭に藤竜也や水崎綾女らが集結

『光』カンヌ国際映画祭にて (c) Kazuko Wakayam

カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門出品作として公式上映されました。上映後にはおよそ10分に渡る熱烈な喝采と拍手が鳴り響き、河瀬監督や永瀬さんらが感涙し抱き合う姿も!

主演は永瀬正敏と水崎綾女

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

2015年の河瀬直美監督『あん』以来、再びタッグを組んだ主演の永瀬正敏。俳優だけでなく写真家としても活動しています。1983年『ションベンライダー』で映画デビュー。1991年に山田洋次監督映画『息子』で、日本アカデミー賞・ブルーリボン賞など多数受賞!河瀬監督曰く、『あん』で永瀬さんが演じた彼の魅力と演技力から、また自分の作品で永瀬さんとタッグを組みたいと強く思っていたそうです。

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

水崎綾女は2004年にデビュー以来、2009年映画『少年メリケンサック』、2015年映画『進撃の巨人』など、その演技力の高さからオファーが殺到。アクション演技や大胆な濡れ場シーンなどにも果敢に挑み、ぐんぐんと評価を高めている注目の女優さんです!

本編『光』のあらすじ

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

視力を失いゆくカメラマンの雅哉(永瀬正敏)と、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する美佐子(水崎綾女)が心を通わせていくさまを綴ったラブストーリー。

(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME

美佐子は視覚障碍者向け映画のモニター会で出会い、ガイドのチェック役である雅哉に安易な仕事への姿勢を批判されたり、製作過程で衝突を繰り返しながらも、逆境の中でもカメラをあきらめない彼を見て、成長を遂げていきます。

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

次第に見えなくなっていく焦りと恐怖心から、自暴自棄な生活になり周囲に攻撃的になっていく雅哉。

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

雅哉がやがて見えなくなることを知りながらも惹かれあう2人。“失うことで、思わぬ明日を見つけることができる”というメッセージが込められた2人の淡く切ないシーンは涙を誘います。

盲目になりゆく雅哉(永瀬正敏)に巻き起こる結末とはー

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

弱視から目が見えなくなっていく過程の苦しみ。奪われてしまうものが多くなってゆく絶望。そこからどう自分を奮い立たせ這い上がり、果たして将来に"光"を見つけることができるのか?永瀬さんは撮影後に「1人でも多くの方にこの河瀬監督が伝えようとしている"光"が届くことを願っています」と語ってくれました。2017年5月27日、ついに『光』の幕が上がります!

関連する投稿


アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

1954年に誕生した映画『ゴジラ』2016年には、庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』が公開され、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなりましたね。そして本作で『ゴジラ』は誰も予想していなかった新たな”進化”を遂げます。今回、主人公役に宮野真守さんが決定!本作のあらすじ、キャストをご紹介します。


【今週末公開の映画】11/23~『火花』『ジャスティス・リーグ』『覆面系ノイズ』など

【今週末公開の映画】11/23~『火花』『ジャスティス・リーグ』『覆面系ノイズ』など

又吉直樹原作、桐谷健太×菅田将暉で贈る『火花』、DC最強の超人たちが集結した『ジャスティス・リーグ』、切なくもキュンとする片恋ラブストーリー『覆面系ノイズ』など、11/23から公開の映画をご紹介します。


刺激が強すぎる!セクシーイケメン松坂桃李の出演作品紹介!2018春には待望の「娼年」映画化!

刺激が強すぎる!セクシーイケメン松坂桃李の出演作品紹介!2018春には待望の「娼年」映画化!

甘いマスクで大人気!公開間近の『彼女がその名を知らない鳥たち』では映画初の濡れ場を熱演!『劇場版 MOZU』では殺人鬼役を熱演するなど、演技の幅も広いイケメン俳優松坂桃李の過去出演作をご紹介します。


『パターソン』暗い性格の隠れた詩人と明るい妻の物語!永瀬正敏も出演!

『パターソン』暗い性格の隠れた詩人と明るい妻の物語!永瀬正敏も出演!

毎日、平凡に暮らすバスの運転手の楽しみは詩を書くこと、そして毎晩近所の飲み屋にいくことです。妻はそんな日常を変えようと、あの手この手を尽くしますが、夫は乗り気ではありません。そんな彼に不思議な日本人が近づきます。永瀬正敏も出演する『パターソン』は、平凡なアメリカ人の一週間を描いたほのぼのとする映画です。


『パターソン』は何気ない日常を楽しむための映画!

『パターソン』は何気ない日常を楽しむための映画!

永瀬正敏が出演していること、カンヌ国際映画祭のオフィシャルコンペティションに出品された作品であること、などが知られている映画『パターソン』。でも一体どんなストーリーなの?と聞いてもなかなか的を得た答えが返ってこないと思っているあなた、日常の愛しさを思い出す映画なのです。


最新の投稿


ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメの邦モノ・洋モノ問わずにおすすめのドラマを50作品紹介します!観ていてドキドキ、いつの間にかハッピーな気持ちになれること間違いなし!あの人気作品から隠れた名作まで。シリーズ物なので、ハマりすぎ要注意です!


見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

長い時間を潰したい人やがっつり映画を楽しみたい人におすすめなのが見応えある長い映画です。ここで紹介する作品はどれも2時間半を超える大作なので観る前に準備は整えてください。


『ちはやふる』『青空エール』部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

『ちはやふる』『青空エール』部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活といえば青春の代名詞ですよね。青春時代を部活に捧げたという人も少なくはないと思います。今回はそんな熱くて切ない部活を描いた映画を紹介します。


二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一の小説デビュー作『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が「嵐」の二宮和也さん主演で実写映画化されることになりました!本作のあらすじとキャストをご紹介します。


長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみと高橋一生、さらに人気実力派俳優の吉田鋼太郎も加わり、「嘘」に隠された真実と愛に迫る新感覚ラブストーリー『嘘を愛する女』が映画化。恋人の秘密を追うという、ミステリアスな要素も気になりますね。そのあらすじ&キャストをご紹介します!