『東京喰種 トーキョーグール』赫子のビジュアルがついに解禁!

『東京喰種 トーキョーグール』赫子のビジュアルがついに解禁!

7月29日に公開を控える『東京喰種 トーキョーグール』の新ビジュアルが公開されました。公開されたのは、喰種が臨戦態勢になった時に体から出す武器“赫子”の姿です。主人公のカネキとヒロインのトーカが、赫子を出す姿がお披露目されています。今回公開されたビジュアルをその他キャストとともにご紹介します。


7月29日公開の『東京喰種 トーキョーグール』

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

石田スイ原作の人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』がいよいよ7月29日に公開されます。姿は人だが、人を襲い食べる怪物“喰種”。彼らは人に成りすましながら社会の中で生活しています。主人公のカネキがある事故で半分人間、半分喰種という存在になるところから物語が始まります。

赫子のビジュアルがついに公開

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

喰種の武器である赫子(カグネ)。そのビジュアルがついに公開されました。公開されたのはカネキとヒロインのトーカの赫子。体から出る不気味な姿が再現されています。カネキの赫子はまるでサソリのしっぽのような先端がハサミ状になっているもののようです。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

トーカの赫子はまるで羽のような形をしており、赤黒い色が不気味さを増しています。眼も臨戦態勢を示す赫眼(カクガン)状態となっていて、今にも襲い掛かりそうな迫力ある姿を見せています。映画の中で、この状態からどのようなアクションを見せてくれるのか楽しみですね。

喰種捜査官のクインケも

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

喰種を駆逐することを目的としている喰種捜査官が持つ武器“クインケ”の姿も、少しですが公開されています。クインケとは喰種の赫子から作られた、唯一赫子に対抗できる武器です。ベテラン捜査官の真戸の持つクインケはいくつもの関節があり、多彩な動きを見せてくれそうです。

再現度の高いキャラクターたち

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

キャスト達によるキャラクターの再現度が高いことも注目すべき点。主役の金木研を演じるのは、人気若手俳優の窪田正孝。半喰種になったことで赫眼を隠すことが出来ず、眼帯で片目を隠している姿が再現されています。赫子を使う姿も公開され、どのようなアクションを見せてくれるのか楽しみですね。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

ヒロインのトーカを演じるのは、清水富美加。自慢のロングヘアを30cmもばっさりカットして、片目を髪で隠した特徴的なヘアスタイルを忠実に再現しています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

喰種のマスクを作っているウタを演じるのは、坂東巳之助。全身ピアスとタトゥーだらけの衝撃的な姿を公開しています。自身も原作のファンであり、人気キャラクターを演じるにあたって近づけているか不安ながらもファンに受け入れられるウタを演じたいと意気込みを語っています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

村井國夫が演じるのは、喰種が集まる喫茶店あんていくのオーナー芳村。半分喰種になったカネキに喰種としてのふるまい方や居場所を与える穏やかな喰種を演じます。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

あんていくで働くカネキの先輩店員を演じるのは、浜野謙太。撮影を振り返って、和気あいあいとした現場で楽しかったと述べています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

喰種捜査官に夫を殺され、あんていくに助けられて生活している笛口リョーコを、相田翔子が演じています。原作と同じ柔らかでおっとりとした雰囲気が出ていて、ピッタリな役柄です。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

リョーコの娘である笛口雛実を演じているのは、桜田ひより。『脳内ポイズンベリー』や『にがくてあまい』にも出演していた若手女優です。夏には初の舞台出演も控えています。主人公のカネキを慕う雛実をどう演じるのか注目です。

夏にピッタリのスリルとアクション

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

次々にビジュアルが明かされ、公開に向けて期待が高まっています。喰種VS人間の熾烈なバトルが繰り広げられる本作は、ぜひ劇場で観たいところです。さらなる情報公開も期待されるので、引き続き注目していきたいですね。

関連する投稿


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

東野圭吾の人気作である「加賀恭一郎シリーズ」。阿部寛主演で「新参者」とテレビドラマ化され、2012年には、『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』も公開。その原作シリーズ10作目となる『祈りの幕が下りるとき』が2018年、ついに映画化されます。そこで今回は、そのみどころとあらすじをまとめてみました。


俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

映画やドラマだけじゃなくバラエティなどマルチに活躍する俳優大泉洋さん。天性の笑いのセンスを持ち、お茶の間を楽しませてくれていますが、ひとたび役を演じるとなると、抜群の演技力を誇る大泉さんの魅力をご紹介します。


出川哲朗レゴに声優で出演!話題の英語力や奥さんのことも掘り下げます!

出川哲朗レゴに声優で出演!話題の英語力や奥さんのことも掘り下げます!

ここ最近、改めてリアクション芸人としての座を手に入れ、各テレビ番組に引っ張りだこの出川哲郎さん。 他の追随を許さないリアクション芸だけならず、某謎解き冒険バラエティでは、その誰にも真似できない英語力も話題となりました。 そんな出川哲郎さんの軌跡を振り返って見ましょう。


小松菜奈の出演作品11選!『渇き。』『溺れるナイフ』ほか!演技の振れ幅が驚くほど広い演技派女優!

小松菜奈の出演作品11選!『渇き。』『溺れるナイフ』ほか!演技の振れ幅が驚くほど広い演技派女優!

若手女優の中でもトップクラスの演技力をほこる小松菜奈。最近ではBIGBANGのG-Dragonことジヨンとの熱愛報道も噂に…!そんな彼女が存在感を発揮する映画5選をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。