『東京喰種 トーキョーグール』赫子のビジュアルがついに解禁!

『東京喰種 トーキョーグール』赫子のビジュアルがついに解禁!

7月29日に公開を控える『東京喰種 トーキョーグール』の新ビジュアルが公開されました。公開されたのは、喰種が臨戦態勢になった時に体から出す武器“赫子”の姿です。主人公のカネキとヒロインのトーカが、赫子を出す姿がお披露目されています。今回公開されたビジュアルをその他キャストとともにご紹介します。


7月29日公開の『東京喰種 トーキョーグール』

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

石田スイ原作の人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』がいよいよ7月29日に公開されます。姿は人だが、人を襲い食べる怪物“喰種”。彼らは人に成りすましながら社会の中で生活しています。主人公のカネキがある事故で半分人間、半分喰種という存在になるところから物語が始まります。

赫子のビジュアルがついに公開

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

喰種の武器である赫子(カグネ)。そのビジュアルがついに公開されました。公開されたのはカネキとヒロインのトーカの赫子。体から出る不気味な姿が再現されています。カネキの赫子はまるでサソリのしっぽのような先端がハサミ状になっているもののようです。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

トーカの赫子はまるで羽のような形をしており、赤黒い色が不気味さを増しています。眼も臨戦態勢を示す赫眼(カクガン)状態となっていて、今にも襲い掛かりそうな迫力ある姿を見せています。映画の中で、この状態からどのようなアクションを見せてくれるのか楽しみですね。

喰種捜査官のクインケも

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

喰種を駆逐することを目的としている喰種捜査官が持つ武器“クインケ”の姿も、少しですが公開されています。クインケとは喰種の赫子から作られた、唯一赫子に対抗できる武器です。ベテラン捜査官の真戸の持つクインケはいくつもの関節があり、多彩な動きを見せてくれそうです。

再現度の高いキャラクターたち

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

キャスト達によるキャラクターの再現度が高いことも注目すべき点。主役の金木研を演じるのは、人気若手俳優の窪田正孝。半喰種になったことで赫眼を隠すことが出来ず、眼帯で片目を隠している姿が再現されています。赫子を使う姿も公開され、どのようなアクションを見せてくれるのか楽しみですね。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

ヒロインのトーカを演じるのは、清水富美加。自慢のロングヘアを30cmもばっさりカットして、片目を髪で隠した特徴的なヘアスタイルを忠実に再現しています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

喰種のマスクを作っているウタを演じるのは、坂東巳之助。全身ピアスとタトゥーだらけの衝撃的な姿を公開しています。自身も原作のファンであり、人気キャラクターを演じるにあたって近づけているか不安ながらもファンに受け入れられるウタを演じたいと意気込みを語っています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

村井國夫が演じるのは、喰種が集まる喫茶店あんていくのオーナー芳村。半分喰種になったカネキに喰種としてのふるまい方や居場所を与える穏やかな喰種を演じます。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

あんていくで働くカネキの先輩店員を演じるのは、浜野謙太。撮影を振り返って、和気あいあいとした現場で楽しかったと述べています。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

喰種捜査官に夫を殺され、あんていくに助けられて生活している笛口リョーコを、相田翔子が演じています。原作と同じ柔らかでおっとりとした雰囲気が出ていて、ピッタリな役柄です。

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

リョーコの娘である笛口雛実を演じているのは、桜田ひより。『脳内ポイズンベリー』や『にがくてあまい』にも出演していた若手女優です。夏には初の舞台出演も控えています。主人公のカネキを慕う雛実をどう演じるのか注目です。

夏にピッタリのスリルとアクション

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会

次々にビジュアルが明かされ、公開に向けて期待が高まっています。喰種VS人間の熾烈なバトルが繰り広げられる本作は、ぜひ劇場で観たいところです。さらなる情報公開も期待されるので、引き続き注目していきたいですね。

関連する投稿


鉄コン筋クリートのスタッフ最新作『ムタフカズ』犯罪都市を舞台にした圧倒的なビジュアルの秘密

鉄コン筋クリートのスタッフ最新作『ムタフカズ』犯罪都市を舞台にした圧倒的なビジュアルの秘密

『鉄コン筋クリート』『マインド・ゲーム』など魅力的な世界観の映画を数多く生み出したSTUDIO4℃の最新作『ムタフカズ』がついに公開!日仏合作の今世界中で注目される本作のあらすじ、そして多彩なキャスト陣、本作の圧倒的なビジュアルの魅力を紹介!アニメ映画が数多く作られる昨今、今最も観るべき作品のひとつである本作の魅力に迫ります!


『溺れるナイフ』のあらすじ・キャスト・本気で溺れる見どころ!

『溺れるナイフ』のあらすじ・キャスト・本気で溺れる見どころ!

10代という微妙な青春時期を浮雲町という神信仰がある小さな田舎町で描かれる本作。小松菜奈さんや菅田将暉さんを始めとする今日本映画会を代表する若手キャストに、10代の心理を描かしたら右に出るものはいないであろう、若き天才山戸結希監督がメガホンを撮ります。絶対的な美しいローケションも併さって、この世界に溺れることは間違いありません。そんな『溺れるナイフ』のあらすじやキャストや見どころについてまとめてみました。


10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

今、次世代が熱い⁉ 30代の黄金期世代には映画会のトップを走る女優がいて、そして20代には今の時代を彩る女優がいる。そして10代は今、新たな新風を巻き起こそうとしているのです。もう活躍している女優から、これからを担う女優まで紹介していきたいと思います。


映画『暗黒女子』あらすじ・キャスト【清水富美加×飯豊まりえでイヤミスを実写化】

映画『暗黒女子』あらすじ・キャスト【清水富美加×飯豊まりえでイヤミスを実写化】

2017年に公開された映画『暗黒女子』は秋吉理香子の同名小説が原作となっているミステリー作品です。清水富美と飯豊まりえがW主演を務め、他には清野菜名や玉城ティナなど若手俳優陣が名を連ねています。イヤな結末だが癖になる“イヤミス”作品としても注目されている『暗黒女子』。今回は映画『暗黒女子』について紹介します。


映画『モテキ』とは一体?美女に翻弄される“モテキ”再来⁉長澤まさみ出演♡

映画『モテキ』とは一体?美女に翻弄される“モテキ”再来⁉長澤まさみ出演♡

豪華女優陣が集結したことで話題になった2011年の映画『モテキ』。テレビドラマとして放送されていた「モテキ」の1年後を描いたストーリーとなっており、主演は同じく森山未來が務めました。そんな『モテキ』のあらすじやキャストの豪華な女優たちについて紹介します。


最新の投稿


『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』は、思い切り笑ってクリスマスを楽しめる映画。クリスマスにひとり、家族旅行に置いていかれた、8歳の少年と泥棒の戦いに爆笑できる作品。マコーレー・カルキンを一躍人気者にしたドロボー撃退コメディ・ムービーです。


おすすめ韓国ドラマ人気ランキング50

おすすめ韓国ドラマ人気ランキング50

大人気の韓国ドラマ!韓流はまだまだアツいですね♡そんな韓国ドラマの人気作品をランキング形式で、おすすめの50作品紹介いたします。ラブストーリーや感動系、コメディまで、何を観ても面白い‼あなたのお気に入りの作品はどれですか?


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。