ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

世界中にファンの多いアーティスト、アルベルト・ジャコメッティに焦点を当てた今作品。紙幣にもなった彼の晩年について、没後50年が過ぎた今、肖像画モデルを務めた青年の視点から迫っていきます。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のバルボッサで有名なジェフリー・ラッシュ主演。


アルベルト・ジャコメッティ

「ジャコメッティ展」展示品「歩く男」

アルベルト・ジャコメッティ。
スイス出身でパリで大成功したアーティストです。
長く引き伸ばされたような人物の彫刻作品で有名なジャコメッティですが、絵画なども手掛けており、今作では肖像画に焦点を当てています。
題名を和訳するならズバリ「最後の肖像画」。

亡くなってから価値を見出されるタイプとは違い、彼は生前から大人気でした。
人々からの評価が高いこともあってか、100スイスフラン紙幣に肖像が使われているんです。

今年に入ってからも世界のアートファンの憧れ&訪れたいと人気のロンドンのテート・モダンや、カタールのドーハなどで展覧会も開かれました。
親交のあったスペインの画家パブロ・ピカソと共同で催されたのです。
ヨーロッパの鬼才二人がそろい踏みとはなんとも豪華です。

また、ここ日本でただいま大回顧展「ジャコメッティ展」が開催されています。
初期から晩年までの彫刻、油彩、素描、版画など約130点が展示されていますよ。

6/14(水)~9/4(月)
国立新美術館にて開催

10/14(土)~12/24(日)
豊田市美術館にて開催

ジャコメッティの晩年

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

1964年のフランス・パリ。
肖像画のモデルを引き受けたアメリカ人の青年が、制作に苦悩するジャコメッティを間近に見つめて綴った話。
晩年のジャコメッティに焦点をあてた今作です。

2018年1月、東京から順次に公開。

主役はジェフリー・ラッシュ

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

キャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney.All Rights Reserved.

ジェフリー・ラッシュ-(C)CaptPics/Camera press/AFRO

主役のジャコメッティを演じるのは実力派オスカー俳優、ジェフリー・ラッシュ。
オーストラリア出身の俳優として初めてアカデミー主演男優賞に輝いた、素晴らしい経歴の持ち主なんです。たしかに彼の演技を見れば納得ですよね。
ちなみに、1996年『シャイン』でアカデミー主演男優賞を取りました。

彼といえば『パイレーツ・オブ・カリビアン』でのバルボッサというイメージの人もいるのではないでしょうか。

ドラマシリーズでもアインシュタイン役を演じるなど、演技の幅が広い俳優さんですね。

スタンリー・トゥッチ監督が惚れ込んだ才能

N.Y.のガラパーティに出席したスタンリー・トゥッチ&フェリシティ・ブラント-(C)AP/AFRO

ローガン・ラーマン&アレクサンドラ・ダダリオ&トール・プイデンタール監督&スタンリー・トゥッチ/『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』-(C)2013 Twenties Century Fox.

メガホンを取ったのは自身も俳優として活躍するスタンリー・トゥッチ。
彼は俳優として『プラダを着た悪魔』などに出演。
監督としても4作品を制作しています。

映画誕生のきっかけも、スタンリーが昔からジャコメッティの大ファンだったことから。
ジャコメッティをテーマにした脚本は10年以上前に完成させていたと言いますから、今作に対しての本気度が伺えます。
温められていたこの企画が実現することになったのは、ジャコメッティの没後50年にあたる昨年。なにか運命のようなものを感じさせられます。

ロード役は若手イケメン、アーミー・ハマー

アーミー・ハマー-(C)Getty Images

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

肖像画のモデルとなりジャコメッティと出会う青年、ジェームズ・ロードを演じるのは若手イケメン俳優のアーミー・ハマー。
『ソーシャル・ネットワーク』で注目されたあと『コードネームU.N.C.L.E.』に出演。
ドラマでは「ゴシップガール」などにも出ていました。

実は彼、天からたくさんのものを与えられて生まれてきたんです。
まず彼自身が高身長で美形。父親は会社の社長さんと裕福な生まれ。
奥さまはTVタレント&モデルの美人な方で、子供にも恵まれています。
極めつけは曽祖父が有名な石油王の一人ということ。

そんな家系もあってか、俳優をするにあたって家族から反対があったようですが、今は認められ応援されています。

彼の人生もなんだか映画になっちゃいそうですね。

関連する投稿


今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

映画業界がメチャクチャ元気だった80年代から、その美貌とアバンギャルドなカッコよさで人気者だったヘレナ・ボナム=カーター。彼女は若い頃から頭脳明晰で生きるための判断能力に長け、迷いなく名門ケンブリッジ大学を蹴って演技の世界に没頭します。生まれ持った行動力も手伝って、早くに成功を収めて世界中の注目を浴びた彼女は、その独特な雰囲気を活かして精力的に映画出演をし続けてきました!イカれた悪女キャラが定着している彼女ですが、私生活、オフィシャルの両方で、事実婚している映画監督ティム・バートンに13年もの間ずっと尽くして共に戦い映画界の一時代を作り上げた、強くて健気な女性。そんな彼女の生き様や趣向、代表的な出演作品にフォーカスしてみました。


クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います!


『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

世界中の映画賞で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me By Your Name)』。17歳と24歳の男性2人による淡い恋愛模様や恋の痛みが描かれた本作は、日本では2018年4月に公開され話題を呼びました。今回は『君の名前で僕を呼んで』について紹介します。


オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルの魅力とおすすめ作品!

オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルの魅力とおすすめ作品!

スウェーデンとフィンランドの血を引く、可憐で可愛らしい雰囲気が魅力的なアリシア・ヴィキャンデルは、か弱そうなその風貌とは違い何者にも流されない精神を持ち、常に健気で向上心を忘れない強い女性です。そんな彼女の魅力を、おすすめ作品を絡めながら紹介していきたいと思います。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。