ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

世界中にファンの多いアーティスト、アルベルト・ジャコメッティに焦点を当てた今作品。紙幣にもなった彼の晩年について、没後50年が過ぎた今、肖像画モデルを務めた青年の視点から迫っていきます。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のバルボッサで有名なジェフリー・ラッシュ主演。


アルベルト・ジャコメッティ

「ジャコメッティ展」展示品「歩く男」

アルベルト・ジャコメッティ。
スイス出身でパリで大成功したアーティストです。
長く引き伸ばされたような人物の彫刻作品で有名なジャコメッティですが、絵画なども手掛けており、今作では肖像画に焦点を当てています。
題名を和訳するならズバリ「最後の肖像画」。

亡くなってから価値を見出されるタイプとは違い、彼は生前から大人気でした。
人々からの評価が高いこともあってか、100スイスフラン紙幣に肖像が使われているんです。

今年に入ってからも世界のアートファンの憧れ&訪れたいと人気のロンドンのテート・モダンや、カタールのドーハなどで展覧会も開かれました。
親交のあったスペインの画家パブロ・ピカソと共同で催されたのです。
ヨーロッパの鬼才二人がそろい踏みとはなんとも豪華です。

また、ここ日本でただいま大回顧展「ジャコメッティ展」が開催されています。
初期から晩年までの彫刻、油彩、素描、版画など約130点が展示されていますよ。

6/14(水)~9/4(月)
国立新美術館にて開催

10/14(土)~12/24(日)
豊田市美術館にて開催

ジャコメッティの晩年

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

1964年のフランス・パリ。
肖像画のモデルを引き受けたアメリカ人の青年が、制作に苦悩するジャコメッティを間近に見つめて綴った話。
晩年のジャコメッティに焦点をあてた今作です。

2018年1月、東京から順次に公開。

主役はジェフリー・ラッシュ

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

キャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney.All Rights Reserved.

ジェフリー・ラッシュ-(C)CaptPics/Camera press/AFRO

主役のジャコメッティを演じるのは実力派オスカー俳優、ジェフリー・ラッシュ。
オーストラリア出身の俳優として初めてアカデミー主演男優賞に輝いた、素晴らしい経歴の持ち主なんです。たしかに彼の演技を見れば納得ですよね。
ちなみに、1996年『シャイン』でアカデミー主演男優賞を取りました。

彼といえば『パイレーツ・オブ・カリビアン』でのバルボッサというイメージの人もいるのではないでしょうか。

ドラマシリーズでもアインシュタイン役を演じるなど、演技の幅が広い俳優さんですね。

スタンリー・トゥッチ監督が惚れ込んだ才能

N.Y.のガラパーティに出席したスタンリー・トゥッチ&フェリシティ・ブラント-(C)AP/AFRO

ローガン・ラーマン&アレクサンドラ・ダダリオ&トール・プイデンタール監督&スタンリー・トゥッチ/『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』-(C)2013 Twenties Century Fox.

メガホンを取ったのは自身も俳優として活躍するスタンリー・トゥッチ。
彼は俳優として『プラダを着た悪魔』などに出演。
監督としても4作品を制作しています。

映画誕生のきっかけも、スタンリーが昔からジャコメッティの大ファンだったことから。
ジャコメッティをテーマにした脚本は10年以上前に完成させていたと言いますから、今作に対しての本気度が伺えます。
温められていたこの企画が実現することになったのは、ジャコメッティの没後50年にあたる昨年。なにか運命のようなものを感じさせられます。

ロード役は若手イケメン、アーミー・ハマー

アーミー・ハマー-(C)Getty Images

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

肖像画のモデルとなりジャコメッティと出会う青年、ジェームズ・ロードを演じるのは若手イケメン俳優のアーミー・ハマー。
『ソーシャル・ネットワーク』で注目されたあと『コードネームU.N.C.L.E.』に出演。
ドラマでは「ゴシップガール」などにも出ていました。

実は彼、天からたくさんのものを与えられて生まれてきたんです。
まず彼自身が高身長で美形。父親は会社の社長さんと裕福な生まれ。
奥さまはTVタレント&モデルの美人な方で、子供にも恵まれています。
極めつけは曽祖父が有名な石油王の一人ということ。

そんな家系もあってか、俳優をするにあたって家族から反対があったようですが、今は認められ応援されています。

彼の人生もなんだか映画になっちゃいそうですね。

関連する投稿


『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

世界中の映画賞で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me By Your Name)』。17歳と24歳の男性2人による淡い恋愛模様や恋の痛みが描かれた本作は、日本では2018年4月に公開され話題を呼びました。今回は『君の名前で僕を呼んで』について紹介します。


【ネタバレあり】ハイ・ファッションだけじゃない!今更聞けない『プラダを着た悪魔』の魅力

【ネタバレあり】ハイ・ファッションだけじゃない!今更聞けない『プラダを着た悪魔』の魅力

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルの魅力とおすすめ作品!

オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルの魅力とおすすめ作品!

スウェーデンとフィンランドの血を引く、可憐で可愛らしい雰囲気が魅力的なアリシア・ヴィキャンデルは、か弱そうなその風貌とは違い何者にも流されない精神を持ち、常に健気で向上心を忘れない強い女性です。そんな彼女の魅力を、おすすめ作品を絡めながら紹介していきたいと思います。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。


【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

6/15(金)、6/16(土)に公開される映画を一挙ご紹介。これまでドラマ化などで大きな注目を集め続ける池井戸潤原作を長瀬智也主演で映画化した『空飛ぶタイヤ』や、『ルーム』で一躍有名となった子役、ジェイコブ・トレンブレイ最新作『ワンダー 君は太陽』など、期待作が続々公開されます。


最新の投稿


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!