ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

ジャコメッティの世界に迫る『Final Portrait』

世界中にファンの多いアーティスト、アルベルト・ジャコメッティに焦点を当てた今作品。紙幣にもなった彼の晩年について、没後50年が過ぎた今、肖像画モデルを務めた青年の視点から迫っていきます。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のバルボッサで有名なジェフリー・ラッシュ主演。


アルベルト・ジャコメッティ

「ジャコメッティ展」展示品「歩く男」

アルベルト・ジャコメッティ。
スイス出身でパリで大成功したアーティストです。
長く引き伸ばされたような人物の彫刻作品で有名なジャコメッティですが、絵画なども手掛けており、今作では肖像画に焦点を当てています。
題名を和訳するならズバリ「最後の肖像画」。

亡くなってから価値を見出されるタイプとは違い、彼は生前から大人気でした。
人々からの評価が高いこともあってか、100スイスフラン紙幣に肖像が使われているんです。

今年に入ってからも世界のアートファンの憧れ&訪れたいと人気のロンドンのテート・モダンや、カタールのドーハなどで展覧会も開かれました。
親交のあったスペインの画家パブロ・ピカソと共同で催されたのです。
ヨーロッパの鬼才二人がそろい踏みとはなんとも豪華です。

また、ここ日本でただいま大回顧展「ジャコメッティ展」が開催されています。
初期から晩年までの彫刻、油彩、素描、版画など約130点が展示されていますよ。

6/14(水)~9/4(月)
国立新美術館にて開催

10/14(土)~12/24(日)
豊田市美術館にて開催

ジャコメッティの晩年

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

1964年のフランス・パリ。
肖像画のモデルを引き受けたアメリカ人の青年が、制作に苦悩するジャコメッティを間近に見つめて綴った話。
晩年のジャコメッティに焦点をあてた今作です。

2018年1月、東京から順次に公開。

主役はジェフリー・ラッシュ

『Final Portrait』(原題)(C)Final Portrait commissioning Limited 2016

キャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney.All Rights Reserved.

ジェフリー・ラッシュ-(C)CaptPics/Camera press/AFRO

主役のジャコメッティを演じるのは実力派オスカー俳優、ジェフリー・ラッシュ。
オーストラリア出身の俳優として初めてアカデミー主演男優賞に輝いた、素晴らしい経歴の持ち主なんです。たしかに彼の演技を見れば納得ですよね。
ちなみに、1996年『シャイン』でアカデミー主演男優賞を取りました。

彼といえば『パイレーツ・オブ・カリビアン』でのバルボッサというイメージの人もいるのではないでしょうか。

ドラマシリーズでもアインシュタイン役を演じるなど、演技の幅が広い俳優さんですね。

スタンリー・トゥッチ監督が惚れ込んだ才能

N.Y.のガラパーティに出席したスタンリー・トゥッチ&フェリシティ・ブラント-(C)AP/AFRO

ローガン・ラーマン&アレクサンドラ・ダダリオ&トール・プイデンタール監督&スタンリー・トゥッチ/『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』-(C)2013 Twenties Century Fox.

メガホンを取ったのは自身も俳優として活躍するスタンリー・トゥッチ。
彼は俳優として『プラダを着た悪魔』などに出演。
監督としても4作品を制作しています。

映画誕生のきっかけも、スタンリーが昔からジャコメッティの大ファンだったことから。
ジャコメッティをテーマにした脚本は10年以上前に完成させていたと言いますから、今作に対しての本気度が伺えます。
温められていたこの企画が実現することになったのは、ジャコメッティの没後50年にあたる昨年。なにか運命のようなものを感じさせられます。

ロード役は若手イケメン、アーミー・ハマー

アーミー・ハマー-(C)Getty Images

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『コードネーム U.N.C.L.E.』(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

肖像画のモデルとなりジャコメッティと出会う青年、ジェームズ・ロードを演じるのは若手イケメン俳優のアーミー・ハマー。
『ソーシャル・ネットワーク』で注目されたあと『コードネームU.N.C.L.E.』に出演。
ドラマでは「ゴシップガール」などにも出ていました。

実は彼、天からたくさんのものを与えられて生まれてきたんです。
まず彼自身が高身長で美形。父親は会社の社長さんと裕福な生まれ。
奥さまはTVタレント&モデルの美人な方で、子供にも恵まれています。
極めつけは曽祖父が有名な石油王の一人ということ。

そんな家系もあってか、俳優をするにあたって家族から反対があったようですが、今は認められ応援されています。

彼の人生もなんだか映画になっちゃいそうですね。

関連する投稿


【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

6/15(金)、6/16(土)に公開される映画を一挙ご紹介。これまでドラマ化などで大きな注目を集め続ける池井戸潤原作を長瀬智也主演で映画化した『空飛ぶタイヤ』や、『ルーム』で一躍有名となった子役、ジェイコブ・トレンブレイ最新作『ワンダー 君は太陽』など、期待作が続々公開されます。


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』宿敵バルボッサ66歳!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』宿敵バルボッサ66歳!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第1作目から出演する人気キャラクター・バルボッサ役を演じるオスカー俳優、ジェフリー・ラッシュが7月6日、66歳の誕生日を迎えました。そんな彼に届いている共演者からコメントと共にジェフリー・ラッシュをご紹介します!


新キャラクター登場!人気シリーズの続編『カーズ/クロスロード』

新キャラクター登場!人気シリーズの続編『カーズ/クロスロード』

ディズニー/ピクサーによる大ヒットシリーズ『カーズ』の最新作が公開されます。主人公のマックィーンほか、ラジエーター・スプリングスのおなじみの面々に加えて、ストームとクルーズという新キャラも登場!ますますパワーアップした『カーズ/クロスロード』の魅力に迫ります。


オーランド・ブルームが10年ぶりに復帰!『パイレーツ』最新予告!みどころ&キャスト解説

オーランド・ブルームが10年ぶりに復帰!『パイレーツ』最新予告!みどころ&キャスト解説

7月1日公開予定の大人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。約6年ぶりとなる第5作目の最新予告が公開されました!


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。