ナチス政権に抵抗した夫婦の感動の実話『ヒトラーへの285枚の葉書』

ナチス政権に抵抗した夫婦の感動の実話『ヒトラーへの285枚の葉書』

ペンと葉書を武器に、ナチス政権への抵抗を続けた夫婦の実話をもとにした小説「ベルリンに一人死す」が映画化され、『ヒトラーへの285枚の葉書』という邦題で7月8日より公開されます。監督、脚本はヴァンサン・ペレーズ、夫婦を演じるのはエマ・トンプソンとブレンダン・グリーソンです。映画のみどころや原作、キャストなどを紹介します。


あらすじ

『ヒトラーへの285枚の葉書』ポスター (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

第二次世界大戦中の1940年、ナチス政権下のドイツに暮らすオットーとアンナのクヴァンゲル夫妻のもとに、最愛の一人息子ハンスが戦死したとの知らせが届く。悲しみにくれる中、おもむろにペンをとったオットーは、「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう。」と怒りのメッセージを葉書に記し、それをこっそり街中に置いてきた。
その後もオットーは、ナチスとヒトラーを弾劾する内容の葉書を書いては、公共施設に放置するというささやかなレジスタンス行為を繰り返していた。はじめは冷ややかな目で見ていたアンナも、徐々に協力するようになる。しかし、ゲシュタポの捜査の手は確実に二人に迫っていた。

原作は実話をもとにしたベストセラー「ベルリンに一人死す」

『ヒトラーへの285枚の葉書』 (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

原作は20世紀前半にドイツで活躍した作家、ハンス・ファラダのベストセラー「ベルリンに一人死す」です。彼は第二次世界大戦後、ゲシュタポの捜査記録をもとにこの作品の執筆をはじめました。ファラダ自身、戦時中はナチス・ドイツに目をつけられており、自分の思うような創作活動ができずにいました。それゆえ、物語の主人公となったクヴァンゲル夫妻の行動にいろいろと思うところがあったのでしょう。600ページにものぼるこの作品を、わずか2ヶ月ほどで書き上げてしまいます。そしてその数ヶ月後に、ファラダは長年の薬物摂取などが原因でこの世を去りました。

ドイツでは知名度も高く、人気作家の一人ですが、国外に名が知れわてるようになったのは21世紀になってからでした。「ベルリンに一人死す」も英訳完全版が出版されたのは2010年とわずか7年前のことです。

映画版とは設定が異なる箇所も少しあるので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか?

監督は俳優としても有名なヴァンサン・ペレーズ

ブレンダン・グリーソン&監督/『ヒトラーへの285枚の葉書』  (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

監督そして脚本を手掛けるのは、『王妃マルゴ』『インドシナ』などで俳優として有名なヴァンサン・ペレーズです。最近は監督・脚本も手掛けており、彼にとって今作は3作目の監督作品になります。

この映画を撮るきっかけとして、彼は先祖のことを語っています。スペイン人の父とドイツ人の母をもつペレーズ監督の先祖も、多くは第二次世界大戦に巻き込まれて亡くなったそうです。しかしフランス人として生きてきた彼がナチス・ドイツ時代を描いた映画を撮るというのは予想以上に難しく、構想から8年を経てようやく公開にいたりました。

妻のアンナ役はエマ・トンプソン

エマ・トンプソン(「メリー・ポピンズ」原作者P.L.トラヴァース役)/『ウォルト・ディズニーの約束』 - (c)2013 Disney Enterprises, Inc.

妻のアンナを演じるのは『ハワーズ・エンド』『いつか晴れた日に』で二度のオスカーを手にし、『ハリー・ポッター』シリーズのトレローニ教授でもおなじみのエマ・トンプソンです。

彼女はアンナについて、自身と比較し「私は高等教育を受けることができ、知識を得ることで自信を持つことができたが、恵まれない境遇で狭い世界で生きてきたアンナが生きる目的をみつけ、自発的になっていくことが素晴らしい」と語っています。この役に並々ならぬ情熱を注いでいるようなので、彼女の演技が楽しみです。

夫のオットー役はブレンダン・グリーソン

エマ・トンプソン&ブレンダン・グリーソン&監督/『ヒトラーへの285枚の葉書』  (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

夫のオットーを演じるのは、『未来を花束にして』のほか、エマ・トンプソンと同じく『ハリー・ポッター』シリーズのマッドアイ・ムーディ教授を演じたブレンダン・グリーソンです。彼は今作でエマ・トンプソンと共演できることをとても喜び、この映画について、「息子の死で打撃を受けて消えかけた夫婦の愛情が再び燃え上がる美しい物語」と分析しています。

夫婦を追い詰める警部役にはダニエル・ブリュール

ふたりを追い詰めるゲシュタポのエッシェリヒ警部を演じるのは、『グッバイ・レーニン!』で一躍有名になり、最近では『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出演し国際的な活躍をみせるダニエル・ブリュールです。

彼は、自分が演じたエッシェリヒ警部について「ナチスの賛同者ではなかったが、事件解決が難航し、圧力をかけられ恐怖心から自分の信念や価値観を捨て去ってしまう。彼の存在は当時のドイツの典型的な市民の姿だ」と語っています。

手に汗にぎる緊迫の攻防劇

『ヒトラーへの285枚の葉書』 (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

ヴァンサン・ペレーズ監督&ダニエル・ブリュール『ヒトラーへの285枚の葉書』メイキング  (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

ヒトラーやナチス政権への抵抗が死を意味するこの時代。クヴァンゲル夫婦の活動はとてもささやかなものでしたが、それでも命がけの行動でした。彼らを追い詰めるゲシュタポとのかけひきがまさに手に汗握る展開で、ハラハラすること間違いなしです。

夫婦の絆を再確認。お互いへの愛と思いやりに感動!

『ヒトラーへの285枚の葉書』 (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

息子の死をきっかけに、ナチス政権への疑問を抱きはじめたクヴァンゲル夫妻。レジスタンス活動を続ける中で、お互いへの愛情や思いやりを再確認し絆を深めていきます。戦争という負のできごとがなければ分からなかったことかもしれないと思うと少しやるせないですが、我々現代人にとっても通じるところはあると思うので、要チェックです!

まとめ

『ヒトラーへの285枚の葉書』 (C) X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

戦争が生む怒りや悲しみはもちろん、夫婦の愛や人々の苦悩、葛藤など、さまざまなことを感じられる映画になっています。ぜひ劇場でお楽しみください!

この記事のライター

関連する投稿


『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレ・予想・考察・日本公開日など最新情報!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレ・予想・考察・日本公開日など最新情報!

2019年4月26日(金)に公開される『アベンジャーズ/エンドゲーム』。最近のアメコミ映画ブームを牽引するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)による『アベンジャーズ』シリーズの最新作です。衝撃のラストを迎えた前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編とあって、注目を集めている本作。現段階までに出ている情報についてや、展開の予想・考察などをご紹介していきます!


アベンジャーズ インフィニティー・ウォーで死亡してしまったキャラと生き延びたキャラクターを解説!【ネタバレ&考察】

アベンジャーズ インフィニティー・ウォーで死亡してしまったキャラと生き延びたキャラクターを解説!【ネタバレ&考察】

2018年4月に公開された衝撃の話題作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、あなたはもうチェックしましたか?大人気『アベンジャーズ』シリーズの3作目にして、なんとヒーローたちの敗北を描いた本作。登場キャラクター数も多く、戦いの結果誰が生き残って誰が死んでしまったのか、きちんと把握しているでしょうか?今年4月26日(金)には続編である『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開も控えているので、新作の前にぜひ読んでおきたい内容をまとめました。


『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

2017年に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』。過去に映画化されていた『スパイダーマン』シリーズとは何が違うの?と思っている方もいるのではないでしょうか?過去のシリーズと同じキャラクターでありながら、また新しい世界でのスパイダーマンの活躍を描いている本作。今年2019年には続編の公開も決定しており、さらに波にのる新生スパイダーマンシリーズ。そんな『スパイダーマン:ホームカミング』についてまとめました。


ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートンがカメレオン女優と呼ばれているのはご存知ですか?どの作品を始めに観たかでガラっと印象が違う彼女。デビュー2作目が『007 慰めの報酬』のボンドガール役という超エリートな女優さんなのに、肩ひじ張らない自然さが魅力的!彼女のお勧め作品をピックアップしたので是非見てみてください!


『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


最新の投稿


『きょうのキラ君』あらすじ・キャストは?魅力をたっぷり紹介!

『きょうのキラ君』あらすじ・キャストは?魅力をたっぷり紹介!

『きょうのキラ君』は、みきもと凜さんの人気恋愛コミックの実写映画化作品です。ピュアで切ない恋愛模様が描かれている本作。主演は中川大志さんと飯豊まりえさんというフレッシュな2人が務めました。今回はそんな本作のあらすじやキャストなど魅力をたっぷり紹介!


エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

ミステリアスな演技派美人女優エヴァ・グリーン。『007 カジノ・ロワイヤル』での彼女の"挑戦的な女" と "弱い少女"の2面性でギャップ萌えしたファンも多いのではないでしょうか?ここでは、そんな魅惑的なボンドガールを演じた彼女のこれまでの出演映画を辿りながらその魅力に迫ります。是非ご覧くださいね。


ジェニファー・ロペス出演作品おすすめ13選!恋多き歌姫の新恋人は?

ジェニファー・ロペス出演作品おすすめ13選!恋多き歌姫の新恋人は?

世界の歌姫ジェニファー・ロペスが出演している映画・ドラマの中からおすすめ13作品をご紹介します。また、彼女の恋愛遍歴や歌手としての活動、ファッションまで幅広く触れていきます。気になる現在の恋人は?最新のゴシップも合わせてお届けします!


イタリア映画おすすめ人気作10選!この冬、芸術を感じたい!

イタリア映画おすすめ人気作10選!この冬、芸術を感じたい!

イタリア映画は好きですか?自分にも投影できるような現実的な物語が多く、イタリアならではの美しい街並み、何気なく切り取った生活スタイルの情景にも芸術性を感じる作品の数々...。ここでは2000年代にフォーカスしてイタリアの作品を紹介しています。あまり意識してなかった方も、是非蓋を開けてみてください!


ハリー・ポッター登場人物一覧!キャストその後・現在とは…!

ハリー・ポッター登場人物一覧!キャストその後・現在とは…!

世界中で魔法ブームを巻き起こした映画ハリー・ポッターシリーズ。その大きな魅力は個性豊かなキャラクターたち。子役だった彼らは今、どのような活躍を見せているのでしょうか?今回はハリー・ポッターシリーズの登場人物を一覧にまとめ、キャストのその後や現在の様子を紹介します。意外なあの人の成長ぶりに驚くはず!