8/26公開!映画『パターソン』のあらすじと見どころを紹介!

8/26公開!映画『パターソン』のあらすじと見どころを紹介!

8/26公開映画、監督ジムジャームッシュ最新作『パターソン』。本作は俳優の永瀬正敏さんも出演されている映画として注目されています。今回は映画『パターソン』の内容と見どころについてご紹介します。


今作の気になる内容は?

『パターソン』(c)2016Inkjet Ink.All Rights Reserved.

ニュージャージー州パターソンに住む、バスの運転手パターソン。彼の1日は、朝、隣に眠る妻ローラにキスをしてから始まる。いつものように仕事に出かけ、乗務をこなす中で、心に浮かんだ詩を秘密のノートに書きとめていく。仕事の後は妻と夕食をとり、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅し、また妻の隣で眠りにつく――。

そんな代わり映えのしないパターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いとともに描きだす7日間の物語です。

今作の見どころ!シンプルなライフスタイルを切り取る極上の映画

『パターソン』(c)2016Inkjet Ink.All Rights Reserved.

『パターソン』(c)2016Inkjet Ink.All Rights Reserved.

今作は、パターソンという町でパターソンというバス運転手の7日間を切り取った物語。社会の歯車の一つになって、周期的な日常を送っている人は多いと思います。しかし、そんな日常に色を付けたように新しい出会いがある。いつもと変わらないシンプルな日々で忘れていた、人と出会う喜びを思い出させ、明日を迎えるのが少し楽しみになるような映画それが『パターソン』なのかもしれません。

永瀬正敏も出演!

『パターソン』(c)2016Inkjet Ink.All Rights Reserved.

今作では、日本人俳優の永瀬正敏さんも出演しています。ジムジャームッシュ作品では1989年に公開された映画『ミステリートレイン』以来、約28年ぶり。役柄は謎の詩人という設定で、トレイラーの中で主役のパターソンとベンチに座り、何気ない会話を交わしています。また永瀬さんらしい少しゆるさをもった演技が最高です。どのように物語と絡んでくるのか、(絡まない可能性もあるが...)楽しみですね!

監督ジムジャー・ムッシュとは

ジム・ジャームッシュ監督/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images

今作の製作を務めたジムジャー・ムッシュさんはアメリカ出身の監督です。卒業制作作品である『パーマネント・バケーション』で注目を浴び、1984年の二作目にあたる『ストレンジャー・ザン・パラダイス』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール賞を受賞しています。彼の作品は物語自体とくに起伏もなく淡々と進んでいくのが特徴です。しかし、彼の映画はワンカットごとがオムニバス作品のような物語がつまっていて、それなのにエンドロールではきちんと一つの物語として完結させ、観た人に充足感を与えてくれる。これが彼の作品の魅力だと思います。ぜひ『パターソン』を観る前に他の作品も観てほしいと思います。

今作の出演陣の紹介!

『パターソン』(c) 2016Ink jet Ink.All Rights Reserved.

パターソン役を演じるアダム・ドライバー

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo: Nahoko Suzuki

『沈黙ーサイレンス』(c)2016 FM Films,LLC All Rights Reserved.

映画『パターソン』の主役を演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でカイロ・レン役を演じたことで注目を浴びたアダム・ドライバーさんです。その他出演作品ではマーティン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンス』に出演しています。これからの活躍が期待される俳優です。

妻ローラ役を演じるのはゴルシフテ・ファラハニ

『パターソン』(c)2016Inkjet Ink.All Rights Reserved.

妻ローラ役を演じるのはイラン出身の女優ゴルシフテ・ファラハニさん。リドリースコット監督作『ワールド・オブ・ライズ』(08)でハリウッド進出を果たしました。また7/1に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作にも出演しています。さらに『世界で最も美しい顔100人』では2014年6位、2015年5位にランキングされ、美しさの面でも評価されています。ぜひシアターでその美貌を目の当たりにしてみてください。

まとめ

『パターソン』2016(c)Inkjet Ink.All Rights Reserved.

映画『パターソン』はジムジャー・ムッシュらしい、何気ない日常を切り取った、どこか、パターソンと自己を重ねてしまうようなそんな作品になっていると思います。ぜひ、劇場でご覧になってください。

関連する投稿


【今週末公開の映画】7/6~『虹色デイズ』『バトル・オブ・セクシーズ』

【今週末公開の映画】7/6~『虹色デイズ』『バトル・オブ・セクシーズ』

7/6(金)、7/7(土)に公開される映画を一挙ご紹介。集英社「別冊マーガレット」に連載された人気少女マンガ『虹色デイズ』実写化や、スポーツ界だけでなく、その後様々業界で男女間の格差を埋める動きが起きたと行っても過言でないテニス試合『バトル・オブ・セクシーズ』など、期待作が盛りだくさんです!


『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

出演者が揃って「宣伝不可能!」と言ってしまうほど、ぶっ飛んだストーリー展開と、ぶっ飛んだキャラクターが勢ぞろいの『パンク侍、斬られて候』これまでの邦画にないインパクトが炸裂する本作の魅力を、「可能な限り」まとめてみました!(なんたって出演者が説明できないというほどですから!)


【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

6/8(金)、6/9(土)に公開される映画を一挙ご紹介。カンヌ国際映画祭にて、およそ20年以来の日本人パルムドール受賞を成し遂げた『万引き家族』や、山崎賢人主演、上白石姉妹共演のドラマ映画『羊と鋼の森』など、期待作が続々公開されます。


スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

巨匠M・スコセッシ監督が約30年あたため、ついに日の目を見ることとなった『沈黙-サイレンス-』。17世紀初頭のキリシタン弾圧が激化する日本を舞台に、一人の宣教師が信仰の意義と神の本質を見つめなおす物語です。主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、日米の豪華俳優陣が集結した今作のあらすじやみどころを紹介していきます。


『ローガン・ラッキー』公開決定記念!泥棒映画の傑作まとめ

『ローガン・ラッキー』公開決定記念!泥棒映画の傑作まとめ

11月18日公開が決定した、スティーヴン・ソダーバーグ監督復帰作にして、あの『オーシャンズ』シリーズを彷彿とさせる痛快クライム・エンターテインメント『ローガン・ラッキー』。 ここではその魅力をご紹介するとともに、痛快な“泥棒ムービー”の数々をご紹介致します。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。