葵わかな&高杉真宙のW主演!『逆光の頃』のあらすじ&みどころを紹介!

葵わかな&高杉真宙のW主演!『逆光の頃』のあらすじ&みどころを紹介!

葵わかなと高杉真宙がそれぞれヒロインと主人公を演じる注目の邦画『逆光の頃』のあらすじとみどころ、キャストのコメントなどをご紹介します。


葵わかなと高杉真宙が恋する幼なじみに!『逆光の頃』ってどんな映画?

『逆光の頃』(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

『陽だまりの彼女』や『罪の余白』で活躍を見せ、次期公開する連続テレビ小説でヒロインとしての出演が決定している美少女葵わかなと、『カルテット!』や『ぼんとリンちゃん』で主演をつとめたイケメン俳優高杉真宙が幼馴染を演じる『逆光の頃』。日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきを描いた映画です。

『逆光の頃』のあらすじ

『逆光の頃』 (C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

日本の歴史を感じさせる古都、京都。京都生まれの京都育ち、どこにでもいるような平凡な高校2年生の赤田孝豊は、同級生たちとの友情やケンカ、幼なじみの女の子への恋などを経験。

思春期のただ中にいる彼は、人生に対する漠然とした不安を抱えながら、一歩前に進みだそうとします。

今注目を集める高杉真宙と葵わかなとのW主演ということもあって、恋愛の要素が物語内で重要な位置に置かれることになりそうですが、どうでしょうか?

原作は「コップのフチ子」の原案者が描いた人気コミック!

『逆光の頃』 (C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

あの「コップのフチ子」の発案者が漫画家だったって、ご存じでしたか?『逆光の頃』の原作は、「コップのフチ子」を考案した漫画家タナカカツキによる同名の人気コミック。ギャグイラスト「バカドリル」などでも一部の熱い人気を獲得。2009年に発売された原作はその叙情性が高い評価を受けています。

『逆光の頃』 (C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

映画では、全12編からなる原作から、ことさら評価が高い「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編をピックアップし、さらに映画オリジナルの部分を追加して撮影、編集しています。

『逆光の頃』のみどころ

『逆光の頃』の見どころのひとつは、全編通して描かれる高杉さん演じる主人公・孝豊の揺れうごく、みずみずしい感情です。自分がこれからどこに向かうのかわからず、漠然とした不安に身動きがとれないでいる主人公の表情が印象的。また、そんな彼を明るく照らす幼なじみ・みこと(葵わかな)の愛らしく快活な存在感と、やさしい京ことばが光ります。ロケがおこなわれた古都・京都の歴史ある建築物やしとしとと降る雨などの情景も必見。

主人公を演じた高杉真宙のコメント!

主人公を演じた高杉真宙は「葵わかなさんとは、共演するのは初めてですが、一緒に演技をしていて落ち着く方でした」と話し、幼なじみという設定通り、違和感なくセリフの掛け合いをできたそう。またお気に入りのシーンについては、「特に好きなのは、夜の学校のシーン。あとは、僕は出演していないシーンなのですが、みことが『家に帰るよ』とお父さんを連れて帰るところです。あんなにナチュラルに演技ができるんだなぁ…とたくさんの刺激をいただきました」とコメント。葵わかなとの共演を含め、本作への出演を楽しむことができ、経験値を積むこともできたようですね!

ヒロインを演じた葵わかなのコメント!

ヒロインをつとめた葵わかなは、今回のオファーを聞いたときは、“ヒロイン”という役に驚いたそう。「台本と原作を読むと世界観がしっかりしている作品だったので、撮影前はその作品の雰囲気をうまく出せるか、役に馴染めるか、とばかり考えていました」と告白。また実際に現場に入ってからは、「監督や孝豊役の高杉さん、方言指導の方とリハーサルやディスカッションを重ねて撮影に挑んだので、一緒に作品を作らせてもらえてるように日々感じられて、とても楽しかったです」とふり返りました。最初は不安があったようですが、しっかりと準備を重ねて役にのぞみ、多くの人々の助力を得てヒロインを演じきることができましたね!

『逆光の頃』は現在絶賛公開中!

『逆光の頃』 (C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

古都・京都を舞台に今をときめく高杉真宙と葵わかなが恋する幼馴染を演じる『逆光の頃』は現在絶賛公開中です。お見逃しなく!

関連する投稿


【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

号泣必至な恋愛映画作品を集めてみました。今回は、邦画と洋画別で、おすすめランキング順にご紹介します。どれも感動的で、泣きたい気分になったら、あなたにピッタリな作品がきっと見つかるはずです!


ジャンル別おすすめ恋愛映画100選!邦画・洋画人気ランキング【2019年最新版】

ジャンル別おすすめ恋愛映画100選!邦画・洋画人気ランキング【2019年最新版】

ドキドキすること間違いなし!思わず恋がしたくなる恋愛映画の名作だけ100作品集めてみました♪あなたは何作品観たことがありますか?邦画50作品と洋画50作品を厳選して紹介します!女子会でや、カップルのお家デートにもってこいな映画ばかりです♡


『陽だまりの彼女』ネタバレ・あらすじ・キャストなど紹介!

『陽だまりの彼女』ネタバレ・あらすじ・キャストなど紹介!

映画『陽だまりの彼女』のネタバレやあらすじ、キャストなど基本情報について紹介!“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”としても話題になった、越谷オサムさんの同名小説作品を原作とした本作。松本潤さんと上野樹里さんを主演に迎え、三木孝浩監督によって映像化されました!今回はそんな『陽だまりの彼女』について紹介します。


『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』は、芥川賞作家・高井有一さんによる同名小説作品を原作とした映画作品。本作はこれまで脚本家としてさまざまな作品に参加していた荒井晴彦さんによって映像化され、主演は二階堂ふみさんと長谷川博己さんが務めました。今回は映画『この国の空』について紹介します。


女優として大成した元アイドルたち!

女優として大成した元アイドルたち!

元アイドルの女優と言えば誰が思いつきますか? アイドルとして歌って踊ってステージに立っていたアイドルが、カメラの前で演じている女優となる。そんな元アイドルで女優として大活躍している女優を紹介していきたいと思います。あなたの推しメンはいましたか?


最新の投稿


映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

実写版『メン・イン・ブラック3』』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『メン・イン・ブラック3』』のあらすじ、キャスト、みどころ、最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』などを紹介します。この記事を読めば『メン・イン・ブラック3』をもっと楽しめますよ!


「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

世界的大ブームを巻き起こして8年。惜しまれつつも最終回を迎えた人気TVドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。早くもロスに陥っているファンも多いですよね?毎日のように世界中でファン達による白熱した論議がネットを荒らしています。ここでは特に魅力的だと思われるキャラクターをランキング形式で紹介していきますので、是非ご覧くださいね。


ウディ・ハレルソン出演映画16選!スキャンダラスなカメレオン俳優の魅力とは?

ウディ・ハレルソン出演映画16選!スキャンダラスなカメレオン俳優の魅力とは?

オリバー・ストーン監督の『ナチュラル・ボーン・キラーズ』でイカれ男を魅力的に演じ話題をさらってから現在まで、幅広く多彩な役を演じ続け第一線で活躍するカメレオン俳優ウディ・ハレルソン。気が付けば常に「何かで見た!」存在の彼について知りたくなってしまいませんか?ここでは彼の出演作や魅力についてまとめていますので是非ご覧くださいね。


人気声優(男性・女性)ランキングBEST30!【2019年版】

人気声優(男性・女性)ランキングBEST30!【2019年版】

いまや日本のサブカルチャーにおいて必要不可欠である”声優”。アニメやニュース、バラエティ番組でのナレーションに加え、舞台やドラマなど表に立って演じることもあり、声優の活躍の場は広がりつつあります。しかし、「声優って存在は知っているけど、どんな人がいるのかわからない」という人もたくさんいるでしょう。今回は、人気声優30人をランキング形式でご紹介します!アニメ好き&声優好きの人は必見ですよ♪


ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

『羊たちの沈黙』で一躍世界的に有名になったハンニバル・レクター博士は高名な精神科医かつ連続猟奇殺人犯。知的でありながら凶暴な殺人事件を何度も犯しているレクター博士には、モデルとなった人物がいます。どんな人物だったのか1人ずつ見ていきましょう。レクター博士の怖ろしさがさらに深くなるかも?