ソノヤ・ミズノ『ラ・ラ・ランド』出演の若手日系女優の魅力を大解剖

ソノヤ・ミズノ『ラ・ラ・ランド』出演の若手日系女優の魅力を大解剖

ユニクロのCMでバレエをしている彼女は誰?『ラ・ラ・ランド』に出演しハリウッドで最も注目を集める女優のひとり、ソノヤ・ミズノ。クールビューティな眼差しと、生き生きとした伸びやかなダンスは見ている人を引き付けます。彼女の魅力にせまるべく、これまでの経歴と作品を見ていきましょう。


ソノヤ・ミズノ2017年春夏の「UNIQLO SPORT」新CM

CMでは、「演技はもっと自由 正解なんてないから ダンスは努力を教えてくれた その日々に感謝している だから何があっても乗り越えられる それが私の強さ」と語っているソノヤさん。
彼女の原点でもあるダンスは女優として彼女の大きな魅力になっています。

ソノヤ・ミズノ プロフィール

『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC

1988年東京生まれ、母親はイギリス人で父親は日本人のイギリス育ち。
11歳の時に英国の名門「ロイヤル・バレエ・スクール」に入学し、バレエダンサーとして数々の舞台を踏んできました。

ソノヤ・ミズノ(C)Getty Images

20歳の時にモデル活動をスタートさせ、「シャネル(CHANEL)」「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQUEEN)」「イヴ・サンローラン(Yves Saint-Laurent)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」といった一流ブランドのモデルを務めます。

『エクス・マキナ』に出演

『エクス・マキナ』ポスタービジュアル (C)Universal Pictures

2014年にはアリシア・ヴィキャンデル出演のアカデミー賞受賞作品(視覚効果賞)『エクス・マキナ』で映画デビューします。
美しき人工ロボと人間の頭脳戦描く、SFミステリー。エキゾチックな雰囲気のAIロボット・キョウコを演じ、抜群のスタイルを披露しています。ヒゲ面の謎多きCEO役のオスカー・アイザックとのキレがあるダンスも魅力的。

ソノヤ・ミズノに注目!

2015年には、「ケミカルブラザーズ」のミュージックビデオ「Wide Open」で彼女のバレエを踊る姿が話題になります。

ソノヤ・ミズノ(C)Getty Images

若手注目株の彼女は米映画サイトの「THE PLAYLIST」で「2015年に見るべき20人の女優」のひとりに名前が挙がります。「Vanity Fair」では「今年の最も偉大な映画の功績の一つ」に。米国版「ELLE」では「ハリウッドを乗っ取るべき女優5人」のひとりにも選ばれます。

『ハートビート』出演

『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC/DVD TSUTAYA先行レンタル中 4.4(火)発売

ジャンルを超えた音楽と迫力あるダンスのエンタテインメント・ムービー『ハートビート』。
ロンドン・パリ・ロサンゼルス・ニューヨークから集められた、世界最高峰のダンサーたち62人が参加し、圧巻のパフォーマンスを披露しています。

『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC

彼女はバレエと恋の両立に悩むジャジーを演じており、華麗なダンスが見ものです。

『ラ・ラ・ランド』出演

ソノヤ・ミズノ(C)Getty Images

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの共演で贈るミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。
ゴールデングローブ賞では歴代史上最多となる7部門を受賞。本年度アカデミー賞でも史上最多14ノミネート、主演女優賞(エマ・ストーン)をはじめとする6部門を受賞しました。

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

エマ演じるミアのルームメイト、ケイトリン役で登場します。主演ミアと同じ夢を追う個性豊かな女子4人がルームシェアをしながら、夜ごとに“仕事につながる”出会いを求めて出かけていく。「サムワン・イン・ザ・クラウド(Someone In The Crowd)」を歌いながら、鮮やかなドレスを着てパーティーに繰り出すシーンは、見どころの1つです。ソノヤさんは黄色のドレスを着用。

ソノヤ・ミズノ/『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights
Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

『ラ・ラ・ランド』では、出演シーンはわずかながらバレリーナの経歴を持つ彼女のダンスシーンは観る人の目を奪い、そのシーンをより印象的なものにさせています。
美しいスタイルと魅せるダンスで演じる彼女。ダンサー・モデル・女優へと着実にキャリアを築いているソノヤさん。これからの活躍が大いに期待されますね!

関連する投稿


『ドラゴン・タトゥーの女』最新作!『蜘蛛の巣を払う女』キャスト・みどころ

『ドラゴン・タトゥーの女』最新作!『蜘蛛の巣を払う女』キャスト・みどころ

北欧の人気小説を映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』の最新作『蜘蛛の巣を払う女』がキャストや監督を変えて公開されます。これまで謎に包まれていた、ヒロイン・リスベットの知られざる過去が、双子の妹の狂気によって暴かれていく展開は必見です!こちらの記事で新作の情報はもちろん、前作や北欧版のオリジナルもおさらいしましょう!


アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

ミュージカル映画の傑作『レ・ミゼラブル』はもう観ましたか?何となくハードルが高いと思っていませんか?実はそんな事ありません。ここでは肩の力を抜いて作品を楽しむための大まかなあらすじ、キャスト、絶対に観たくなるトリビアを紹介しています。世界が広がりますよ!さっそく読んでみてください。


サントラがおすすめな映画15選!名曲ばかり!オーケストラだけが劇伴じゃないんです!

サントラがおすすめな映画15選!名曲ばかり!オーケストラだけが劇伴じゃないんです!

最近、『ハリー・ポッター』『ラ・ラ・ランド』など、演奏が付いて映画を楽しめるコンサートがあるとよく聞きます。もちろん、オーケストラ劇伴も素敵ですが、中には実験的なサントラや、バンドマンが手掛けたサントラなど、少し変わったアプローチのサントラも多くあるのです!今回は本編を見たらきっとサントラも聴きたくなる15作をご紹介!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。