『モアナと伝説の海』先行デジタル配信・MovieNEX発売

『モアナと伝説の海』先行デジタル配信・MovieNEX発売

2014年公開の『アナと雪の女王』、2016年公開の『ズートピア』に次ぐディズニー・アニメーションの最新作『モアナと伝説の海』。ついにMovieNEXで発売されるようになり、自宅で楽しめるようになりました。今回は物語の内容を再確認し、さらに感動できるプチ知識をご紹介します。


お待たせしました!『モアナと伝説の海』がついに発売!

『モアナと伝説の海』(C) 2017 Disney

海に選ばれ、愛された少女モアナが、命の女神テ・フィティの盗まれた心を取り戻し、世界を闇から守るため、大海原へ冒険の旅に出る物語。彼女の心の成長はエモーショナルな音楽と歌で表現され、豊かな自然や青い海を圧倒的な映像美で描いた話題作です。

海に選ばれた少女モアナ

『モアナと伝説の海』(C) 2017 Disney

生物であるかのように動く海とモアナが遊ぶシーンは思わず微笑んでしまいます。南の島で育ったモアナは好奇心に溢れた海を愛する美しい少女。冒険をしていく中で抱く心の変化が、見ている人の心をつかみます。

『モアナと伝説の海』(C) 2017 Disney

南太平洋の伝統や文化を5年間リサーチし、見事にストーリーを盛り上げています。作品中の踊りはトンガ、サモア、フィジーのものを融合させ、さらに別の特徴を加味したもの。踊りの動きにはそれぞれ意味をもっています。表情や視線にも注目してご覧ください。

伝説の英雄マウイ

『モアナと伝説の海』 (C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

モアナと共に冒険をする半神半人の英雄マウイ。体が大きく自信過剰、でも実は繊細で傷つきやすいという繊細な一面もあります。ストーリー中のマウイの歌声は思わず口ずさみたくなり、頭から離れないと反響を呼んでいるそう。見た目と内面のギャップに注目です。

島の男性にとって体のタトゥーは自身の功績を表すために不可欠なものだそう。タトゥーは一人前の男になった証でもあり、生涯で増やしていくべきものと言われているんです。

『モアナと伝説の海』に出演する脇役の衣装にも注目!

モアナだけではなく、脇役として登場する女性の衣装デザインにもこだわっています。「何度見ても楽しんでもらえる作品にした」と担当者もコメントしており、南国の暖かい雰囲気がとても素敵なデザインです。

ストーリーはもちろん身に着けるアクセサリーにも注目。島にある自然のもので作ることができることと、アクションにも対応できる機能性を考慮しながら、一つひとつ凝った衣装がデザインされています。

日本語版「モアナ」役 沖縄県出身の期待の新人・屋比久知奈

モアナ役に抜擢されたのは沖縄県出身の屋比久知奈。日本語版の劇中歌も担当。「集まれ!ミュージカルのど自慢」で最優秀賞を受賞しており、歌声にも期待が膨らみます。

「タラおばあちゃん」役に夏木マリ、伝説の英雄「マウイ」役に尾上松也

『モアナと伝説の海』 (C) 2016 Disney. All Rights Reserved. 夏木マリ&尾上松也

モアナを見守り、モアナの運命を導く「タラおばあちゃん」を夏木マリ、モアナの冒険の相棒の「マウイ」役を尾上松也が担当。セリフだけではなくストーリーを盛り上げる歌も披露し、見ている人の印象に強く残る素晴らしい声を聴かせてくれます。

エンドソングはディズニー作品初参加の加藤ミリア

加藤ミリヤ 『モアナと伝説の海』(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

日本版エンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~」を歌うのは、ディズニー作品初参加の加藤ミリア。「私もモアナと同じ16歳でデビューしたので、重ね合わせる部分がたくさんあった」と強い共感を示していました。子どもも大人も口ずさみたくなる力強いメロディーです!

『モアナと伝説の海』発売は2017年7月5日

『モアナと伝説の海』(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

ポリネシアの島々で語り継がれる神秘的な伝説をモチーフに、「海に選ばれた少女」モアナが自分の進むべき道を見出す感動ファンタジー。ぜひご家族みんなで楽しんでくださいね!

関連する投稿


映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

実写版『アラジン』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では実写版『アラジン』のあらすじ、登場人物、キャスト、みどころ、ランプの魔人ジーニー役のウィル・スミスが主演の映画『ジェミニマン』などを紹介します。この記事を読めば実写版の『アラジン』をもっと楽しめますよ!


ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』意外と裏話が多い?原作グリム童話の『ラプンツェル』と徹底比較!

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』意外と裏話が多い?原作グリム童話の『ラプンツェル』と徹底比較!

子どもから大人まで愛されているディズニーの名作『塔の上のラプンツェル』。実は、ディズニーオリジナル作品ではなく、グリム童話「ラプンツェル」が原作だってご存知でしたか?今回はディズニー映画『塔の上のラプンツェル』と原作グリム童話の『ラプンツェル』と徹底比較します!ちょっと怖い意外な裏話が読めますよ♪


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


今アツい!ストップモーション・アニメ映画おすすめの12作品を紹介

今アツい!ストップモーション・アニメ映画おすすめの12作品を紹介

独特の世界観で描かれるストップモーション・アニメ。近年では『犬ヶ島』など話題のストップモーション・アニメが次々と公開され、アカデミー賞などの映画賞でも注目を集めています。今回はストップモーション・アニメの中のオススメ映画12作品について紹介します。


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


最新の投稿


『万引き家族』【ネタバレ】結末・感想・考察・解説!【2019年最新】

『万引き家族』【ネタバレ】結末・感想・考察・解説!【2019年最新】

これまで『海街diary』や『三度目の殺人』『そして父になる』など、数多くの名作を世に送り出してきた是枝裕和監督の最新作『万引き家族』!日本人監督作品として21年ぶりに、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞のパルム・ドールを獲得した作品のネタバレや感想をご紹介。


マイケル・ファスベンダー出演映画15選!11歳年下の嫁が美人すぎる!【2019年最新】

マイケル・ファスベンダー出演映画15選!11歳年下の嫁が美人すぎる!【2019年最新】

『X-MEN』シリーズのマグニートー役でおなじみのマイケル・ファスベンダー。2017年には、11歳年下の美人女優アリシア・ヴィキャンデルと結婚し、私生活も絶好調!今回はそんな彼が出演する映画からおすすめ15作品をご紹介します。


名作だらけ!タイムスリップ映画おすすめランキング20選【2019年最新】

名作だらけ!タイムスリップ映画おすすめランキング20選【2019年最新】

タイムトラベルができたらとても便利ですよね。実際にはできませんが人類の永遠の夢だと思います。そんなタイムスリップの映画を紹介します。邦画・洋画・アニメを幅広く揃いましたので、気になる映画は見つかるはずです!


映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

実写版『メン・イン・ブラック3』』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『メン・イン・ブラック3』』のあらすじ、キャスト、みどころ、最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』などを紹介します。この記事を読めば『メン・イン・ブラック3』をもっと楽しめますよ!


「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

世界的大ブームを巻き起こして8年。惜しまれつつも最終回を迎えた人気TVドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。早くもロスに陥っているファンも多いですよね?毎日のように世界中でファン達による白熱した論議がネットを荒らしています。ここでは特に魅力的だと思われるキャラクターをランキング形式で紹介していきますので、是非ご覧くださいね。