『ジュリーと恋と靴工場』フレンチ・ミュージカルの本質に迫る

『ジュリーと恋と靴工場』フレンチ・ミュージカルの本質に迫る

映画『ジュリーと恋と靴工場』は『ラ・ラ・ランド』にも影響を与えたジャック・ドゥミ監督のフレンチ・ミュージカルを思い起こさせる作品です。往年のミュージカル映画を振り返りながら、あらすじ、見どころをご紹介します!


『ジュリーと恋と靴工場』あらすじ

『ジュリーと恋と靴工場』 (C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA

25歳、無職のジュリーは就職難の中、やっと手に入れたのは高級靴ブランドの靴工場での仕事。しかし、靴職人の女たちは迫る近代化の波でリストラを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こします。工場閉鎖の危機にジュリーも巻き込まれ、そして、淡い恋の予感も...。

『ジュリーと恋と靴工場』主演ポーリーヌ・エチエンヌ

主演のジュリーは90年代フランス、DJの栄光と挫折を描いた映画『EDEN/エデン』のポーリーヌ・エチエンヌが好演。
生き生きと弾けるような主人公をフレッシュに演じ、悩み苦しむジュリーには共感を覚えてしまいます。

ジャック・ドゥミ監督のフレンチ・ミュージカル

『シェルブールの雨傘』 - (C) Cine -Tamaris

ジャック・ドゥミ監督の『シェルブールの雨傘』。全てのセリフがメロディに乗った完全なミュージカル作品で、若き自動車整備工のギィとシェルブール雨傘店の娘・ジュヌヴィエーヴのふたりの恋、戦争での別れ、再会が描かれています。

ローラ (Lola)『』 -(C) 2012 CinéTamaris-Fondation Groupama Gan-Fondation Technicolor

『ローラ』で映画監督としてデビュー。『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』はミュージカル映画に新しい波を起こしました。
ジャック・ドゥミ監督の世界感、切なさや、心弾む陽気さ、カラフルな衣装やおしゃれな美術は『ジュリーと恋と靴工場』にも共通しています。

『ラ・ラ・ランド』とフレンチ・ミュージカル

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

第74回ゴールデン・グローブ賞では歴代最多7部門を受賞、第89回アカデミー賞では主演女優賞など最多6部門を受賞した『ラ・ラ・ランド』。

「ラ・ラ・ランド in コンサート」 La La Land /(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

歌・音楽・ダンス・物語、すべてが、名作ミュージカル映画への愛にあふれた傑作『ラ・ラ・ランド』。ジャック・ドゥミ監督の作品に影響を受け、アメリカ映画でありながらもフランス的な雰囲気を存分に取り入れています。

『ジュリーと恋と靴工場』の舞台 フランスのロマン市

ミシェル・オバマ大統領夫人 -(C) Getty Images

『ジュリーと恋と靴工場』の舞台となったフランスのロマン市は、元・米大統領夫人ミシェル・オバマ御用達の「ロベール・クレジュリー(Robert Clergerie)」の工場もあった場所。実際に高級靴の生産地としても知られています。

まるで『ジュリーと恋と靴工場』ロベール・クレジュリーの靴

Photo by Yuko Kitamoto (C)Disney (c) FASHION HEADLINE

フランスのシューズブランド「ロベール・クレジュリー」の人気シリーズ「ロイヤル」にトランプモチーフのカッティングをほどこした伊勢丹限定のシューズ(9万2880円)。
『ジュリーと恋と靴工場』の劇中では、現地で作られた靴や靴箱が採用されており、細部へのこだわりが感じられます。

『ジュリーと恋と靴工場』パームスプリングス国際映画

本作で長編デビューのポール・カロリ・とコスティア・テスチュの新鋭監督コンビ。2017年のパームスプリングス国際映画祭で新人監督賞にノミネートされ、話題を呼びました。
日本での知名度は低い映画祭ですが、アメリカでは重要な映画祭のひとつ。2009年は『おくりびと』が観客賞を受賞し、その後、アカデミー賞受賞となります。

『ジュリーと恋と靴工場』まとめ

『ジュリーと恋と靴工場』 (C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA

ジャック・ドゥミ監督の世界を彷彿とさせるポップなロマンチック・コメディ・ミュージカル。
ジュリー達は”戦う女”と名付けられた赤い靴を武器に、工場閉鎖の危機を乗り超えることができるのでしょうか。恋のストーリーも気になるところですね。
カラフル&ポップで小粋な『ジュリーと恋と靴工場』、ダンサー達の歌や踊りにあなたもきっと魅了されることでしょう。

関連する投稿


『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

パリを舞台にした、『勝手にしやがれ』『巴里のアメリカ人』など、世界に名だたる名作50選をご紹介します。


2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

映画を観たいけど、めぼしいものは観尽くしてしまって観たいものがないということありますよね。そんな時に参考になる興行収入ランキングを紹介します。


お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

映画に登場する魅力的な衣装やコスチュームの数々。見ていて楽しいですし、人によっては見どころにもなりますよね。今回はスタイリッシュな衣装の映画を5つ紹介します。


超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

10月27日公開予定のSFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。 ここでは、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


『タクシードライバー』『グッドフェローズ』時代をつくりあげた巨匠マーティン・スコセッシ監督作品10選!

『タクシードライバー』『グッドフェローズ』時代をつくりあげた巨匠マーティン・スコセッシ監督作品10選!

『タクシードライバー』『キング・オブ・コメディ』『ディパーテッド』など、ロバート・デ・ニーロやレオナルド・ディカプリオ主演作品を数多く制作していることでも知られる巨匠、マーティン・スコセッシ映画厳選10作品をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。