向井理祖母の半生記 『いつまた、君と ~何日君再来~』あらすじとキャスト紹介【尾野真千子x向井理】

向井理祖母の半生記 『いつまた、君と ~何日君再来~』あらすじとキャスト紹介【尾野真千子x向井理】

俳優・向井理の祖母・芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」を、向井さん自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作『いつまた、君と ~何日君再来~』のあらすじとキャストを紹介する。


『いつまた、君と ~何日君再来~』という作品が生まれた経緯

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と ~何日君再来~』は、向井理の祖母・芦村朋子の半生記を綴った物語だ。戦後の混乱期に、吾郎(向井理の祖父)と朋子が時代の波に翻弄されながらも懸命に生きる、50年におよぶ愛の物語は思わず真剣に見てしまう。貧しさに負けず愛した人と生きる素晴らしさが伝わってくる。

『いつまた、君と ~何日君再来~』あらすじ

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。「どんなに貧しくても、父ちゃんが私の誇りだった。私、やっぱり父ちゃんがいい。」と、その文面からは亡くなった夫への愛情が溢れていた。しかし、朋子は突然倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が手記をまとめていくことに。そこに綴られていたのは、いままで知ることのなかった祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった。そして、その中ではじめて語られる朋子の子どもたちへの思い――。その手記は、進路に悩んでいた理に、そして朋子に対してずっとわだかまりを抱いていた娘・真美の心に変化をもたらしていく。

『いつまた、君と ~何日君再来~』の脚本と監督

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

監督は『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督、脚本は連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の山本むつみさんが書いている。どちらも有名作品を手掛けた方々。今作も期待できそうだ。

『いつまた、君と ~何日君再来~』キャスト

朋子役 尾野真千子さん

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

主演の朋子役には、NHK連続テレビ小説「カーネーション」でのヒロイン役で一躍注目を集め、現在もさまざま活躍を見せる実力派女優・尾野真千子さんが抜擢。どんな困難な状況でも常に明るく夫を支える妻を、強さと儚さを絶妙に共存させながら、向井さんの祖母を熱演。母の強さを見た時、思わず見ている側の涙を誘う。質素だけど幸せな生活。現代で忘れ去られてしまった大切な物を思い出せる作品だ。

吾郎役 向井理さん

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

度重なる不運に見舞われながらも、妻や子どもたちの大黒柱であり続けた夫・吾郎役を向井さん自身がこれまでにない多彩な表情を見せながら魅力的に演じている。向井さんがこの作品で伝えたかったことを本人が演技で挑む姿にも心を動かる。

現代の芦村朋子役 野際陽子さん

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

81歳となる現代の芦村朋子役には、NHKアナウンサーとして活動後、1963年にドラマ「赤いダイヤ」で女優デビューを果たして以降、数々のドラマ・映画など第一線で活躍し続ける日本を代表する女優・野際陽子さん。女優として年を重ねてきた経験を活かした重圧な演技は彼女にしか出来ないだろう。

真美役 岸本加世子さん

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

朋子の娘で、理の母親である真美役には、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞の『HANAーBI』をはじめ、『菊次郎の夏』『DOLLS』など北野武監督作品でも知られる岸本加世子さん。実力派の演技を見せてくれるだろう。

忠役 イッセー尾形さん

『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

朋子の父・忠役には、映画『沈黙-サイレンス-』の演技が国内外で絶賛を受けているイッセー尾形さん。今作でも熱の入った芝居に期待したい。朋子の孫・理(向井さん)役は、現役の大学生であり本作が本格的な俳優デビューとなる成田偉心さん。新しい風をこの作品の中で感じさせられるか。夫妻の恩人となる高杉幹夫を、ドラマ「半沢直樹」の演技が評価された駿河太郎が演じている。

『いつまた、君と ~何日君再来~』主題歌

主題歌を歌う高畑充希/『いつまた、君と ~何日君再来~』(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

主題歌は高畑充希さんが、日本曲名「いつの日君帰る」として知られる昭和の大ヒット歌謡曲「何日君再来」を、現代版アレンジで歌う。この曲は朋子と吾郎の“運命の曲”。高畑さんは温かく澄んだ歌声で詩情豊かに歌い上げている。

ノスタルジーな想いが込み上げる『いつまた、君と ~何日君再来~』

『いつまた、君と ~何日君再来~』本ポスター (C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

戦後の混乱期、何もない時代に生きた愛の実話。現代で忘れかけたものを思い出すきっかけになるだろう。『いつまた、君と ~何日君再来~』は6月24日(土)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。

関連する投稿


「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

『小野寺の弟、小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史の監督2作目となる『泥棒役者』の主演を「関ジャニ∞」の丸山隆平さんが務めます。本作のあらすじとキャストをご紹介。 さらにキャストの出演昨作や、舞台裏もピックアップしました!


俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

映画やドラマだけじゃなくバラエティなどマルチに活躍する俳優大泉洋さん。天性の笑いのセンスを持ち、お茶の間を楽しませてくれていますが、ひとたび役を演じるとなると、抜群の演技力を誇る大泉さんの魅力をご紹介します。


スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

巨匠M・スコセッシ監督が約30年あたため、ついに日の目を見ることとなった『沈黙-サイレンス-』。17世紀初頭のキリシタン弾圧が激化する日本を舞台に、一人の宣教師が信仰の意義と神の本質を見つめなおす物語です。主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、日米の豪華俳優陣が集結した今作のあらすじやみどころを紹介していきます。


『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

パリを舞台にした、『勝手にしやがれ』『巴里のアメリカ人』など、世界に名だたる名作50選をご紹介します。


向井理出演作11選!『新しい靴を買わなくちゃ』『いつまた、君と 何日君再来』ほか向井理出演作11選!

向井理出演作11選!『新しい靴を買わなくちゃ』『いつまた、君と 何日君再来』ほか向井理出演作11選!

『僕たちは世界を変えることができない。』や『RANMARU 神の舌を持つ男』など、世代を代表するイケメン向井理が活躍する出演作品11選をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。