『スカーフェイス』『ヒート』危険な魅力!アル・パチーノ出演作品7選

『スカーフェイス』『ヒート』危険な魅力!アル・パチーノ出演作品7選

貧しい少年時代から現在の地位へ這い上がった努力と才能の名優アル・パチーノ。『ゴッドファーザー』や『インソムニア』など、彼の出演作7選をご紹介します。


三男からドンへ『ゴッドファーザー』

アル・パチーノ-(C)Getty Images

タイトルのゴッドファーザーとはマフィアのボスの別名。『ゴッドファーザー』は、血縁者と仲間を何よりも大切にするコルレオーネと、彼のファミリーの姿を描いた不朽の名作です。アル・パチーノはコルレオーネの三男マイケルとして出演。物語の前半でコルレオーネが襲撃されて以降、敵を次々に射殺し、次作『ゴッドファーザー PARTⅡ』ではファミリーを率いるドンの地位にのぼりつめています。

元船乗りの男が相棒とともにアメリカを横断『スケアクロウ』

アル・パチーノ-(C)Getty Images

真逆の性格のふたりの男が、ヒッチハイクをしながらアメリカを横断するうち、徐々に心を通わせていくという物語。アル・パチーノは主人公のひとりである元船乗りのライオンに扮し、『フレンチ・コネクション』や『許されざる者』などで知られるジーン・ハックマンと共演しました。

真夏の銀行強盗『狼たちの午後』

アル・パチーノ-(C)Getty Images

舞台はニューヨークのブルックリン。実際の銀行強盗事件をモデルにした映画です。アル・パチーノは銀行強盗のソニーを熱演。第48回アカデミー脚本賞を受賞し、アル・パチーノは英国アカデミー主演男優賞に選ばれました。

のしあがることを渇望した男の栄光と破滅『スカーフェイス』

アル・パチーノ -(C) Getty Images

一攫千金を求めて仲間とともにフロリダにやってきたキューバ移民、トニー・モンタナの栄光と滅亡を描いたブライアン・デ・パルマ監督の作品。アル・パチーノが演じるのは、「鋼でできたタマ」(度胸がすわっているということ)を持つ素行の悪いトニー。彼の鋭い眼光と、当時としては珍しい過激な暴力シーンが話題になりました。

アル・パチーノ -(C) Getty Images

とくにラストシーンは衝撃的。多くの観客に強烈な印象を与えました。反社会的なイメージの強い本作ですが、因果応報、薬物使用のデメリット、仲間を信用することの大切さ(彼は仲間を信用しなくなったことにより破滅への道を踏み出します)など、さまざまな教訓を含んだ作品でもあります。

名演技で魅せ、アカデミー主演男優賞を獲得『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

アル・パチーノ -(C) Getty Images

世界中から注目を集めるようになったアル・パチーノを主演に迎えたヒューマンドラマ。視力を失い、人生に絶望した退役軍人を演じています。

アル・パチーノ -(C) Getty Images

アル・パチーノはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞。盲目であることを表現するため、演技において瞳を一切動かさないという離れ技をやってのけました。

ロバート・デ・ニーロ×アル・パチーノ『ヒート』

なにかと対比されることの多いアル・パチーノとロバート・デ・ニーロのW主演によるクライムアクション映画。ロバート・デ・ニーロはギャングのボスであるニールを、アル・パチーノは彼らを執拗に追い続ける警部ヴィンセント・ハナを演じました。アル・パチーノとロバート・デ・ニーロのふたりが並び立つ画はファン垂涎の豪華さ。

白夜のアラスカで不眠症に陥る刑事『インソムニア』

アル・パチーノ -(C) Getty Images

アル・パチーノ演じる捜査官ウィル・ドーマーが主人公のサスペンス映画です。白夜のアラスカにやってきた主人公は、自らを呪う過去と夜が訪れない状況から不眠症(インソムニア)に陥り、徐々に精神を消耗していきます…。クライマックスではアル・パチーノとロビン・ウィリアムス演じる犯人が対峙し、緊迫感のある攻防を繰り広げます。

どん底からのしあがったスター俳優、アル・パチーノ!

もともと貧しい家の出身であったアル・パチーノ。『ゴッドファーザー』に出演したことを機に世界から高い評価を受け、現在では押しも押されぬ超大物俳優としての地位を築いています。まだまだ彼の眼光は現役。今後もより一層の活躍を見せてくれることでしょう。

関連する投稿


【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

サスペンス映画は好きですか?間に合うのか?助かるのか?真実は?と心を煽られて主人公と共にヒリヒリさせられる感覚はタマらなく癖になってしまいますよね?ここではアメリカ・イギリス・フランスなどの様々な国から作品をチョイスして25作紹介させて頂いてます。是非ご覧くださり、チョイスの参考にしてみてください。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレ・結末・解説!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレ・結末・解説!

タランティーノ監督の待望の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという二大スターに加え、様々な豪華役者陣の共演が話題を集めています。この記事ではキャストやネタバレあらすじ、題材となった事件についても詳しく解説。この記事を読めば予習はバッチリです!


【2019年最新版】若手イケメン俳優ランキングTOP30!人気上昇中の若手俳優たちに注目必至!

【2019年最新版】若手イケメン俳優ランキングTOP30!人気上昇中の若手俳優たちに注目必至!

今後の日本の芸能界を支える若手イケメン俳優たちが続々と誕生していますが、魅力的なスターが多くて気になってしまいますよね?ここではメディアで話題になっていたり露出が増えてきた10~20代のネクストブレイク確実のかっこいい俳優を中心にランキング式で紹介していきたいと思います。是非チェックしてみてくださいね!


クエンティン・タランティーノ映画全9作品!脚本・ゲスト監督作の中からおすすめ映画も紹介!

クエンティン・タランティーノ映画全9作品!脚本・ゲスト監督作の中からおすすめ映画も紹介!

クエンティン・タランティーノといえば、自らが生粋の映画オタクで "溢れる映画愛" が強いからこそ構築できる、エキサイティングでカッコいい描写だらけの作風で有名。映画ファンならきっと一度は作品を観たことがありますよね?ここでは今一度タランティーノの作品を振り返ってみたいと思います!


ナタリー・ポートマン出演作品23選!『スター・ウォーズ』のヒロインで一躍有名に!

ナタリー・ポートマン出演作品23選!『スター・ウォーズ』のヒロインで一躍有名に!

『レオン』や『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でヒロインに抜擢され一躍世界的に有名な女優への仲間入りを果たしたナタリー・ポートマン。今なお多くの作品に出演し、その美貌を保ち続ける彼女が出演している代表作23選をご紹介します。


最新の投稿


恋愛映画(邦画)おすすめランキングTOP53!恋がしたくなること間違いなし!【2020最新版】

恋愛映画(邦画)おすすめランキングTOP53!恋がしたくなること間違いなし!【2020最新版】

いつの時代も人気の恋愛映画!ここでは、日本が舞台の恋愛映画・邦画のおすすめ53作品を紹介します!初恋、切ない恋、ハッピーエンドラブストーリー、片思いなどいろんな恋愛映画を厳選し、いつ見ても飽きない、胸がキュンキュンしてしまうこと間違いなし♪


イケメン俳優ランキングTOP30!日本で一番かっこいい人気俳優は誰?[2020年最新版]

イケメン俳優ランキングTOP30!日本で一番かっこいい人気俳優は誰?[2020年最新版]

日本には大御所から若手までかっこいい俳優さんがたくさんいますよね。今回はそんな中から2020年版、「今、日本で一番かっこいい人気俳優は誰?」ということで、現在活躍中の20代〜50代までのイケメン俳優30人をランキングにしてご紹介!ブレイクのきっかけになった作品や、最新出演映画の情報も合わせてお伝えしていきます。


映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!

映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!

未成年が「集団安楽死」をするために集まるというショッキングな内容の『十二人の死にたい子どもたち』今最もフレッシュな若手キャストだけを集めて、「闇」の深い密室サスペンス劇に挑んでいます。こちらの記事では、そんなキャストたちや、この衝撃的な作品の原作者などについてまとめました。映画を見る前にぜひチェックしてください!


アクション映画おすすめランキングベスト57作!絶対面白い人気の洋画作品を厳選!【2020年最新版】

アクション映画おすすめランキングベスト57作!絶対面白い人気の洋画作品を厳選!【2020年最新版】

面白い映画といえば、アクション映画!この記事ではおすすめのアクション映画作品の洋画を57作品一挙紹介します。新作映画もたっぷり紹介していきます♪


美人女優ランキングTOP30!今綺麗&可愛い女優といえば、あの人!【2020年最新版】

美人女優ランキングTOP30!今綺麗&可愛い女優といえば、あの人!【2020年最新版】

今年大活躍中の10代〜30代の女優さんを中心に、その中でもとびきり美しい30人をランキングにしてご紹介!プライベートや、最新出演映画の情報も合わせてお伝えしていきます。