日本でも大人気の女優!ミラ・ジョヴォヴィッチまとめ

日本でも大人気の女優!ミラ・ジョヴォヴィッチまとめ

『バイオハザード』シリーズをはじめとする数々の映画作品で存在感を現してきたミラ・ジョヴォヴィッチ。女優業だけではなく、様々な分野で活躍する彼女の魅力とは?


ミラのプロフィールを知りたい!

ミラ・ジョヴォヴィッチ-(C)Getty Images

1975年12月7日生まれのミラはウクライナ出身。
スーパーモデル出身の彼女は、抜群のスタイルで様々な役柄をこなします。
モデル時代は、多くのファッションショーに出演。
カルバン・クラインやロレアル・パリのイメージモデルとして活躍しました。
女優業に専念する為、1991年にモデルエージェンシーとの契約を解除し、本格的に女優としてのキャリアをスタートさせます。

主な出演作品は?

生まれてくる愛娘とともに来日! ママの表情を見せるミラ・ジョヴォヴィッチ

ミラのスクリーンデビューは1988年公開の映画『トゥー・ムーン』。
官能映画でR指定のものですが、彼女は主人公の妹役を演じます。
その後、『ブルーラグーン』などに出演し、1997年にリュック・ベンソン監督作品『フィフス・エレメント』のヒロインに抜擢されます。
ブルース・ウィリスと共演した同作では、まだあどけないミラが鍵となる人物を演じブレイクしました。

ミラ・ジョヴォヴィッチ-(C) Getty Images

1999年公開の『ジャンヌ・ダルク』で一世を風靡し、人気女優の仲間入りを果たします。
役によって女性らしくもなり、中性的な魅力も発揮する彼女はその実力が高く評価されてきました。

ミラの代表作『バイオ・ハザード』シリーズ

『バイオハザード』

2002年より15年間ヒロインを務めた『バイオ・ハザード』シリーズは彼女の代表作。
日本で発売された大人気ゲームの実写化で、公開されるや否や世界中で大ヒットを飾ります。
ミラが演じたのはゲームの中でも主要キャラのアリス。
超人的な身体能力と、正義感の強さが彼女にぴったりの配役です。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』

更に驚きなのは、15年の歳月が経ったというのに、1作目からずっと変わらない彼女のスタイルです。
まるで月日を感じさせない風貌は、彼女の美しさをよく表しています。
途中、出産も経験していますが、さすが元スーパーモデルですね。

『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア

『バイオハザード ザ・ファイナル』ワールドプレミア

『バイオハザード』シリーズでは日本からの共演者も。
歌手の中島美嘉のゾンビ役や、モデルのローラも最終章に登場しました。
そして監督は夫のポール・W・S・アンダーソン、最終章では愛娘のエヴァも共演しました。
同シリーズは彼女にとって、家族そのものであり、ミラだからこそ続けられたのかもしれません。

最新作は麻薬王!?

ミラ・ジョヴォヴィッチ -(C) Getty Images

ミラの最新作は、ジェームズ・フランコ主演の『フューチャーワールド』。
同作はジェームズ自ら監督を務める話題作でもあり、ミラが演じるのは麻薬王だとか。
公開日などは発表されていませんが、きっと期待できる作品になることでしょう。
次はどんなミラが見られるのか、とても楽しみです。

ドレス姿も可愛いミラ

ミラ・ジョヴォヴィッチ

ミラ・ジョヴォヴィッチ-(C)Getty Images

時にフェミニンに、時にクールなドレスアップ姿を披露してくれるミラ。
バランスの取れたスタイルは、女性の憧れの的でもあります。
また彼女は、クールな表情も多いですが、インタビューの時などは満面の笑みで応えてくれるところも好感度が高い理由でしょう。

左手の指輪をかざすミラ -(C) Splash/AFLO

2009年に自宅婚式を挙げた際には、まるで女神のような姿でパパラッチにも快く対応。
ゆるく巻かれたダウンスタイルと、ドレープが美しいドレスで魅了してくれました。
夫のポールも幸せそうですね。

まとめ

マレーラ、マルチェラ・グティエレツとのコラボアイテム発売

ミュージシャンとしての活動や、ファッションブランドとのコラボも行うミラは、自身のファッションブランドも設立しています。
女優業だけでは計り知れない彼女の魅力は、多くのファンにこれかもパワーを与えてくれることでしょう。
親日家でも有名なミラ。
スクリーンだけではなく、日本でも彼女の姿を見られる機会が今後も増えることを期待したいですね。

関連する投稿


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


【今週末公開の映画】 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

【今週末公開の映画】 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!


2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

映画を観たいけど、めぼしいものは観尽くしてしまって観たいものがないということありますよね。そんな時に参考になる興行収入ランキングを紹介します。


リブート版『ヘルボーイ』でのエド・スクレイン、日系人役を降板!【ニコラス・ホルトもコメント】

リブート版『ヘルボーイ』でのエド・スクレイン、日系人役を降板!【ニコラス・ホルトもコメント】

つい先日発表されたばかりだった、リブート版『ヘルボーイ』へのエド・スクレイン出演決定のニュースは、わずか1週間足らずで本人の申し出によるスピード降板となりました。彼の友人であるニコラス・ホルトもメディアでコメントしています。 ここでは、その原因から背景まで、一緒に考えてみましょう。


最新の投稿


日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

『アイアムアヒーロー』は、現代の日本でゾンビによるパニックが起きたらどうなるのかを描いた同名漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は、俳優の大泉洋、監督は『GANTZ』で知られる佐藤信介です。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。 675


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。