『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編映像が解禁される!

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編映像が解禁される!

前作から2年。高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き、大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズの最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開に先駆けて待望の予告編が解禁されました。


『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』そして、猿の惑星になる。

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

強い決意の表情をした猿社会のリーダーで主人公のシーザー。その背後には、新たに登場する謎めいた少女がじっとこちらを見つめています。少女の名はノバ。「そして、猿の惑星になる。」という衝撃的なキャッチコピーには、ドキリとさせられますね。

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続き、『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された本作。制作費、スケール感、ドラマ性において過去2作から大きな飛躍を遂げているといいます。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ついに、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがクライマックスを迎え...生き残りを懸けた「猿と人間」2つの種の戦いは、かつてないほどに激しさを増していきます。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

地球の支配権を懸けた戦いの”裏”で描かれるのは、シーザーの内面の葛藤です。大きな喪失感に苛まれながら、知的で慈悲深いリーダーは、彼の人生の次章において己の中の悪魔と向き合い、彼の種族を率いるために再び立ち上がります。そして、シリーズの過去作でもそうであったように、「“人間性”を創り上げているものとは何か?」という深いテーマが観る者に突き刺さるのです。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

はたして、地球の未来を切り開く”希望の地”へたどり着くのは猿なのか、それとも人類なのでしょうか?

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編映像!

予告編映像で特に注目すべきは、謎めいた少女ノバ(アミア・ミラー)、そして人類側の兵士のリーダー格と思われるJ.ウェズリー・マッカロー大佐(ウディ・ハレルソン)というふたりの人間です。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ノバが猿たちと心を通わせているように見て取れる一方、大佐に対してシーザーは「戦う覚悟はできている」と決意の表情を向けています。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

少女ノバと猿たちの関係は...未だ謎に包まれたまま。猿と人間の戦いだけでないドラマも描かれる一方でまた、シーザーたちのコミュニティも激しく攻撃を受けており、まさに聖戦の始まりを予感させています。

前作に引き続き監督はマット・リーヴス

マット・リーヴス-(C)Getty Images

前作に引き続き、メガホンをとるマット・リーヴス監督は「シーザーは、人間と猿の両方でレジェンドとなり、謎の存在となっている。大佐はシーザーを見つけ、その影響力を奪いさえすれば、猿社会は倒れ、人間が力を取り戻すチャンスを手にできるようになると考えている」と、攻撃を仕掛ける大佐の心境を明かしています。

シーザーを演じるのはアンディ・サーキス

アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

シリーズを通じモーションキャプチャーでシーザーを演じ続けているアンディ・サーキスは、「本作でシーザーは前2作よりもずっと深くて痛ましい感情的な極まりを見せる。彼がどこまでも自分を追い込む姿を見て驚いた」と語っていました。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ついにすべてが明かされる

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

愛する者を失ったシーザーと、彼の抹殺をもくろむ人類。怒りと葛藤が極限まで辿りついたとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦(グレート・ウォー)”が幕を開けるのです。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月13日(金)より全国にて公開されます。

関連する投稿


アベンジャーズに新星!『ブラック・パンサー』を見逃すな!

アベンジャーズに新星!『ブラック・パンサー』を見逃すな!

3/1いよいよ公開!昨年『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』と『スパイダーマン:ホームカミング』そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』の三作を発表し、そのどれもが大好評を博したマーベル・から、また新たなヒーローが参加します。GWに公開予定のアベンジャーズに繋がる作品でもあるので見逃せません。


伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

今年もアカデミー賞の時期が近付いてまいりました。映画ファンにとってはなんだかんだで気になりますね。今回はスピルバーグやキャスリン・ビグロー監督の作品が有力視されていましたが、意外な伏兵が賞レースの有力視されています。気になある存在『スリー・ビルボード』について紹介します!


【今週末公開の映画】10/13~『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『恋と嘘』など

【今週末公開の映画】10/13~『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『恋と嘘』など

最旬キャスト共演で話題の『恋と嘘』、大反響を読んでいる『猿の惑星』シリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』など、10/13~公開の映画をご紹介します。


『ザ・ウォール』アメリカから見たイラク戦争を描く作品10選

『ザ・ウォール』アメリカから見たイラク戦争を描く作品10選

9月1日に公開が迫った『ザ・ウォール』は、2007年イラク戦争真っ只中の過酷な戦場を舞台に、死神と恐れられる“スナイパー”との攻防を描く緊迫のドラマです。 ここでは、アメリカ側からの様々な視点で制作された「イラク戦争」にまつわる物語の数々をご紹介します。


アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のまとめ

アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のまとめ

アカデミー賞で最多賞を獲得している作品は『タイタニック』『ベン・ハー』の他、『ロード・オブ・ザ・リング(王の帰還)』です。いずれもアカデミー賞11部門受賞作品というだけあり、現在でも根強いファンがいるようです。今回はその中でもファンタジー大作と呼び声高い、ロード・オブ・ザ・リング三部作のまとめを行っていきます。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。