実写版『アラジン』のキャスト発表!アラジン役は誰?

実写版『アラジン』のキャスト発表!アラジン役は誰?

実写化が決まっている『アラジン』の主要3キャラクターの配役が決まりました。作品の世界観にマッチする新人を起用したいという意向に沿うため、主役であるアラジンのキャスティングに難航していましたが、無名の俳優が大抜擢となりました。いったい誰に決まったのか、ご紹介していきます。


主要3キャラクターのキャストが決定!

「アラジン」 -(C) Disney

ディズニーアニメの中でも人気の高いアラジン。そんなアラジンの実写版のメインキャスト3名がついに決定しました。主役のアラジンとジャスミンは作品の世界観と同じ中東系。歌って踊れることを条件に現地でのオーディションになるとの噂もありました。しかし、実際のキャスティングはそうはならなかったようです。

アラジン役に抜擢されたのは、俳優のメナ・マスード。エジプト生まれカナダ育ちのハーフで、『アラジン』の世界観にピッタリの顔立ちをしています。主にドラマで活躍している彼ですが、まだほとんど無名。今回の大抜擢で名前が広まりそうですね。

ナオミ・スコット/『パワーレンジャー』ジャパンプレミア

ジャスミンを演じるのはイギリス出身の女優ナオミ・スコット。母親がインド系ということもあり、オリエンタルでエキゾチックな顔立ち。ジャスミンにはピッタリではないでしょうか。

『パワーレンジャー』 (c)2016 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

ナオミ・スコットは、日本の戦隊ヒーローをモチーフにした映画『パワーレンジャー』にも出演。ピンク・レンジャーとしてエイリアンと戦う姿を披露しています。『パワーレンジャー』で見せる激しいアクションなどから、ちょっと気の強いジャスミンに通じるところがあるのかもしれません。

ウィル・スミス-(C)Getty Images

アラジンの良き友達で常にハイテンションの魔人ジーニーを演じるのはウィル・スミス。コミカルな役からシリアスな役までこなすベテラン俳優が演じるジーニーは、いったいどのようなキャラクターになるのか楽しみです。

デッドショット/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

最近は『スーサイド・スクワッド』に出演し、非情な殺し屋デッドショットを演じています。『アラジン』とはまったく真逆の役なだけに、賑やかで憎めないジーニーをどのように演じるのか注目です。

監督はガイ・リッチー

ガイ・リッチー-(C)Getty Images

監督のガイ・リッチーは、『アラジン』はミュージカル映画になるだろうとコメントしています。歌ありダンスありの『アラジン』を早く見てみたいです。

ガイ・リッチー監督の作品で特に有名なのは、ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウが主演した『シャーロック・ホームズ』。アラジンとジーニーもホームズとワトソンのような名コンビですよね。

ジャファー役は誰に?

ジャファー/ディズニーヴィランズ

キャスティングはまだメインキャラの3人が決まっただけの段階。この作品でもう一人重要な人物は、アグラバーを手に入れようとする悪大臣ジャファー。噂ではトム・ハーディーにオファーが来ているとのことですが、まだ未定。いったい誰に決まるのかドキドキしますね。

アニメ版ロビン・ウィリアムズも納得?

ロビン・ウィリアムズ

アニメ版『アラジン』でジーニーの声を務めた故ロビン・ウィリアムズは、自分の死後から25年は収録された声や名前を使うことを禁止することを遺言に残しています。今回の映画では問題ないそうです。

次々と行われるディズニーアニメの実写化

The Original Broadway Company. Photo by Deen van Meer (C)Disney

『シンデレラ』や『美女と野獣』など、最近ディズニーアニメが次々と実写化されています。『アラジン』も劇団四季により舞台ミュージカルは上演されていますが、映画での実写は初。空飛ぶ絨毯や魔法の洞窟など、映画ならではの演出が楽しみです。

今後は『ダンボ』や『ピノキオ』といった作品の実写化も決定しています。ますます楽しみが増えますね。

公開はまだ未定

Courtney Reed as Jasmine and Adam Jacobs as the title character in ALADDIN. Photo by Matthew Murphy (C)Disney

『アラジン』はまだメインキャラクターのキャストが決まった段階。撮影は当初2017年7月から2018年1月にかけての半年というスケジュールでしたが、キャスティングが難航したため遅れる可能性も否めません。それに伴い、公開日も先延ばしになりそうです。日本での公開は少なくとも2018年以降になるのではないでしょうか。早く実写版『アラジン』を見たいものですね。

関連する投稿


2015年映画興行収入ランキングTOP50!『ベイマックス』『ミニオンズ』ほか♪

2015年映画興行収入ランキングTOP50!『ベイマックス』『ミニオンズ』ほか♪

2015年の映画興行収入ランキングを紹介します。


【ネタバレあり】完全新作!『アナと雪の女王/家族の思い出』2018年3月16日公開決定!

【ネタバレあり】完全新作!『アナと雪の女王/家族の思い出』2018年3月16日公開決定!

あの社会現象を巻き起こした大ヒットアニメ『アナと雪の女王』の、劇場公開作品第3弾となる完全新作短編『アナと雪の女王/家族の思い出』の日本公開日が2018年3月16日に決定しました!早速、この新作についての情報をお届けいたします。あらすじ部分にはネタバレが含まれますのでご注意!


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

全米で公開されると、なんとあの『美女と野獣』を抑えて2週連続第1位を獲得するという大ヒットを記録したアニメ映画『ボス・ベイビー』。 見た目は赤ちゃん、中身はおっさんというシュールな設定ですが、一体どんな作品なのかをまとめてみました!※あらすじにはネタバレが含まれているので要注意!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。