『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』フィリップ・K・ディックの小説が原作の映画5選!

『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』フィリップ・K・ディックの小説が原作の映画5選!

『トータル・リコール』や『アジャストメント』といった、SF作家フィリップ・K・ディックの小説をもとに製作された映画を5本ご紹介します。


巨匠が描いた2019年の世界『ブレードランナー』

ハリソン・フォード-(C) Getty Images

小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をリドリー・スコットが映画化。主演はハリソン・フォード。生み出された世界観はジャンルを問わず多くの映画に影響を与え、原作者のフィリップも大満足の出来となりました。裏話になりますが、実はリドリーは原作小説をまったく読んでいなかったそうです。

2017年内に公開予定の『ブレードランナー 2049』は、前作から30年後の物語が描かれた続編。ハリソン・フォードと今をときめくライアン・ゴズリングのW主演です。

記憶を売買できる世界『トータル・リコール』

アーノルド・シュワルツェネッガー-(C)Getty Images

短編小説「追憶売ります」を映画化した作品です。記憶を売買可能な近未来を舞台に、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる主人公が記憶を取り戻すために奮闘するSFアクション映画。アクションシーンの多くは、原作のままということではなく、映画化の際に追加されたものだそうです。

2012年にはコリン・ファレルが主役を演じたリメイク版が公開されました。

犯罪を予知によって防ぐ世界『マイノリティ・リポート』

トム・クルーズ-(C)Getty Images

「少数報告」というタイトルの小説が原作。未来を予知できる“プリコグ”を利用し、殺人事件を未然に防ぐ組織“犯罪予防局”。そこに勤務している刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が主人公。ある日、いつもと同じように行われた予知で事件の犯人とされたのはジョン本人。未来のアメリカで必死の逃走劇が繰り広げられます。

トム・クルーズ-(C)Getty Images

原作者フィリップ・K・ディック、監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・クルーズという豪華な組み合わせ。映画化に際し、原作の設定や内容を大幅に変更。変更点のひとつに、トム・クルーズ演じる若い主人公は、原作では活力を失いつつある中年男性であるということが挙げられます。

不安定な輪郭にふちどられた世界『スキャナー・ダークリー』

小説「暗闇のスキャナー」が原作。新種の薬物“D”にとりつかれた中毒者たちの数奇な運命を描いた物語です。画像を見てわかる通り、ぼやけたような映像が大きな特徴。他の4本の映画に比べると知名度では劣りますが、不思議な魅力をもった作品です。

運命を操作される世界『アジャストメント』

『アジャストメント』 -(C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

小説「調整班」が原作。主人公の若手政治家を演じるのはマット・デイモン。“運命調整局”によって自らの人生が操られていると知り、運命に立ち向かう姿を描いたサスペンス・アクションです。

マット・デイモン -(C) Media Punch/AFLO

本作に登場する“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”の局員たちは「運命の書」に記述された“運命”に主人公を従わせるために拉致を敢行するなど、かなりの強行策にでています。

フィリップ・K・ディック原作の映画はどれも名作ぞろい!

© 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

フィリップ・K・ディック原作の傑作映画に『ブレードランナー』を挙げる人は多いと思いますが、ご紹介した『トータル・リコール』や『マイノリティ・リポート』も良作。今年公開される『ブレードランナー 2049』にも期待が高まります!

関連する投稿


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


ドキドキが止まらない!ロマンチックな海外映画ランキングベスト20

ドキドキが止まらない!ロマンチックな海外映画ランキングベスト20

2000年以降のロマンチックな海外恋愛映画をあつめてみました!恋がしたくなることまちがいなしの恋愛映画を、ランキング形式でご紹介します。


ハリウッドイケメン俳優まとめ!20人を一挙紹介!

ハリウッドイケメン俳優まとめ!20人を一挙紹介!

ハリウッドは映画の都。女優も男優もみな美しい方が多いですが、その美しさは其々の俳優の個性から生まれています。 ハリウッド俳優の中でも特にイケメン、ホットな20人を紹介します!


【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

3/1、3/2、そして3/3に公開される映画を一挙ご紹介!マーベルの待望の新作、黒人俳優が大半を占めるという画期的な『ブラックパンサー』や、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』など、公開前から話題になっている作品の数々がついに日本でも公開。ぜひ、映画館でチェックしてくださいね!


最新の投稿


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

自然災害を描いた映画を紹介します。天変地異を思わせるような大規模災害に圧倒されるような作品です。


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!


『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

4月13日より『パシフィック・リム:アップ・ライジング』が公開され、再び前作が注目を集めています。 ロボットVS怪獣と聞くと、日本の特撮やアニメを想像する方も多いと思いますが、何を隠そう今作を手がけた監督も大のオタク! 今回は続編に向けて復習できるよう、前作のポイントをまとめました!


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

YouTube動画をきっかけに、国内外でも話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化された今作。 佐藤さんと土屋さんは『るろうに剣心』以降、2度目の共演ということもあり、お2人の共演エピソードを中心にまとめました。