『プリズン・エクスペリメント』「スタンフォード監獄実験」権力は人格を変えるのか?

『プリズン・エクスペリメント』「スタンフォード監獄実験」権力は人格を変えるのか?

「スタンフォード監獄実験」は、1971年にアメリカの名門スタンフォード大学の心理学教授たちにより行われた実験。雇った学生アルバイトにポストや身分を与え、それによって人がどう変わるかをテストしたものでした。事態は心理学者たちの想像を超え、学生たちは暴走し始めます。この映画は今日まで語り継がれる実験を描いています。


実験準備 学生アルバイトの面接

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

監獄における看守の囚人への暴行などは、生まれつきの性格がもたらすのか、それとも職務上の権利によって変化した人格のせい?フィリップ・ジンバルドーをリーダーとするスタンフォード大学の心理学チームは学生アルバイトを雇い、それぞれ囚人と看守に分け、実際の監獄を大学内に再現。看守と囚人の行動を実験します。

実験環境 大学内の監獄

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

面接を受けた学生アルバイトは犯罪歴がないかを調べられます。その多くは普通の学生です。日給は$15(現在の$90ほど)。ほとんどの学生は囚人を希望したようです。看守役と囚人役が決まり、大学の校舎に再現された監獄で2週間にわたる実験が準備されます。

実験開始 逮捕と収監

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

地元の警察の協力の下、囚人役の学生は逮捕され、大学の刑務所に送られます。

絶対服従 厳しい看守と囚人の反感

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

逮捕された囚人たちは鎖をつけられ、名前ではなく番号で呼ばれることになります。
看守たちは囚人に服従を求め、言うことを聞かない囚人には腕立て伏せなどの懲罰を与えます。そんな看守たちに反感を募らせていく囚人たち。

囚人と看守との対立

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

やがて一人の囚人がドアにベッドを立てて部屋から出ることを拒否します。
消火器で囚人を攻撃する看守たち。看守は反抗しないものに特権として良い食事を与えることにします。しかし、数人の囚人は大声で叫ぶなど異常な行動をとるようになります。

看守の暴走と囚人の悲鳴

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

囚人への罰則を強化する看守たち、実験から脱落する一人の囚人…。大学を訪れ、このような状況を目にした牧師は実験の異常性を指摘。教授たちは実験の継続をめぐり対立、しかし、リーダーのジンバルドーは継続を主張します。

実験の中止

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

しかし、対立は止まらず、看守たちは囚人への徹底的な服従を要求します。牧師だけではなくガールフレンドにまで実験の異常性を指摘され、ジンバルドーは実験の中止を決定します。

実験の結果

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

生まれつきの性格よりも権力が人格を変貌させると実験によって示されました。
映画では、普通の学生たちが恐ろしい看守に変貌する様子が描かれています。この実験は、ナチスドイツのユダヤ人収容所にいた普通の人間だった看守たちが権力に服従し、大虐殺を行ったというミルグラム実験(アインヒマン実験)の影響を受けています。

実験後の学生たちの意見、研究への評価は?

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

実験後に、教授と学生による意見交換が行われました。そこでは意外なコメントが飛び出します。

後世への影響

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

1971年に行われた後世に大きな影響を与えたこの実験を題材に、数多くの映画やテレビ番組が製作されています。

まとめ

『プリズン・エクスぺリメント』 (C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved

普通の学生が恐ろしい看守に変貌する実験がリアルに描かれています。どんなに性格の良い人間でも、権力によって変貌するという恐ろしい事実を学べます。楽しく笑える映画ではありませんが、人間性や性格、心理学などに興味ある人にはおすすめの映画です。

関連する投稿


DCヒーロー夢の共演!『ジャスティス・リーグ』あらすじ&みどころまとめ!DCシリーズのおさらいもこれを読めばバッチリ!

DCヒーロー夢の共演!『ジャスティス・リーグ』あらすじ&みどころまとめ!DCシリーズのおさらいもこれを読めばバッチリ!

2017年11月23日(木)公開の『ジャスティス・リーグ』のあらすじ&みどころに加え、これまでのDC作品のおさらいからキャスト情報までをぎっしり詰めました。バッチリ予習すれば、楽しさ倍増間違いなし!


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。