『ジョン・ウィック:チャプター2』クールな殺し屋ルビー・ローズ

『ジョン・ウィック:チャプター2』クールな殺し屋ルビー・ローズ

『ジョン・ウィック:チャプター2』でキアヌ・リーブス演じる伝説の殺し屋ジョン・ウィックの命を狙う殺し屋・アレスを演じているのが、新進女優ルビー・ローズ。カッコよすぎると全世界の女性から熱視線を送られている彼女が、ゾクゾクするようなクールさを見せて登場です。そんなルビーを映像と共に見てみましょう!


『ジョン・ウィック:チャプター2』殺し屋たちとの死闘!

『ジョン・ウィック:チャプター2』本ポスター (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

2015年に日本公開され、“キアヌ・リーブス完全復活”と話題を呼んだ『ジョン・ウィック』の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』。前作よりもバージョンアップしたと呼び声高い作品です。
前作の最後で出会った犬と共に、殺し屋稼業から足を洗い、静かに暮らしていたジョン・ウィックですが、新たな復讐劇、世界の殺し屋たちとの死闘が待っていました。

ジョン・ウィックを追い詰める殺し屋・アレス

ルビー・ローズ/『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights

今回の敵は全世界の殺し屋という衝撃の展開。
その中でも注目はルビー・ローズ演じる殺し屋アレスです。
前作をさらに上回る激しいアクションシーンの中、ひと際目を引くルビーの華麗な身のこなし。類まれなる運動神経が伺えます。

ルビー・ローズ、『ジョン・ウィック:チャプター2』について語る

ルビー・ローズ/『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights

「監督(チャド・スタエルスキ)は違う種類の格闘技、戦いの形、ときにはダンスの形までもを融合させ、変化させて"ガン・フー"や"ナイ・フー"などのオリジナルのものを作り出していて、そこがイカしてるの」とアクションシーンについて語るルビー。

ルビー・ローズ/『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights

「私たちは、ボクシングで行ってきたトレーニングにナイフと銃を組み合わせて、別の格闘技を作り出したの。次元は全く違ったけど、そうした経験(ボクシング)をしていたことは良かったわ」とルビーが話すように、ボクシングの経験があった彼女と監督がクリエイティブな感覚で作り上げた新しいアクションも気になります。

『ジョン・ウィック:チャプター2』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

地下鉄での肉弾戦から鏡張りの部屋、パーティー会場で華麗に敵を打ち殺していくなど激しい闘いシーンのオンパレードです!

ルビー・ローズってどんな人?

ルビー・ローズ-(C)Getty Images

1986年3月20日生まれ、オーストラリア出身。
いま大注目女優のひとりでもあるルビー・ローズですが、モデルとして有名ファッション誌の表紙を飾るなど、多方面で活躍しています。その中性的な魅力でイケメン女子として人気。
全身に掘られた多数のタトゥーでも知られ、プライベートではレズビアンを公表しています。

ルビー・ローズの出演作品

Netflixの大ヒットドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で中性的なステラ役を演じて話題になりました。
日本でも大ヒットした『バイオハザード:ザ・ファイナル』(’16)では、主人公アリス(ミラ・ジョボヴィッチ)の仲間のひとりであるアビゲイル役を演じていたルビー。

ルビー・ローズ/『トリプルX:再起動』 -(C) 2016 Paramount Pictures and Revolution Studios. All Rights Reserved.

『トリプルX:再起動』(’17)では、新生トリプルXの世界最強女性チームの一人として出演し、若手女優として躍進中。

『ジョン・ウィック:チャプター2』みどころ

『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights

柔道とカンフーなどの打撃に銃をミックスした"ガン・フー"、ナイフを駆使した"ナイ・フー"、車をアクロバティックに操りカーアクションを盛り込んだ"カー・フー"といったワクワクするようなアクションが満載。

『ジョン・ウィック』第3弾へのアイデアをすでにまとめているというキアヌ。シリーズ化も期待されています。

ルビー・ローズ/『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights

個性ある役柄を演じ、女優として着実にステップアップしているルビー・ローズ。
ジョン・ウィックに迫り、苦しめていく沈黙の殺し屋として、存在感ある演技を見せています。そんな彼女にも目が離せませんね。壮絶アクションが繰り広げられる『ジョン・ウィック:チャプター2』。劇場でこの興奮を体感してみませんか!

関連する投稿


超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

10月27日公開予定のSFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。 ここでは、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


『アトミック・ブロンド』男なんか信じるな!女性スパイ・ムービーの傑作8選

『アトミック・ブロンド』男なんか信じるな!女性スパイ・ムービーの傑作8選

10月20日に公開が迫る、シャーリーズ・セロンが製作も兼ねた入魂のスパイ・ムービー『アトミック・ブロンド』。その圧倒的な戦闘能力で敵をなぎ倒す姿は、ジェームズ・ボンドのお株を奪うソリッドな魅力に満ち溢れています。 ここでは、女性スパイを描いたスリリングな傑作の数々をご紹介致します。


リリー・コリンズ出演作品紹介&共演者まとめ

リリー・コリンズ出演作品紹介&共演者まとめ

映画『白雪姫と鏡の女王』で有名になったリリー・コリンズの出演作品・共演者達を紹介します!


『アトミック・ブロンド』爆誕!シャーリーズ・セロン入魂のスパイ・ムービー

『アトミック・ブロンド』爆誕!シャーリーズ・セロン入魂のスパイ・ムービー

10月20日公開予定の『アトミック・ブロンド』は、シャーリーズ・セロンが自ら長年に渡る入念な準備期間を経て満を持して世に放つ、入魂のスパイ・ムービーです。ここでは、本作に賭けた本気度が感じられるエピソードと共に、彼女の魅力に迫ります!


【Happy Birthday!】9月前半生まれのハリウッドスター

【Happy Birthday!】9月前半生まれのハリウッドスター

夏は終わったものの、まだまだ残暑が厳しい時期。 本記事では、9月前半に誕生日を迎えるハリウッドスターをご紹介します。 骨太なアクション俳優が集まる時分のようです!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。