人気モデルカーラ・デルヴィーニュ出演!『キッズ・イン・ラブ』

人気モデルカーラ・デルヴィーニュ出演!『キッズ・イン・ラブ』

舞台はロンドン、まばゆいほどに輝くひと夏の恋をスタイリッシュに描く『キッズ・イン・ラブ』。主演のウィル・ポールターはじめ、スーパーモデルでありながら女優としても活躍するカーラ・デルヴィーニュ、ヒロイン役のアルマ・ホドロフスキーなど世界をリードする若き精鋭たちが集結しました!その瑞々しい青春ストーリーを見てみましょう!


冴えない日々を送るジャックと美少女イブリンの出会いから始まる『キッズ・イン・ラブ』ストーリー

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

大学入学を控えた夏休み、主人公ジャック(ウィル・ポールター)は、親が勝手に決めたインターンシップの予定があるくらい、いつも「人生にはもっと"何か"があってもいいはず!」と口にはするものの自分から行動を起こせず、冴えない日々を過ごしていた。

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

そんなある日、ジャックは美しいイブリン(アルマ・ホドロフスキー)と出会う。彼女との出会いで、ジャックの人生は一変して輝きだします。

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

ジャックの夏休みは、ハイクラスな仲間や自由奔放なイブリンと過ごす充実した日々になる。この華やかで楽しい時間がずっと続くと思っていたが…。

主演はウィル・ポールター

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

主演を務めるのは、2014年英国アカデミー賞オレンジ・ライジング・スター賞を受賞したウィル・ポールター。『ナルニア国物語/第3章』『なんちゃって家族』『レヴェナント: 蘇えりし者』など話題作への出演が多い期待の俳優です。

トーマス・ブロディ=サングスター/『メイズ・ランナー』 (C) 2014 Twentieth Century Fox Film.

2014年公開、世界55か国で初登場№1を獲得したサバイバル・アクション大作『メイズ・ランナー』では、トーマスと対立するギャリー役での演技が高く評価されました。

ヒロインにはアルマ・ホドロフスキー

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

ヒロインには、鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫娘で、女優・ミュージシャン・モデルとマルチな活躍を見せるアルマ・ホドロフスキー。2013年に第66回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『アデル、ブルーは熱い色』にも出演しています。

人気モデルカーラ・デルヴィーニュも活躍

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

2012年『 アンナ・カレーニナ』のソロキナ嬢役で女優デビュー。以降、スーパーモデルでの活躍とともに女優業も継続しています。『天使が消えた街』や『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』など、数々の作品に出演し、演技の幅を広げている。

『スーサイド・スクワッド』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『スーサイド・スクワッド』では、人間と魔女の間で揺れる多重人格者のエンチャントレス役を熱演。ミステリアスで強烈なキャラクターを見事に演じきっています。スタイルの良さとビジュアルが目を惹きますね。

『キッズ・イン・ラブ』が描く、一生に一度きりのゴールデン・タイム

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

恋に悩んだりその甘酸っぱさを感じたりしながら、楽しい仲間と時間を忘れ過ごす最高の日々。そして迷いながらも未来を選んでいく青年の成長を、淡く瑞々しく描いていく。誰しもが青春の日々に経験したことが詰まっている作品です!

この夏公開『キッズ・イン・ラブ』

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

「きみに出会って、人生がカラフルに輝く」こんな素敵なフレーズがポスターに描かれている『キッズ・イン・ラブ』。予告編のラストでは「僕は君の何?」というジャックの問いに、戸惑ったイブリンの表情で終了しています。気になるこの続きは是非劇場で確かめてみてください!

関連する投稿


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の人たちのことを意味します。最近は同性愛者であることを公言する有名人も増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


『ブライト』まとめ!Netflix映画についにウィル・スミス降臨!

『ブライト』まとめ!Netflix映画についにウィル・スミス降臨!

映画好きほど加入していると言っても過言ではないNetflix。 オリジナル映画も数多くあり、その殆どが完成度の高い魅力的な作品になっています。 今回はその中でも、特に注目を集めている超大作『ブライト』についてまとめました!


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。