『バードマン』『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン出演作品5選!

『バードマン』『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン出演作品5選!

『ラブ・アゲイン』や『アメイジング・スパイダーマン』など、ライアン・ゴズリングとの共演が多いことで知られる美人女優エマ・ストーンの過去出演作5選をご紹介します。


ライアン・ゴズリングとはじめての共演【ラブ・アゲイン】

『ラブ・アゲイン』 -(C) 2011 - Warner Bros.

長年連れ添った愛妻に突然、浮気報告&離婚の申し出を突きつけられた40代の中年男、キャル。それまでの申し分ない生活は一気に崩れ去り、途方に暮れてしまう彼。そんなある日、ひとり寂しくバーで過ごしていたキャルは、30代のプレイボーイ・ジェイコブと知り合います。妻への未練を断ち切れないキャルにもう一花咲かせるべく、ジェイコブは彼に酒の飲み方からハイファッションまで、“モテ”の術を指南していき…。

『ラブ・アゲイン』 -(C) 2011 - Warner Bros.

エマ・ストーンは本作でライアン・ゴズリングとはじめての共演。その後『L.A.ギャングストーリー』で2度目、『ラ・ラ・ランド』で3度目の共演を果たしています。ちなみに、主人公を演じたスティーヴ・カレルとライアン・ゴズリングは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でそれぞれ怒れるヘッジファンド・マネージャー、怪しい銀行家という役柄で共演。スティーヴ・カレルの印象とライアン・ゴズリングに対する態度が本作とはガラリと異なるものに。ライアン・ゴズリングがスティーヴ・カレルに重要なことを教える、という構図は変わっていませんが。

アメコミ大作のヒロインに抜擢【アメイジング・スパイダーマン】

幼い頃、両親に捨てられ叔父と叔母とともに普通の生活を送っていたピーター・パーカー。しかしある日、科学者であった父のブリーフケースを発見したことから、両親の隠された過去を追い始めます。父のパートナーであったコナーズ博士の下を訪ねたことをきっかけに、ピーターは自身の過酷な運命に気づき――。

© 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. MARVEL, and all Marvel characters including the Spider-Man character ™ & © 2012 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

エマ・ストーンはヒロインのグウェン・ステイシーを演じ、続編『アメイジング・スパイダーマン2』にも同じ役で引き続き出演しています。

美しい凄腕占い師【マジック・イン・ムーンライト】

『マジック・イン・ムーンライト』-(C) Photo: Jack English (c)2014 Gravier Productions, Inc.

この世に魔法や超能力は絶対に存在しないと信じる、イギリス人マジシャンのスタンリー。大富豪が入れ込んでいるアメリカ人占い師がいると聞き、そのトリックを暴くためコート・ダジュールの豪邸へと乗り込みます。自信満々のスタンリーでしたが、占い師ソフィーの驚くべき透視能力に圧倒され、人生観までもが根底からひっくり返されるハメに。しかも容姿も性格もチャーミングな彼女に、不覚にも魅了されてしまい…。

エマ・ストーン/『マジック・イン・ムーンライト』-Photo: Jack English (c)2014 Gravier Productions, Inc.

ウディ・アレン監督作品。監督のセンスもあいまって、とてもおしゃれで魅力的な女性に仕上がっているエマ・ストーン。日本に根付く一般的な占い師のイメージとは少し離れたカジュアルで個性的なファッションですね。

アカデミー助演女優賞にノミネート【バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』-(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

俳優のリーガンは、かつてはスーパーヒーロー映画『バードマン』でスターの頂点へのぼりつめたが、いまではいわゆる“落ち目の俳優”に成り下がっていました。再起をかけたブロードウェイの舞台では、出演者がケガで降板して出鼻をくじかれ、代役の実力派俳優マイクは、しだいに彼の脅威に。疎遠だった娘に愛情は伝わらず、無意識に舞台の役柄に自分自身を重ねていくリーガン。公私にわたり精神的に追い込まれる彼を、やがて“バードマン”までが扇情していき…。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』本ポスター -(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

エマ・ストーンはリーガンの娘、サム・トムソンとして登場。アカデミー助演女優賞をはじめ、複数の権威ある映画賞にノミネートされ、そのうちボストン映画批評家協会賞助演女優賞を受賞しました。

ライアン・ゴズリングと3度目の共演【ラ・ラ・ランド】

『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

カリフォルニア州ロサンゼルスを舞台に、ジャズバーを開くことを目標にしているセバスチャンと、大女優になることを目標にしているミアの姿を描いた物語。最初は楽しく日々を送っていた彼らですが、やがて夢を追い続けることに対するシビアな問題にぶつかることになります。エマ・ストーンとライアン・ゴズリングはこの作品を通して3度目の共演。

オスカー女優の仲間入りをはたしたエマ・ストーン!

『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

『ラ・ラ・ランド』への出演を通して第89回アカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーン。オスカー女優として、これからどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

関連する投稿


【今週末公開の映画】7/6~『虹色デイズ』『バトル・オブ・セクシーズ』

【今週末公開の映画】7/6~『虹色デイズ』『バトル・オブ・セクシーズ』

7/6(金)、7/7(土)に公開される映画を一挙ご紹介。集英社「別冊マーガレット」に連載された人気少女マンガ『虹色デイズ』実写化や、スポーツ界だけでなく、その後様々業界で男女間の格差を埋める動きが起きたと行っても過言でないテニス試合『バトル・オブ・セクシーズ』など、期待作が盛りだくさんです!


エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

『ラ・ラ・ランド』以後、新作の出演に注目が集まるエマ・ストーンが、実在のテニスプレイヤー、ビリー・ジーンに扮した注目作。 実際に世界中が注目した「性差を超えた戦い」にはどんなドラマがあったのか? 今回は作中に登場する実在の選手や、今もなお見られ男女格差についても、作品を通してまとめました。


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

2000年以降のロマンチックな海外恋愛映画をあつめてみました!恋がしたくなることまちがいなしの恋愛映画を、ランキング形式でご紹介します。


最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。