祝・ボリウッド版ランボー爆誕!元祖ランボー=スタローン怒涛の人生!

祝・ボリウッド版ランボー爆誕!元祖ランボー=スタローン怒涛の人生!

2018年にボリウッド版『ランボー』が公開予定という、男なら血沸き肉躍るビッグニュースが飛び込んできましたね。主演はタイガー・シュロフ。画像検索してみると「こいつならやれるのでは?」と思わせる風貌です。 ここで改めて、元祖ランボー=シルベスター・スタローンの怒涛の人生を知っておきましょう!


文字通りのアメリカンドリームを掴んだ29歳

『ロッキー』 - (C) 1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved

出産時の手術ミスにより、顔面麻痺に伴う言語障害に苦しんだスタローン。治安の悪い地域に生まれ、恵まれない家庭環境も相まって悲惨な幼少期を過ごしますが、演劇に目覚め、23歳から俳優を目指すこととなります。主演デビュー作は成人向け映画でした。
生来のハンディの影響もあり、実に54回ものオーディションに落選。そんなある日、観戦したボクシングの試合に感銘を受けたスタローン。たった3日間で1本の脚本を書き上げ、それを持参し映画会社へ売り込みに向かいます。自分が主演するという条件を頑として譲らず、満を持して完成したのがご存じ『ロッキー』。評判が評判を呼んで大ヒットし、なんとアカデミー作品賞を受賞。

これは運でも何でもなく、まさに自分の手でつかみとった成功ですね。文字通りのアメリカンドリームを体現した男です。ご存じの通り『ロッキー』シリーズはスピンオフ作品も含め、継続して製作中です。

名だたる名優が全員断ったオファー:ランボー役に挑んだ36歳

シルベスター・スタローン-(C)Getty Images

華々しくスターダムにのし上がったものの、『ロッキー』シリーズ以外全くヒット作に恵まれず、一発屋扱いされ始めたスタローン。「ギャラは安くてもいいから主演させてくれ!」と懇願したほど夢中になった企画が『ランボー』。めでたく主演を射止め、そして大ヒット。
Part3まで製作されましたが、人間味と哀愁溢れるジョン・ランボーといえば、やはり一作目。
戦時中は英雄だったベトナム帰還兵が、帰国後に酷い仕打ちを受け、たったひとりで警察や軍隊に戦いを挑む、というヘビーなテーマの影響か、クリント・イーストウッド、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ジョン・トラボルタに断られ、唯一乗り気だったスティーブ・マックイーンは病気のため降板してしまったという、まさにいわくつきの企画でした。
そうそうたる顔ぶれですが、今となればスタローン以外考えられませんよね!

もう体が動かない!アクション映画引退を表明した50歳

その後も『ロック・アップ』『クリフハンガー』など、主にアクション作品で大ヒットを飛ばし続けたスタローンにも転機がやってきてしまいました。
1996年の『デイライト』を最後に、アクション映画から引退すると公式に表明。
年齢を理由にしていましたが、実はちょうどこの年に長女が生まれています。既に息子は2人いましたが、長女が生まれたことを機に、もう暴力的な映画は撮りたくないと周囲に漏らしていたとか。年齢説よりもこちらのほうが信憑性が高そうですね…。

シリーズ史上最も過激なジョン・ランボー復活!還暦超えた62歳

シルベスター・スタローン-(C)Getty Images

有言実行。バイオレンス描写のある作品から遠ざかっていたスタローンですが、あれから十数年。のちに生まれた娘も全員物心ついたのでしょうか。遂に『ランボー』シリーズ最新作が製作されました。その名も『ランボー/最後の戦場』。原題はズバリ『John Rambo』です。
御年62歳。還暦を過ぎたスタローンが戻ってきました!シリーズ史上最高に過激な、まるで第二作の『ランボー/怒りの脱出』を極限まで過激に、かつリアルに描き直したアグレッシブな最新作となっています。

『ランボー 最後の戦場』 -(C) 2007 EQUITY PICTURES MEDIENFONDS GMBH & CO.KG IV

やはり最新作が群を抜いて過激!
約20年振りの新作ですが、本当はこれを長年撮りたかったのでしょう。

ボリウッド版ランボー爆誕!まだやれるのか?71歳

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』/(C) EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

その後は寄る年波に逆行し、黄金期に戻ったかのようにアクション映画を精力的に撮っているスタローン。
中でも『エクスペンダブルズ』シリーズは、かつてのアクション俳優のライバルを総動員したド派手なアクション。彼の新たな代表作となりつつあります。

シルベスター・スタローン -(C) Getty Images

そんな矢先、インド映画界ボリウッドから、なんと『ランボー』のリメイク製作が発表されました。主演は全盛期のスタローンの生き写しと言ってもいいインド映画界のホープ、タイガー・シュロフ。彼にとってもスタローンは憧れの存在だったようで、リメイク版ランボーへの意気込みを熱く語っていました。

タイガー・シュロフ-(C)Getty Images

「ボリウッド版ランボーには関与しないが応援しているよ!」というスタローンの声明が公式にリリースされています。
世代交代のようで少し寂しい気持ちを抱かざるを得ませんね。
スターの地位を苦労して勝ち取ったスタローンは、かつての自分の姿をそこに見たのかもしれません。

スタローンも71歳。すっかり美しく成長した娘たちに囲まれて幸せそうな表情を浮かべています。
新たなランボー=タイガー・シュロフの容貌と意気込みを見る限り、ランボーは若い奴に任せても大丈夫そうです。
とは言え、まだまだスタローンには暴れ回ってほしいというのが本音!いぶし銀の魅力でこれからも頼むぜ、スタローン!

関連する投稿


リュック・ベッソン監督映画おすすめランキングTOP20!

リュック・ベッソン監督映画おすすめランキングTOP20!

『レオン』の監督で知られるリュック・ベッソン。作品はたくさんあるけど実はよく知らない…。という方に今回はリュック・ベッソンが監督・製作・脚本を手掛けた20作品をあらすじとともにランキング形式でご紹介します。


ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

メキシコ出身、独創的な世界感が大旋風を巻き起こした映画界のヒットメイカー、ギレルモ・デル・トロ監督の作品はいくつご覧になってますか?日本のマンガや特撮映画に影響を受けた彼の作品から繰り出される映像美は官能的で素晴らしいですよね。ここでは彼が監督に携わった作品を紹介しています。是非ご覧ください。


クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います!


映画『アクアマン』のあらすじ・キャスト 観る前に知っておきたい予備知識!

映画『アクアマン』のあらすじ・キャスト 観る前に知っておきたい予備知識!

2019年2月8日に全国ロードショーされる、DC史上最高のマーベル映画とも言われている映画『アクアマン』。アクアマンは、YouTubeでパロディ作品が作られたりサタデー・ナイト・ライブのコントのネタにされたりして、時には政治家などが海洋汚染の話を若者に訴える時に引用されたりと、アメリカでは70年以上も愛されている有名なキャラクター。満を持して、実写版映画としての登場です!そして北米映画興行収入ランキング初登場1位となったくらいの話題作。日本では2019年2月公開という事で、期待が膨らみます!出演キャストも旬の俳優から80年代映画ファンにも嬉しいキャストまで勢ぞろい!そんな『アクアマン』の予備知識を紹介していきたいと思います!


コリン・ファレルの出演映画おすすめ7選!

コリン・ファレルの出演映画おすすめ7選!

23歳で映画デビューして以来、ハリウッドでずっとトップに君臨し続けている実力派俳優コリン・ファレル。意志の強いクッキリと太い眉に対して優しい目の表情が印象的です。デビュー間もなくしてアル・パチーノやケヴィン・スペイシー、ベン・アフレック等の大物俳優たちと共演したり、また大作で主演を張ったりなど目立った活躍が続き世界中から注目を浴び評価されました。そしてそれは一過性のものではなく現在まで続いているのです。そんな中で、人気者が故の事件に見舞われたりとかがあり、そして家庭面では決して安定してませんが素敵な女性との出会いもあり、2人の子供に恵まれています。そんなコリン・ファレルのトピックや、代表的な出演作の紹介をしていきたいと思います。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。