E・ジョンの伝記映画『Rocketman』主演はタロン・エガートンへ

E・ジョンの伝記映画『Rocketman』主演はタロン・エガートンへ

エルトン・ジョンの人生をテーマに描く伝記映画『Rocketman』(原題)。トム・ハーディがエルトン役に決定したと報じられていましたが、現在タロン・エガートンと交渉中なのだとか。


E・ジョンの半生を描く映画『Rocketman』

エルトン・ジョン -(C) Getty Images

エルトン・ジョンの代表曲をそのままタイトルにした『Rocketman』(原題)は、彼の半生をファンタジックなテイストで描くミュージカル映画です。

エルトン・ジョン -(C) Getty Images

この映画は、エルトン自身がパートナーのデイヴィッド・ファーニッシュと製作総指揮を務めます。

2013年には「トム・ハーディ主演」との報道が

トム・ハーディ-(C)Getty Images

エルトン役については、2013年にトム・ハーディの名前が浮上し「Hit Fix.com」が第一報を報じました。「製作側がトムに正式にオファーしたわけではないし、トムが興味を示したということではない」と記事は慎重なトーンでしたが、2015年にはエルトン役として決定していました。

しかし、トムにとって歌うことはハードルがかなり高かったようです。2015年の時点でトムは「The Sun」紙に「俺は歌手じゃないから、本当にどうしていいかわからないよ」「『Rocketman』のために一生懸命練習しているんだけど、歌手のように口を開くって難しいね」とちょっとした弱音を吐いていました。

歌える俳優「タロン・エガートン」

タロン・エガートン - (C) Getty Images

“歌えること”が必要条件の1つであるエルトン役。そこで名前が挙がったのがタロン・エガートンです。『Rocketman』(原題)を監督するデクスター・フレッチャー&マシュー・ヴォーンと内輪の話し合いが行われているのだとか。

『SING/シング』  (C)Universal Studios.

タロンはシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露したことでも話題のミュージック・エンターテインメント映画『SING/シング』で声優を務めています。

ジョニー(ゴリラ)『SING/シング』  (C)Universal Studios.

『SING/シング』では、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願い、ギャングファミリーを抜け出し歌手になることを夢見るジョニー(ゴリラ)役として歌を披露していることから、必要条件の“歌えること”をクリアしています。

タロン・エガートン - (C) Getty Images

さらにタロンは、フレッチャー監督の『イーグルジャンプ』に主演、ヴォーン監督の『キングスマン』、『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演していることから、どちらの監督とも顔なじみです。

エルトン・ジョンとタロン・エガートンの接点

エルトン・ジョン&タロン・エガートン -(C) Getty Images

実はエルトン本人も『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演していたり、タロンは声優を務めた『SING/シング』でエルトンの楽曲を歌っていたりと、エルトンとタロンにもつながりと縁があるんですよ。

タロンが演じるエルトン・ジョンに期待!

エルトン・ジョン -(C) Getty Images

4億ドル超えのメガヒットを記録し、全世界が熱狂した『キングスマン』と、その待望の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』の主人公エグジーを演じて大ブレイクしたタロン・エガートンが『Rocketman』でエルトン・ジョンをどう演じるのか、今から楽しみですね!

関連する投稿


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


ジュリアン・ムーア出演映画おすすめ11作品!『CHLOE/クロエ』『アリスのままで』ほか

ジュリアン・ムーア出演映画おすすめ11作品!『CHLOE/クロエ』『アリスのままで』ほか

数々の映画賞を総なめにしてきた実力派女優ジュリアン・ムーア。2014年公開の『アリスのままで』では、5度目のアカデミー賞を受賞しました。今回はそんな彼女が出演した映画おすすめ11作品をあらすじを合わせてご紹介します。


今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


『SING/シング』映画の声優キャスト&あらすじ紹介!【本場声優VS日本語吹き替え】

『SING/シング』映画の声優キャスト&あらすじ紹介!【本場声優VS日本語吹き替え】

2017年3月に公開されて大ヒットした『SING/シング』を知っていますか?『ミニオンズ』で有名なスタジオが送るアニメーション作品である本作。アニメだから子供向け?と侮る事なかれ!大人も子供も楽しめる魅力がいっぱい詰まっているんです。そんな『SING/シング』のあらすじやキャスト、本作の"スゴイところ"をご紹介!


映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

ミュージカル映画の傑作『レ・ミゼラブル』はもう観ましたか?何となくハードルが高いと思っていませんか?実はそんな事ありません。ここでは肩の力を抜いて作品を楽しむための大まかなあらすじ、キャスト、絶対に観たくなるトリビアを紹介しています。世界が広がりますよ!さっそく読んでみてください。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。