ベン・アフレックも降板!スリラー『Triple Frontier』降板劇を考える

ベン・アフレックも降板!スリラー『Triple Frontier』降板劇を考える

ハリウッドでは、何らかの事情で最終キャスト/スタッフが入れ替わることは決して珍しくはない…が、今回ご紹介するスリラー『Triple Frontier』での怒涛の降板劇は、一体この企画はどんな事情を抱えているのか?と興味が尽きない。本命だったベン・アフレックも降板してしまった今、少し推理してみよう。


43歳の新鋭、J・C・チャンダーが監督予定

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』ポスタービジュアル - (C) 2014 PM/IN Finance.LLC. American-dreamer.gaga.ne.jp

現在のところ、監督予定は43歳の新鋭、J・C・チャンダー。
2011年の長編映画デビュー作『マージン・コール』で早くもアカデミー脚本賞にノミネート。全編セリフがない異色ドラマ『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』や『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』など、骨太かつ斬新なドラマで、ハリウッドの次世代を担う旗手と称えられている。

マハーシャラ・アリ-(C)Getty Images

主演級のキャスティングが一向に定着しない中、マハーシャラ・アリが降板したという話は出ていない。『ムーンライト』でアカデミー助演男優賞を受賞したことも記憶に新しいアリも、この騒動は気が気でないだろう。

降板してしまった大物俳優たち その1

トム・ハンクス-(C)Getty Images

数年前から企画されていた『Triple Frontier』。次々と降板してしまった俳優たちを振り返ろう。
まずは大御所、トム・ハンクス。理由については見当もつかないが、ギャラは高い。

ウィル・スミス-(C)Getty Images

ウィル・スミスは、オファー当時『素晴らしきかな、人生』の撮影スケジュール都合上、折り合いがつかなかったようだ。彼も相当なギャラを取る。
予算の折り合いがつかないという理由は、大いにあり得る話だ。

降板してしまった大物俳優たち その2

ジョニー・デップ-(C)Getty Images

当時は本命かと思われていたが、ジョニー・デップも出演交渉していた。余程、魅力的な企画なのだろう。しつこいようだが、彼もとんでもないギャラを取る。

チャニング・テイタム-(C)Getty Images

チャニング・テイタムも降板したひとり。既に中堅のキャリアを持ち、様々な役柄に果敢に挑戦してきた。

降板してしまった大物俳優たち その3

トム・ハーディ-(C)Getty Images

そして今をときめくトム・ハーディ。チャニング・テイタムと同じ時期に降板が判明した。
当初、2017年5月撮影開始とみられていたが、2人の降板により、映画の製作自体に赤信号が灯った。
「Deadline」誌が4月に報じたところによると、J・C・チャンダー監督はマーク・ボールによる脚本を改稿。その変更点が、トムとチャニングにとっては不評だったようだ。

ベン・アフレック-(C)Getty Images

トム・ハーディの後釜として本命視されていたのが、ベン・アフレック。彼もつい先日、降板が発表され、またしても製作開始はお預けになった。
一時は『200本のたばこ』以来、実に20年ぶりとなるケイシー・アフレックとの兄弟共演も噂されたが、叶わなかった。

キャスリン・ビグロー×マーク・ボールのタッグ解消が原因?

キャスリン・ビグロー監督 Richard Harbaugh -(C)A.M.P.A.S.

後を絶たない降板劇だが、実は元々この企画、大御所女流監督のキャスリン・ビグローがメガホンを取ることになっていた。『Triple Frontier』脚本のマーク・ボールとは、『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』の2作で連続タッグを組み、賞レースを総なめした職人監督。

キャスリン・ビグロー監督&脚本のマーク・ボール -(C) Startraks/AFLO

まさに名コンビのふたりだが、ビグロー監督のみ降板してしまう。
その後、アカデミー脚本賞受賞者でもあるマーク・ボールの脚本をJ・C・チャンダー監督が改稿したというニュースを聞くにつけ、企画の持つテーマ、シナリオ、人物など、本作のキーとなる部分に関して、J・C・チャンダー監督が独自の強いこだわりを持っているのかもしれない。

まとめ

ベン・アフレック&ケイシー・アフレック-(C)Getty Images

予算なのか?脚本なのか?興味は尽きないが、そろそろ降板劇を落ち着かせてもらいたいのが本音。
これだけの名優たちが興味を示した企画、只者であるはずがない!

関連する投稿


8/3放送金曜ロードショー『オデッセイ』のみどころを探る!

8/3放送金曜ロードショー『オデッセイ』のみどころを探る!

巨匠リドリー・スコット監督がメガホンをとり、マット・デイモン主演で描く超大作『オデッセイ』。探査中の事故で火星に取り残された宇宙飛行士が、わずか31日分の食料とともに、気温-55度、酸素ほとんどなし、水なし、通信手段なし、最大風速400km/時という環境でも、希望を捨てず生き延びようとあがく姿が描かれています。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


『アベンジャーズ』『ボーン・レガシー』『ハート・ロッカー』など骨太映画に出演!ジェレミー・レナーまとめ

『アベンジャーズ』『ボーン・レガシー』『ハート・ロッカー』など骨太映画に出演!ジェレミー・レナーまとめ

アカデミー賞にも主演男優賞でノミネートされた『ハート・ロッカー』をはじめ、『アベンジャー』シリーズにもホーク・アイ役として出演を果たしているジェレミー・レナー。今回は彼の人となりや私生活をはじめ、主演作以外に名演技を見せてくれた作品などを一挙ご紹介します!


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。