ベン・アフレックも降板!スリラー『Triple Frontier』降板劇を考える

ベン・アフレックも降板!スリラー『Triple Frontier』降板劇を考える

ハリウッドでは、何らかの事情で最終キャスト/スタッフが入れ替わることは決して珍しくはない…が、今回ご紹介するスリラー『Triple Frontier』での怒涛の降板劇は、一体この企画はどんな事情を抱えているのか?と興味が尽きない。本命だったベン・アフレックも降板してしまった今、少し推理してみよう。


43歳の新鋭、J・C・チャンダーが監督予定

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』ポスタービジュアル - (C) 2014 PM/IN Finance.LLC. American-dreamer.gaga.ne.jp

現在のところ、監督予定は43歳の新鋭、J・C・チャンダー。
2011年の長編映画デビュー作『マージン・コール』で早くもアカデミー脚本賞にノミネート。全編セリフがない異色ドラマ『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』や『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』など、骨太かつ斬新なドラマで、ハリウッドの次世代を担う旗手と称えられている。

マハーシャラ・アリ-(C)Getty Images

主演級のキャスティングが一向に定着しない中、マハーシャラ・アリが降板したという話は出ていない。『ムーンライト』でアカデミー助演男優賞を受賞したことも記憶に新しいアリも、この騒動は気が気でないだろう。

降板してしまった大物俳優たち その1

トム・ハンクス-(C)Getty Images

数年前から企画されていた『Triple Frontier』。次々と降板してしまった俳優たちを振り返ろう。
まずは大御所、トム・ハンクス。理由については見当もつかないが、ギャラは高い。

ウィル・スミス-(C)Getty Images

ウィル・スミスは、オファー当時『素晴らしきかな、人生』の撮影スケジュール都合上、折り合いがつかなかったようだ。彼も相当なギャラを取る。
予算の折り合いがつかないという理由は、大いにあり得る話だ。

降板してしまった大物俳優たち その2

ジョニー・デップ-(C)Getty Images

当時は本命かと思われていたが、ジョニー・デップも出演交渉していた。余程、魅力的な企画なのだろう。しつこいようだが、彼もとんでもないギャラを取る。

チャニング・テイタム-(C)Getty Images

チャニング・テイタムも降板したひとり。既に中堅のキャリアを持ち、様々な役柄に果敢に挑戦してきた。

降板してしまった大物俳優たち その3

トム・ハーディ-(C)Getty Images

そして今をときめくトム・ハーディ。チャニング・テイタムと同じ時期に降板が判明した。
当初、2017年5月撮影開始とみられていたが、2人の降板により、映画の製作自体に赤信号が灯った。
「Deadline」誌が4月に報じたところによると、J・C・チャンダー監督はマーク・ボールによる脚本を改稿。その変更点が、トムとチャニングにとっては不評だったようだ。

ベン・アフレック-(C)Getty Images

トム・ハーディの後釜として本命視されていたのが、ベン・アフレック。彼もつい先日、降板が発表され、またしても製作開始はお預けになった。
一時は『200本のたばこ』以来、実に20年ぶりとなるケイシー・アフレックとの兄弟共演も噂されたが、叶わなかった。

キャスリン・ビグロー×マーク・ボールのタッグ解消が原因?

キャスリン・ビグロー監督 Richard Harbaugh -(C)A.M.P.A.S.

後を絶たない降板劇だが、実は元々この企画、大御所女流監督のキャスリン・ビグローがメガホンを取ることになっていた。『Triple Frontier』脚本のマーク・ボールとは、『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』の2作で連続タッグを組み、賞レースを総なめした職人監督。

キャスリン・ビグロー監督&脚本のマーク・ボール -(C) Startraks/AFLO

まさに名コンビのふたりだが、ビグロー監督のみ降板してしまう。
その後、アカデミー脚本賞受賞者でもあるマーク・ボールの脚本をJ・C・チャンダー監督が改稿したというニュースを聞くにつけ、企画の持つテーマ、シナリオ、人物など、本作のキーとなる部分に関して、J・C・チャンダー監督が独自の強いこだわりを持っているのかもしれない。

まとめ

ベン・アフレック&ケイシー・アフレック-(C)Getty Images

予算なのか?脚本なのか?興味は尽きないが、そろそろ降板劇を落ち着かせてもらいたいのが本音。
これだけの名優たちが興味を示した企画、只者であるはずがない!

関連する投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンロー役を見事に演じきったミシェル・ウィリアムズ。今回はそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。2019年公開予定の最新作情報も合わせてお伝えいたします。


Netflixドラマ「ベイツ・モーテル」シーズン1あらすじ&キャスト徹底解説![ネタバレあり] 

Netflixドラマ「ベイツ・モーテル」シーズン1あらすじ&キャスト徹底解説![ネタバレあり] 

現在ネットフリックスで配信中のドラマ「ベイツ・モーテル」。アメリカのオレゴン州で暮らすサイコな親子を描いたサスペンスドラマで、放送当時から全米を震撼させ人気となった作品。実力派キャストが繰り広げるサイコな世界は必見です!今回はそんな「ベイツ・モーテル」のあらすじやキャストをご紹介していきます!


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。