オダギリジョーに関する記事


40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

経験と実力を兼ね備えた40代イケメン俳優たち。主役だけでなく脇役もこなせる彼らは、映画やドラマに引っ張りだこですよね。今回はそんな40代イケメン俳優の中から、とびきり渋くてかっこいい20人をご紹介!代表作や私生活の情報も合わせてお伝えしていきます。お気に入りのイケメン俳優は入っているのか?ぜひチェックしてみて!


『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

主演を宮沢りえが務めた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞を受賞し話題になりました。キャストとして宮沢りえの他に、杉咲花やオダギリジョー、松坂桃李などが出演しています。今回は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』について紹介します。


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


原作ファンも納得の人選!『南瓜とマヨネーズ』あらすじとキャスト

原作ファンも納得の人選!『南瓜とマヨネーズ』あらすじとキャスト

恋愛マンガの金字塔との呼び声高い魚喃キリコ原作の『南瓜とマヨネーズ』が待望の映画化!原作ファンも納得の素晴らしいキャスティングとなった、『南瓜とマヨネーズ』のあらすじとキャストをご紹介します。


【今週末公開の映画】11/10~『ジグソウ:ソウ・レガシー』『南瓜とマヨネーズ』など

【今週末公開の映画】11/10~『ジグソウ:ソウ・レガシー』『南瓜とマヨネーズ』など

11/10から公開される映画を一挙ご紹介!大ヒットシリーズ待望の新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』や、女性の恋模様をリアルに描いた『南瓜とマヨネーズ』など、話題作が盛りだくさんです!


【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

松本潤×有村架純初共演、禁断の純愛を描いた『ナラタージュ』、ついに終結を迎える『アウトレイジ 最終章』、菅田将暉×ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野 前篇』など、10月6日、7日に公開される話題作の映画を一挙ご紹介いたします!気になる作品はありますか?


『blank13』第20回上海国際映画祭で最優秀監督賞を受賞!

『blank13』第20回上海国際映画祭で最優秀監督賞を受賞!

『blank13』で長編初監督を務めた齊藤工さんが第20回上海国際映画祭「アジア新人賞部門」で最優秀監督賞を受賞しました!監督・俳優としての齊藤工さんと、キャストのリリー・フランキーさん、高橋一生さんの出演作品と魅力をご紹介していきたいと思います!


『それでもボクはやってない』『はじまりのみち』加瀬亮主演作品5選!

『それでもボクはやってない』『はじまりのみち』加瀬亮主演作品5選!

『重力ピエロ』『スクラップ・ヘブン』など、浅野忠信の付き人からそのキャリアをスタートさせ、現在の地位までのぼりつめた俳優加瀬亮の主演作品5選をご紹介します。


 桐谷健太の出演映画10選!又吉直樹原作『火花』の主演にも抜擢!

桐谷健太の出演映画10選!又吉直樹原作『火花』の主演にも抜擢!

某携帯電話会社のCMですっかりおなじみ。高い歌唱力をほこるイケメン俳優、桐谷健太の魅力が光る過去出演作10選をご紹介します。


『鍵泥棒のメソッド』『クリーピー 偽りの隣人』熱血セコンドから、冷血な殺人鬼まで!香川照之の演技力が光る映画5選

『鍵泥棒のメソッド』『クリーピー 偽りの隣人』熱血セコンドから、冷血な殺人鬼まで!香川照之の演技力が光る映画5選

NHKで冠番組をゲット!「怪演」という言葉がピッタリな日本を代表する俳優香川照之。彼が過去に出演した名作5選をご紹介します。


オダギリジョー主演!『エルネスト』スペイン語で熱演!ゲバラの意思を継ぐ

オダギリジョー主演!『エルネスト』スペイン語で熱演!ゲバラの意思を継ぐ

チェ・ゲバラと共に戦った日系人をオダギリジョーが演じる。エルネストという作品のあらすじや監督の言葉、オダギリジョーの魅力に迫る。