スキャナー・ダークリーに関する記事


リチャード・リンクレイター映画監督の世界!新作&過去作品紹介

リチャード・リンクレイター映画監督の世界!新作&過去作品紹介

1990年代に入った頃、インディペンデント映画界から突如頭角を現した異端の映画監督リチャード・リンクレイター。1995年の第45回ベルリン国際映画祭で『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』が最優秀監督賞を受賞。この作品は "ビフォア三部作" の幕開けとなり、他2作もアカデミー賞でノミネートされています。代表作『6才のボクが、大人になるまで。』は公開されるとアメリカでも批評家・観客の双方から絶賛されアカデミー賞で監督賞・脚本賞でのノミネート、さらにゴールデングローブ賞でも最優秀監督賞を受賞し "時空でドラマを紡ぐ名手" と呼ばれるようになります。新作『30年後の同窓会』の紹介すると共に彼の作品の軌跡を振り返っていこうと思います。


この"難あり"2人組どうなるの?『おとなの恋は、まわり道』まとめ!キアヌ×ウィノナ4度目の共演が実現!

この"難あり"2人組どうなるの?『おとなの恋は、まわり道』まとめ!キアヌ×ウィノナ4度目の共演が実現!

『ジョン・ウィック』シリーズなどのキアヌ・リーブスと、『シザーハンズ』のウィノナ・ライダーが、息ぴったりの演技を見せてくれる『おとなの恋は、まわり道』 4度目の共演とあって、これまで以上に魅力たっぷりの作品は、いったいどのようにして制作されたのでしょうか?こちらではそんな本作の見どころや制作秘話についてまとめています!


『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』フィリップ・K・ディックの小説が原作の映画5選!

『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』フィリップ・K・ディックの小説が原作の映画5選!

『トータル・リコール』や『アジャストメント』といった、SF作家フィリップ・K・ディックの小説をもとに製作された映画を5本ご紹介します。