4分間のピアニストに関する記事


ドイツ映画おすすめ11選!2018年公開の最新映画も!

ドイツ映画おすすめ11選!2018年公開の最新映画も!

ドイツ映画はハリウッドのような華やかさは無く煌びやかな大スター達に溢れているわけでもありません。他国に比べても、地味で位テーマを扱っている印象があります。もちろん戦争映画・歴史映画・社会派ドラマという定番作品は沢山ありますが、最近のドイツ映画界ではコメディー・ラブストーリー・ドラマ・SFファンタジー...と、バラエティーに富んだジャンルが揃い、お国柄の真面目さもあって非常に良質な作品が製作され続けています。大きな宣伝や来日イベントも少ないので公開しても目立った話題にはなっていませんが、日本人の気質や感性には共通する雰囲気があるので観だしたら病みつきになってしまう魅力が満載です。そんなドイツ映画を11作品かを紹介していきます!


『ブルーム・オブ・イエスタディ』あらすじ&キャスト

『ブルーム・オブ・イエスタディ』あらすじ&キャスト

第29回東京国際映画祭にてワールド・プレミア上映され、東京グランプリとWOWOW賞のW受賞を果たした『ブルーム・オブ・イエスタディ』が9月30日(土)より全国にて公開されます。本作のあらすじとキャストをご紹介します。


『少女ファニーと運命の旅』ナチスにまつわる物語5選

『少女ファニーと運命の旅』ナチスにまつわる物語5選

舞台は第二次世界大戦中のヨーロッパ。ナチスドイツ兵の追跡を逃れ、フランスからスイスの国境を目指す13歳の少女の決してあきらめない旅を描く、8月11日公開のフランス・ベルギー合作映画『少女ファニーと運命の旅』。 歴史の予習も含め、ナチスをテーマにした映画をいくつか振り返ってみましょう。