ラ・ラ・ランドに関する記事


『ジュリーと恋と靴工場』フレンチ・ミュージカルの本質に迫る

『ジュリーと恋と靴工場』フレンチ・ミュージカルの本質に迫る

映画『ジュリーと恋と靴工場』は『ラ・ラ・ランド』にも影響を与えたジャック・ドゥミ監督のフレンチ・ミュージカルを思い起こさせる作品です。往年のミュージカル映画を振り返りながら、あらすじ、見どころをご紹介します!


『アーティスト』『ブラック・ダリア』『ラ・ラ・ランド』夢を追う人が集まる街!ロサンゼルスを舞台にした映画10選!

『アーティスト』『ブラック・ダリア』『ラ・ラ・ランド』夢を追う人が集まる街!ロサンゼルスを舞台にした映画10選!

『Her/世界でひとつの彼女』『ナイトクローラー』『(500)日のサマー』など、夢追い人が集うロサンゼルスを舞台にした名作10選をご紹介します。


初心者でも楽しめる名作ミュージカル映画10選!音楽に映像に楽しもう

初心者でも楽しめる名作ミュージカル映画10選!音楽に映像に楽しもう

『ラ・ラ・ランド』や『美女と野獣』などミュージカル映画が近年まれにみる大ヒット。そこで今回は、ミュージカル映画を見たことが無い人でも楽しめる、2000年以降につくられた作品10選をご紹介します。


『ありがとう、トニ・エルドマン』噛み合わない父と娘をユーモアたっぷりに描く感動作を解説!

『ありがとう、トニ・エルドマン』噛み合わない父と娘をユーモアたっぷりに描く感動作を解説!

一筋縄ではいかない父と娘を絶妙のユーモアを交えて描く、誰もが笑って泣ける『ありがとう、トニ・エルドマン』。そのあらすじとみどころをご紹介します。


アクションと音楽の融合!『ベイビー・ドライバー』のキャスト&みどころ紹介

アクションと音楽の融合!『ベイビー・ドライバー』のキャスト&みどころ紹介

2017年8月公開予定の映画『ベイビー・ドライバー』。音楽を聞くことで驚異の運転スキルを発揮する若きドライバーの活躍を描く作品です。主演は『ダイバージェント』『きっと、星のせいじゃない。』で注目の若手俳優、アンセル・エルゴートです。その他の注目キャストやみどころもたっぷり紹介しちゃいます!


ニコラス・ホルトとエマ・ストーン共演!映画『ザ・フェイバリット』の最新情報まとめ!

ニコラス・ホルトとエマ・ストーン共演!映画『ザ・フェイバリット』の最新情報まとめ!

2018年公開予定、中世のイギリスを治めた女王アンの人生を描いた『ザ・フェイバリット』の最新情報をまとめました。ニコラス・ホルトとエマ・ストーンが共演するとあって期待の高い今作の注目ポイントを教えます。


【ライアン・ゴズリングxエマ・ストーン】運命の2人⁉︎『ラ・ラ・ランド』で3度目の共演を果たした二人の共演作品まとめ!

【ライアン・ゴズリングxエマ・ストーン】運命の2人⁉︎『ラ・ラ・ランド』で3度目の共演を果たした二人の共演作品まとめ!

恋愛映画において、その主演カップルの相性が作品を名作にするか、駄作にするかに大きく関わるということは間違いない。そのことをよく理解していた映画監督兼脚本家のデイミアン・チャゼルは『ラ・ラ・ランド』の主演にライアン・ゴズリングとエマ・ストーンを起用した。今回で3作目となる2人の共演作品をまとめてみよう。


『ラ・ラ・ランド』のイケメン!ライアン・ゴズリングの魅力と演技派俳優の素顔は?

『ラ・ラ・ランド』のイケメン!ライアン・ゴズリングの魅力と演技派俳優の素顔は?

日本でも大ヒット中『ラ・ラ・ランド』では甘いマスクでエマ・ストーン演じるミアと恋に落ちるジャズピアニスト、セバスチャン役を演じたライアン・ゴズリング。 優しい歌声と本人が実際弾いているというピアノにはウットリしてしまいましたよね。本国アメリカ共に日本でも現在、女性の人気が急上昇中のライアン・ゴズリングの魅力に迫ります!


『ラ・ラ・ランド』サントラはアメリカン・エンタメの宝庫!

『ラ・ラ・ランド』サントラはアメリカン・エンタメの宝庫!

ミュージカル映画として久々の大ヒットとなった「ラ・ラ・ランド」。アカデミー賞「作曲賞」「主題歌賞」も受賞した素晴らしい音楽の数々。その魅力をギュッと一枚のアルバムに詰め込んだオリジナル・サウンドトラックは、映画を観た人にはファンタスティックで夢のようなシーンの数々を甦らせます。まだならきっと観たくなります!


旬!大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』から学ぶレトロドレスの着こなし10!

旬!大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』から学ぶレトロドレスの着こなし10!

エマ・ストーンとライアン・ゴズリングが夢を追い、恋に落ちる『ラ・ラ・ランド』。観客動員100万人超え、興行収入15億円を突破する大ヒット作!公開7日間で興収10億円を突破。デイミアン・チャゼルの史上最年少の監督賞など、アカデミー賞最多6部門に輝いた大ヒット作品!もう観た人も、まだ観てない人も押さえるべきみどころを解説!