30年後の同窓会に関する記事


リチャード・リンクレイター映画監督の世界!新作&過去作品紹介

リチャード・リンクレイター映画監督の世界!新作&過去作品紹介

1990年代に入った頃、インディペンデント映画界から突如頭角を現した異端の映画監督リチャード・リンクレイター。1995年の第45回ベルリン国際映画祭で『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』が最優秀監督賞を受賞。この作品は "ビフォア三部作" の幕開けとなり、他2作もアカデミー賞でノミネートされています。代表作『6才のボクが、大人になるまで。』は公開されるとアメリカでも批評家・観客の双方から絶賛されアカデミー賞で監督賞・脚本賞でのノミネート、さらにゴールデングローブ賞でも最優秀監督賞を受賞し "時空でドラマを紡ぐ名手" と呼ばれるようになります。新作『30年後の同窓会』の紹介すると共に彼の作品の軌跡を振り返っていこうと思います。


【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

6/8(金)、6/9(土)に公開される映画を一挙ご紹介。カンヌ国際映画祭にて、およそ20年以来の日本人パルムドール受賞を成し遂げた『万引き家族』や、山崎賢人主演、上白石姉妹共演のドラマ映画『羊と鋼の森』など、期待作が続々公開されます。